デジタル OOH を最強の広告ツールにする10のポイント

2008-11-04 :, , , , , , : DSI : 726 views

デジタルサイネージは、ターゲット化された消費者にリーチするための最も強力な手段を広告主に提供します。

テレビは OOH テレビへと拡大し、インターネットも家の外へと進出することで「アウターネット」化しつつある状況にあって、デジタルサイネージを広告に使うことが関心が集まっていますが、中でも店舗内がデジタルサイネージ広告に打ってつけなのは、製品のブランディングと販売促進とを同時に行うことができるからだと言われています。

また、デジタルサイネージの視聴率についての基準が整い始めたアメリカでは、広告主もテレビなどの放送媒体同様にデジタルサイネージを受容しつつあります。北米ではすでに 100万画面近くのデジタルサイネージ・ネットワークが運用されており、先進的な企業のブランディグや販促、認知向上に利用されています。

ここで、デジタル OOH(デジタルサイネージ)が最強の広告ツールである10の理由をご紹介しましょう。

  1. ブランディグ、販促、そして「行動の引き金」効果が実証された
  2. ロケーション = 売り場・商品選択の場
  3. 計測性:視聴者の人数と属性がわかる
  4. 属性によるターゲッティング
  5. 日付、曜日、時刻などによる広告の切り替え
  6. 価格:ROI/ROO(Return on Objectives)を考えれば格安!
  7. 広告のプランニング・購入が容易
  8. ネットワーク、ロケーション、ディスプレイ数が拡大を続けている
  9. 他の「デジタル」マーケティングとの親和性
  10. 役に立つデジタルサイネージ・コンテンツを表示した場合、視聴者は画面を無視しがたい

逆にいうと、こうした強みをうまく発揮できていないデジタルサイネージは、ちょっともったいないことをしていると言えるのではないでしょうか。

ということで、上記のリストは「デジタル OOH を最強の広告ツールにする 10 のポイント」でもあるわけです。デジタルサイネージのプランニングの際には、ぜひこの10項目をチェックしてみてください。

The new medium of Digital Out-of-Home (DOOH), also known as out-of-home video advertising, in-store TV, captive audience TV, digital signage or dynamic digital display, offers advertisers one of the most targeted and powerful ways of reaching consumers.

Top 10: Digital out-of-home is an advertiser’s most powerful tool より、一部引用)

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/1201/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: