株式会社メディアコンテンツファクトリー  東北地方太平洋沖地震における対応

2011-03-18 :, , : DSI : 329 views

医療系のデジタルサイネージ媒体を運営される、株式会社メディアコンテンツファクトリー 様の東北地方太平洋沖地震における対応について報告がありましたので下記にお伝えさせて頂きます。
株式会社メディアコンテンツファクトリー
http://www.mediacontentsfactory.com/)

今回の震災ではツイッター始めネットでは
正誤ありつつも非常に多くの情報が流通しておりますが、弊社医療機関媒体のように、
ネットを使わない高齢者からすると、情報源がテレビ/ラジオ等に限られています。

そのため、弊社では
・ネットに出ていてなかなかテレビ等で常時取り上げられない内容
・なるべく地域に根ざした情報
を出来る限り、ネットに触れない人に触れていただくことを念頭に置き、
電源OFFよりも、災害情報の配信を優先させました。
弊社の配信先でもネット接続が不通であったり、コンテンツの配信が柔軟に
できない場所は出来る限り電源OFFをお願いしています。

ですので、
直近=公共性が高くネットに接続できない視聴者等多くいる場所では、
なるべくサイネージを利用して、啓発が必要な情報を流通させる
上記に当てはまらないものは早急に電源OFF等にする
という対応を取らせていただいております。

HI3F0130

HI3F0131

HI3F0132

HI3F0133

今後も他のデジタルサイネージ媒体事業者様の動きがありましたら、随時レポートさせて頂きます。

コメント(0)
コメントする

日本カーライフアシスト株式会社 東北地方太平洋沖地震における緊急措置

2011-03-17 : : DSI : 385 views

全国の自動車教習所でデジタルサイネージを運用されている日本カーライフアシスト様より今回の東北地方太平洋沖地震に関する緊急措置の報告がありましたので、下記にお伝えさせて頂きます。
http://www.jacla.jp/

このたびの地震、津波の被害に遭われ、甚大な被害を受けられた方々に心からのお見舞いを申し上げます。

11日(金)に発生いたしました、東北地方太平洋地震に伴い当社が運営しております、「JACLA VISION」につきましては緊急措置としまして、通常の映像放映を停止し、緊急時の静止画面及びテロップを配信しております。

放映停止措置予定期間:3月12日(土)~3月15日(火)

また、16日以降の対応について社内決定をいたしましたのでご報告申し上げます。
被害が甚大であるため、下記都道府県での放映を自粛させていただきます。
青森県
岩手県
宮城県
福島県
以上、4県、24校につきましては、
放映を自粛させていただきます。

その他の都道府県につきましては、
3/16より通常放映させていただきます。

予測なき災害被害があまりにも大きすぎるための自粛でございます。何卒、ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

また、今回の放映自粛に関しまして、ご出稿いただいておりますクライアントの皆様ならびに広告代理店様にはご快諾を賜り心より感謝申し上げます。

IMG_1510

現在の対応状況は4県、(青森、岩手、宮城、福島)の24校については、「緊急時につき放映を控えさせていただきます。」のテロップにて災害情報を更新しながら放映。その他、276拠点についてはメイン画面は通常放映
(一部不謹慎と想われるコンテンツについては省く。)テロップに関しては被災4県と同様の災害情報を更新との事です。また、節電対策については拠点の自動車教習所の経営者の判断にゆだねているそうです。

IMG_1503

今後、他のデジタルサイネージ事業者様に関しても随時レポートさせてできればと思っています。

コメントを隠す
コメントする
  1. 楽天 シューズ : 2013-10-30 2:24:16

    ニューバランス スニーカー 通販 楽天 シューズ http://www.tycx3.com/


消灯しているデジタルサイネージ復帰要件

2011-03-17 : : eguchi : 340 views

以下に記したのはデジタルサイネージコンソーシアムの会員向けメーリングリストにポストしたものです。会員のみならず議論するべきであると思うのでここにも転載します。

=======================================

冒頭部分省略
今議論したいのは「復帰への要件」です。

1 もともと消灯していない媒体
2 消灯後に復帰した媒体
3 現在も消灯中の媒体

がありますが、

A 消灯の要件
B 復帰の要件

について議論しておきたいです。
これは媒体社のみの話しではありません。
広告や販促の話だけではありません。
デジタルサイネージの存在意義が問われてわれているとも言えます。
メーリングリストで何かを決するわけではありませんし
全てのサイネージに統一的に適用でできるものでも無いと思いますが、
これはデジタルサイネージに関わるメーカー、システム、コンテンツ
あらゆる方々に問われている課題です。

民放に対しても輪番停波の声もあります。
電力事情に大きく依存するのは当然ですが
これは夏のエアコンの時期にも再発する可能性がきわめて高いです。
そのためにも議論を重ねておくべきだと思います。
多くの皆さまのご意見を引き続きお願いいたします。

========================================

デジタルメディアコンサルタント 江口靖二

コメントを隠す
コメントする
  1. ideanext : 2011-03-19 0:54:18

    デジタルサイネージは本来、地域情報や災害防止、社会インフラに密接に連携してないといけないわけで、こんな時にこそ発揮すべきモノだったはず。が
    現実システムはそこまで至っていなかったー。
    巷ではプロモーションや広告ビジネスモデル一辺倒の扱いで取り上げた結果、緊急時には単に電気を浪費する無用の電飾看板と化してしまった。
    通話回線がパニックでケータイが通じなかった時、ネットは生きてたし緊急速報や帰宅難民の為のアクセス情報、停電情報などは本来OOHが担う情報共有デバイスであると思う。


