携帯連携型デジタルサイネージの国内事例:ライブ動画も取り込み可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯電話をリモコンのように使って、デジタルサイネージ上でゲームやチャットを楽しめるシステムをいくつかご紹介してきましたが、日本国内でも携帯電話で操作できるタイプのデジタルサイネージが登場しました。
しかも、テレビ電話機能を使ってゲーム画面内に動画を送り込むことも可能だそうです。実証実験の様子を撮影したビデオからは、ゲーム内キャラクターの顔の部分にユーザーの顔写真が入っているように見えますが、その部分が携帯電話のカメラで撮影されたライブ動画になっているようです。
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=eREMbJQSP1o&ap=%2526fmt%3D18]
コンテンツの可能性が広がりそうな面白い技術ですね。詳細はプレスリリースをご覧ください。

バンテンが提供するインテリジェントデジタルサイネージプラットフォーム「エンゲージメディア」とSairis Group社が権利を持つ携帯テレビ電話ゲートウェイ「MobiActions(もびあくしょん)」とが連携することで、携帯電話ユーザーはテレビ電話を 通じてビジョンに映し出されるゲームアプリケーションコンテンツをリアルタイムに操作ができ、デジタルサイネージ上でインタラクティブ体験ができるように なりました。
実証実験時の写真
日本初、携帯テレビ電話を使用したインタラクティブデジタルサイネージ実証実験に成功:Vanten Press Release より、一部引用)

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Clara より:

    I’m imsdseper. You’ve really raised the bar with that.

  2. I’m so glad that the internet allows free info like this!

コメントを残す

*

CAPTCHA