米配信ソフト大手の Stratacache が SaaS 型に転向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米デジタルサイネージソフトウェア大手の Stratacache 社は、同社の配信ソフトウェア ActiVia for Media を2009年1月1日から SaaS(Service as a Service)型で提供します。
ソフトウェアをインストールすることなく、サーバー側に用意されたソフトウェアを月額料金で利用する SaaS 型のデジタルサイネージソフトウェアは近年増えており、以前にもご紹介したように様々なメリットがあると言われています。
Stratacache 社では来年3月まで乗り換えキャンペーンを展開しますが、すでに大手ネットワークに導入されている non-SaaS 型の提供も引き続き行うということです。

ActiVia for Media
Stratacache is the latest digital-signage technology supplier to turn to the software-as-a-service (SaaS) model.
From 1 January it will offer its ActiVia for Media system as SaaS, with users paying a monthly fee per connected media player. A special deal will be offered during the first quarter for users switching from other digital-signage technologies.
Stratacache to launch SaaS version of ActiVia より、一部引用)

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. nari より:

    I introduce a lot of functions of iPhone in this site.

  2. Sara より:

    Wham bam thank you, ma’am, my qusneiots are answered!

コメントを残す

*

CAPTCHA