JR品川駅で裸眼3Dによるデジタルサイネージの実験中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dのデジタルサイネージが JR 品川駅に登場しました。機材としては、Philips社製の42インチ3Dディスプレイとメモリプレイヤーというセッティングです。
コンテンツはテレビCMを3Dに変換したものと、新たに制作した3DCGとの組み合わせだそうですが、2D→3D変換は1分間で30万円だそうです。
実証実験ということで効果測定もしていると思いますが、3Dにすることでどういう違いが出てくるのか楽しみですね。とりあえず見に行ってみたいと思います。

日商エレクトロニクスとアサヒ飲料は2008年8月19日,JR品川駅の中央改札構内で,3次元(3D)映像を裸眼で見ることができる3Dディスプレイを利用したデジタル・サイネージの実験を開始した。8月25日まで1週間続けるという。
JR品川駅で3Dデジタル・サイネージ実験 – FPD International – Tech-On! より、一部引用)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA