ベンチャー投資が再び アメリカRipple TVの事例

2009-04-10 : : nishizawa : 384 views

ベンチャーキャピタル Draper Fisher Jurvetson と Trinity Ventures はOOHメディアオーナーであるRipple TV社に対して4億ドル以上の追加投資を行うことで、彼らのトータルコミットメントを19億以上としています。

Ripple TV(Borders)
Borders (写真), Einstein Bros. Bagels、The Coffee Bean & Tea Leaf 、ファーストフードチェーンのJack in the Boxなどの小売業者の販売店に広告や情報を配信するRipple社は、進行中の活動に新たな投資金をあてるといいます。

かつてはActiveMapsとして知られていた同社は、2007年に既に同じ投資家からシリーズB投資として10億ドルの資金を調達しており、その5年前には5億ドルの投資を受けています。

この一案件だけで判断するのはどうかとも思いますが、こういった経済状況のなかでも媒体力のあるデジタルサイネージ事業者にはベンチャーの資金が戻ってきていると言う事はデジタルサイネージが引き続き注目のセクターである証ではないでしょうか。日本のベンチャーキャピタルのこれからの動きにも期待したいところですね。

(screens.tvより一部引用)

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/2141/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: