電子ペーパーを使った「エコな」デジタルサイネージ:都内で実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルサイネージにとっても「エコ」は重要なキーワードです。
紙のポスターを減らせば森林資源を節約できますが、代わりに電気を消費するため、トータルで見るとどっちがエコなのか?という議論はあるでしょう(イギリスでの調査結果)。将来的には電子ペーパーのようなほとんど電力を消費しない形のデジタルサイネージが広まっていくに違いありません。
駅中での電子ペーパーの実証実験は 2005年頃から行われています(日立製作所の電子ペーパーを使用)が、今回の実証試験では、ブリヂストンが開発したカラーとモノクロのA3サイズの電子ペーパーを使用します。電子ペーパーにはいくつかの方式がありますが、ブリジストンのものは独自開発の電子粉流体方式です。配信には携帯の高速通信網を使用しています。

毎日新聞社とブリヂストンは19日、省エネで環境に優しい電子ペーパーを使ってニュースと広告掲示を行う新たな電子屋外広告(デジタルサイネージ)の共同実証試験を始めた。東京都交通局の協力を得て、都営浅草線の新橋駅構内と、都営新宿線の新宿三丁目駅コンコースの2カ所に設置。09年3月末までの間、広告視認効果などのデータを蓄積し、新たな広告媒体としての可能性を探る。
都営地下鉄の新宿3丁目駅コンコースで行っている電子ペーパー実証試験
電子屋外広告:共同実証試験始める ブリヂストンと毎日 – 毎日jp(毎日新聞) より、一部引用)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA