オンライン広告取引市場の開始はデジタルサイネージにとって追い風となるか

2008-07-10 :, , , , , , , , : DSI : 532 views

この秋から日本初のオンライン広告取引市場(総合アドマーケットプレイス)のサービスが始まるそうですね。

コンテンツを遠隔地から瞬時に切り替えられるというデジタルサイネージの特徴は、オンライン取引との親和性が高いように思います。現状ではデジタルサイネージを使った広告媒体はまだまだ少ないですが、アメリカではすでに「Google TV Ads」によってテレビ広告がオンラインで取引できるようになっていますし、デジタルサイネージも同じようになるのは間違いないでしょう。オンライン取引がもたらすロングテール効果を考えれば、全く値段の付かないサイネージ媒体というのはほとんどなくなるのではないでしょうか。

とはいえ、デジタルサイネージに適したコンテンツのスタイルがそれなりに確立され、その費用対効果に関するデータがある程度揃わない限り、広告媒体として定着することはないと思います。

まずはコンテンツに関する実証実験をもっと積極的に行う必要があるように思うのですが。既存の広告メディアのみならず、ウェブや仮想世界で活躍しているクリエイターなど、もっと多くの人を巻き込んでアイディアを集める必要があるように思います。「新しくて、面白いメディア」としてのデジタルサイネージを実際に体験してもらう機会を増やすべきでしょう。

セプテーニ・クロスゲートは、アドネットワークサービス「xmax(クロスマックス)」を、総合アドマーケットプレイスサービスとしてリニューアルし、今秋に提供を開始することを発表。広告主・メディア・広告代理店・法人・個人に関わらず、すべての関係者が市場原理に即した形態・価格により広告関連取引を行う新たな総合アドマーケットプレイスとして運営する。

リニューアル後のxmaxのサービス概念図
リニューアル後のxmaxのサービス概念図

リニューアル後のxmaxでは、インターネット広告のほか、新聞・ラジオ・雑誌・フリーマガジンなど、あらゆるメディアの広告取引のすべてをオンライン上で完結することが可能。展開する出稿形態、課金手段についても、従来の成果報酬型課金に加え、純広告・クリック保証・PPC(pay per call)などのメニューをそろえ、支払方法も、銀行振込・クレジットカードなどに対応する。

クロスゲート、全メディアの広告取引を可能にする総合アドマーケットプレイスを今秋オープン:MarkeZine(マーケジン)より、一部引用)

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/170/trackback
コメント(2)

  1. Lea : 2014-08-07 16:52:33

    No conpmailts on this end, simply a good piece.

  2. Tatiane : 2015-02-18 11:20:33

    You’ve really imerspsed me with that answer!

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: