英国でも中小のデジタルサイネージ・ネットワークをまとめる動き

2008-12-02 :, , , , , : DSI : 400 views

バラバラに存在する中小のデジタルサイネージ媒体をまとめようという動きがイギリスでも始まっています。

CBS Outdoor の 前 CEO が立ち上げた Digicom 社では、100以上の中小ネットワークが運営する 13万枚のスクリーンをまとめて、広告主が全国規模のキャンペーンを展開できるような広告媒体として機能させようとしています。

アメリカにはすでに SeeSaw Network のような先行事例がありますが、ほかの国々でも同じような仕組みができてくるのは間違いないでしょう。

日本ではちょっとアプローチが異なりますが、11月末から NTT の関連会社などがデジタルサイネージの配信管理システムのフィールド実験を始めています。

A team of outdoor industry ‘names’ have collected together to form a national media sales house for the UK digital signage and out-of-home markets.

New Team Aims To Bring National Advertisers To UK Digital Signage より、一部引用)

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/1158/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: