引用に関するガイドライン

デジタルサイネージ総研(TM)ブログ(以下、当ブログ)では、著作権法第32条*に基づき、公表された第三者の著作物について、報道(ニュース)、批評、研究などを目的として、著作権者の許諾を得ずに引用させていただく場合があります。

*著作権法第32条1項
「公表された第三者の著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」

なお、当ブログの制作に当たっては、以下の自主的な引用ガイドラインに準拠して引用することを約束いたします。

1.引用対象となる著作物の定義

(1) 著作権法2条1項1号に定められるとおり、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」とします。

2.引用の目的

(1) 当ブログの制作に当たって、内容の補足もしくは参考資料等に供するため、公表されている第三者の著作物を引用させていただきます。

3.引用ガイドラインの内容

(1) 明瞭区分
第三者の著作物を引用する場合、自らの記述部分と引用部分とを明確に区別するため、引用部分にはカギカッコをつけるなど引用とわかるよう明確に区別した表現とします。

(2) 主従関係
第三者の著作物を引用する場合、読者の一般的観念に照らし、当ブログの配信目的において正当な範囲内であり、かつその引用が当ブログの内容に対して附従的なものに過ぎない範囲で行うようにします。

(3) 必然性、最小限度
第三者の著作物を引用する場合、その引用が目的に必要不可欠な要素である場合に限るものとし、かつ必要最小限の利用にとどめるようにします。

(4) 著作者への配慮
第三者の著作物を引用する場合においては、著作者の名誉等の著作者人格権を侵害しないように配慮し、一般的に著作者が望まないと考える方法での引用は行わないようにします。

(5)出所の明示
第三者の著作物を引用する場合、著作権法第48条1項1号に定められるとおり、引用される著作物についての出所を利用の形態に応じて合理的と認められる方法と範囲(著作物のタイトル、著作者名、出版社名、出版年月日など)で明示します。なおインターネット上で公開されている文書を引用する場合には、引用元の記事が掲載されたウェブページなどへのリンクを設置することにより出所を明示します。