2011年3月15日 東京渋谷

2011-03-16 :, : eguchi : 322 views

IMG_0521

ハチ公スクランブル交差点の大型ビジョンビジョンは全て節電のため消灯しています。

センター街のマクドナルドのデジタルサイネージも消灯しています。

デジタルサイネージはいま節電に協力するために消灯しているのであって、歌舞音曲を自粛しているのではありません。そのことを関係者は良く考え、出来る事に対して準備を進めて行くべきだと思います。

コメント(0)
コメントする

東日本大震災におけるデジタルサイネージの対応状況

2011-03-15 :, , , , : eguchi : 835 views

デジタルメディアコンサルタントの江口靖二です。デジタルサイネージコンソーシアムの常務理事もしております。最近個人のブログはほとんど放置されておりますがこちらです。

このたびデジタルサイネージ総研さんからこちらのブログに投稿させていただく機会をいただきましたので、今後適宜いろいろな情報や思いを書いて行こうと思います。なお、ここで書かせていただく内容は今後全て江口靖二個人の意見を述べるものであり、デジタルサイネージコンソーシアム(DSC)の総意や決定事項では無いものを含みます。

さて今回の震災で、DSCが行った事を書いておきます。

3月12日(土)12時半頃、地震の足止めからの帰宅途中に電力事情に問題がある事を知り東京電力の呼びかけを知rりました。DSCの中村理事長、サイネージ広告媒体協議会(SAMA)の毛塚議長と公衆電話から連絡協議し、それぞれの団体から会員社に向けて、「災害情報を提供していないデジタルサイネージに関しては節電に協力して欲しい」という依頼を出す事にしました。

デジタルサイネージコンソーシアム(DSC)
http://www.digital-signage.jp/

サイネージ広告媒体協議会(SAMA)
http://www.signage-admedia.jp/data/20110311.pdf

すぐさま関係各位、各社の迅速な対応によって多くの協力を得ることができました。この記事を書いている3月15日11時現在も継続しています。今後については電力事情が明らかになるまではこの状態を保持する事になると思います。

しかしながら、デジタルサイネージ媒体各社においては事業停止している状態であり、一刻も早い通常運用が望まれるものです。電力事情、各事業者の事情を見ながら対応したいと思います。また今後は広告主の協力理解を得られるような施策も考えて行かなければなりませんね。

さてこうした一次対応の一方で、「災害時にデジタルサイネージにできること」という課題が浮き彫りにされています。災害時に情報を提供できるサイネージは現時点ではさほど多くないため、これらで使用できるようなツールやコンテンツの準備を急遽進めています。いずれかのタイミングで公開できるようにしたいと思っています。

デジタルメディアコンサルタント 江口靖二

コメント(0)
コメントする
  1. 災害時のデジタルサイネージ活用 準備進める | Media & Communication : 2011-03-16 11:02:16

    [...] デジタルサイネージ総研ブログ [...]


東北地方太平洋沖地震と津波について【デジタルサイネージ総研】

2011-03-15 : : DSI : 328 views

この度の東北地方太平洋沖地震で被災した方、ご家族等の皆様には心よりお見舞い申し上げます。デジタルサイネージの業界においても早急な対応がとられ、デジタルサイネージコンソーシアム様とサイネージ広告媒体協議会様を中心に緊急情報の配信及びサイネージ媒体における電源の停止が行われています。

デジタルサイネージコンソーシアム様
http://www.digital-signage.jp/

サイネージ広告媒体協議会様
http://www.signage-admedia.jp/data/20110311.pdf

私たちの業界の中で今出来る事をみつめ、随時レポートしていきたと思っています。

コメント(0)
コメントする

【無料です】デジタルサイネージダイレクトリー(電話帳)始めます!御社の製品・サービスを宣伝してください!

2011-01-17 :, , , , : DSI : 390 views

明けましておめでとうございます。ずいぶん遅いご挨拶になってなってしまいましたが年始のお忙しさはひと段落されましたでしょうか。本年もデジタルサイネージ総研を宜しくお願い致します。

さて、私どもデジタルサイネージ総研ではデジタルサイネージに関わる事業者様の認知度向上のために、デジタルサイネージダイレクトリー(電話帳)を弊社のサイト上に作成致します。注目を浴びるこの業界に参入する企業は日々増えていますが、関連事業社を一覧で見れるサイトがないという事はユーザーさんにも不利益だろうという事でこのようなサイトを作ることに致しました。

簡単に申し上げますと、御社の事業内容をアピールできるページとなります。費用はかかりません。

directory詳細
こんな感じになる予定です(仮でPDCさんのサンプルが入ってます)

弊社のサイトはデジタルサイネージにご関心のあるユーザー様に少なからずご覧になって頂いておりますので、御社のサイトへの導線つくりやSEO対策にもお役にたてるのでは思っております。「自社の製品サービス内容をアピールしたい!」という方は下記アドレスまでご連絡ください。記入用のフォーマットをお送りします。

また新製品・新サービスのリリースなどありましたら、弊社サイトにてご紹介させて頂きますので、ご連絡くださいませ。タイムリーに掲載させて頂きます。

2月初旬のオープンを予定しています。「こんな形で掲載してほしい!」などご希望がありましたらお気軽にお問い合わせください。宜しくお願い致します。

デジタルサイネージ総研 西澤佳男
メール:info@digitalsignage.co.jp

コメント(0)
コメントする