沖縄からデジタルサイネージの新潮流!1日660円の easyLive で動画広告ビジネス 株式会社モールキット社長インタビュー

2009-08-17 :, , , , : DSI : 2,089 views

デジタルサイネージというと東京の事業者さんが多いですが、沖縄のデジタルサイネージの会社さんが新しいサービスを発表しましたのでご紹介させて頂きます。

株式会社モールキット(沖縄県浦添市、代表取締役藤原健真)と沖縄バスケットボール株式会社(沖縄県那覇市、 代表取締役兼GM木村達郎)は、専用デジタルサイネージ「キングスビジョン」を使用した広告販売およびプロモーション活動を共同で開始することで合意しました。
200年8月17日 プレスリリースより抜粋)昨シーズン優勝したプロバスケットボールチーム「琉球ゴールデンキングス」の専用デジタルサイネージです。

詳しくは下記リンクをご参考ください。
株式会社モールキット http://mallkit.jp
沖縄バスケットボール株式会社 http://www.okinawa-basketball.jp

プロバスケットボールチームとデジタルサイネージから新しいシナジーが生まれてきそうですね。この新サービスを開発した株式会社モールキットの社長である藤原さんにインタビューをしてきました。

(インタビュー)
1 デジタルサイネージ事業をはじめたきっかけは?

「株式会社モールキット」は、私にとって起業3社目のベンチャーです。これまで映像制作に関するアプリケーションの開発や、それにともなう配信技術関連の事業を手がけてきた経緯から、2008年6月、デジタルサイネージ販売とEC サイト構築の専門会社として沖縄で事業をスタートしました。
株式会社モールキット オフィス
現在のオフィス5階からの景色です。180度海が見渡せます。

2 サービスをローンチされて反響はどうでしたか?

おかげさまで、反響はとても良いものでした。たくさんの出会いに恵まれ、当初想定していたビジネスの枠を超えた新たな関連事業の展開も実現しました。

3 デジタルサイネージを導入されたお客様の反応はどうでしょうか?

大変好評です。実際、導入いただいたお客様には高い満足度を実感いただいており、弊社としても喜ばしい限りです。海外ではデジタルサイネージを活用した販促や、広告戦略がすでに広く普及しておりますが、日本も近い将来そうなると思います。街中にサイネージがあふれる日も、そう遠くないでしょうね。また、商売をされる皆様が、気軽にデジタルサイネージの効果を実感いただけるよう、
弊社ではブランドバリューにとらわれることなく、高品質/低価格のハードを国内外より手配しております。市場のニーズに柔軟に応えつつ、引き続き世界の動向も視野によりよいサービスをご案内させていただきたいと考えております。

4 どうして沖縄でビジネスを展開されているのですか?

アジアに開けた玄関口として、迷わずこの地を選びました。幸い、各方面の関係者さまとのご縁もあり、ここでビジネスをはじめて早くも2年目を迎えています。沖縄県は、物流、文化、情報、人材交流の拠点として、今後ますますその役割が増すものと考えていますまた、日本で唯一の金融特区設置やIT産業高度化のための基盤づくりに注力しており、他に類を見ない独自の政策を打ち出すなどの特徴があります。沖縄から世界へ。グローバルへどんどんチャレンジし、沖縄に日本のシリコンバレーつくるべく、これからも気合いを入れて突き進みます。
株式会社モールキット 代表取締役 藤原さん
株式会社モールキット 代表取締役 藤原さん (藤原さんブログ)

5 今後の事業展開を教えてください。

「商売を行う全ての人のための道具であること。」社名である「モールキット」は、英語の mall(商店街)と kit(道具)に由来しています。その社名に込められた想いの通り、当社では上記のメッセージを経営理念にあげています。デジタルサイネージも、kit の中のひとつです。

2009年夏より、以下4事業を柱にサービスを展開予定です。

・BPO (ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業
・IDC (インターネットデータセンター)事業
・eビジネス事業
・SP(セールスプロモーション)事業

弊社サイト(株式会社モールキット)http://mallkit.jp

デジタルサイネージ販売とEC サイト構築の専門会社としてスタートした当社は、現在では付随する様々な業務をお引き受けさせていただくようになりました。今後も、お客様にご期待以上のサービスをご提供できるよう、またそれにより地域ビジネス全体の活性化に貢献するべく、各業界関係者さまと連携しながら事業を展開していきたいと考えております。

弊社においてはこれまでの実績をさらに発展させるかたちで、グローバル時代に相応しい IT サービスプロバイダーを目指します。
(インタビュー終わり)

社長の藤原さんは日本では珍しいシリアルアントレプレナーで今回の起業が3社目になるそうです。76世代のベンチャー企業がデジタルサイネージ業界に新しい風を取り込んでくれる事に期待したいですね。

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/2286/trackback
コメント(2)

  1. oakley vault : 2014-09-25 7:02:31

    This website is mostly a stroll-via for the entire data you wished about this and didn know who to ask.

  2. 銆愭ソ澶╁競鍫淬€慽ma(銈偆銉?/Hound 125F CHIMAIRA (銉忋偊銉炽儔 125F 銈優銈ゃ儵) 銆怰CP銆戙€愪竴绔块ⅷ鏈堛€戙€?2P13Dec14銆戯細锛︼綁锝擄綀锝夛綆锝囷绩锝忥綍锝擄絽涓€绔块ⅷ鏈坾 : 2015-04-07 16:47:01

    テニスツアーのブリスベン国際最終日は11日、オーストラリアのブリスベンで行われ、男子ダブルス決勝で錦織圭(25=日清食品)、アレクサンドル・ドルゴポロフ(26=ウクライナ)組はジェイミー・マレー(28=スコットランド)、ジョン・ピアース(26=オーストラリア)組に3―6、6―7で敗れ、準優勝に終わった。(スポニチアネックス)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: