18歳のグラフィティ・アーティスト、LA周辺10か所のデジタル掲示板をハッキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アメリカの巨大メディアグループ Clear Channel Communications のデジタルサイネージネットワークが、18歳のグラフィティ・アーティストにハッキングされたというニュースがありました。

supertouch blogによると、グラフィティ・アーティストSKULLPHONEがメディアグループClear Channelの電子看板ネットワークをハッキング、ロサンゼルス周辺10か所のデジタルビルボードを自分のトレードマークである「骸骨と携帯」イメージで乗っ取ることに成功したとのこと。
18歳のグラフィティ・アーティスト、LA周辺10か所の電光掲示板をハッキング – Engadget Japanese より一部引用)

結局、このニュースは一部間違いで、続報(SKULLPHONEのデジタル看板「ハッキング」、実は有料広告)によると「単に1日分の料金を支払って掲載された正規の広告にすぎなかった」ようですが、広告手法としてはちょっと面白いように思います。
一方で、デジタルサイネージを使って発信される情報の信頼性に対する警告の意味もあったのかな、と感じました。まだテレビのように法規制が整備されていない新しいメディアであるだけに、広告なのかニュースなのかハッキングされたものなのか、にわかに判別できないとしたら危なっかしいところがあります。
その辺りのガイドラインづくりは、公共スペースへの機器設置の際の安全基準などと共に、今後整備を急ぐ必要があるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Merely wanna remark on few general things, The website style is perfect, the articles is really wonderful. “We can only learn to love by loving.” by Iris Murdoch.

コメントを残す

*

CAPTCHA