セミナーのお知らせ:アスキー総研「モバイル・PC・テレビに続く第4の画面をねらえ!」 ― 1兆円デジタルサイネージビジネス参入のポイント ―

2009-09-12 :, , , , , : nishizawa :

「モバイル・PC・テレビに続く第4の画面をねらえ!」― 1兆円デジタルサイネージビジネス参入のポイント ―(アスキー総研さん)のセミナーに参加させて頂く事になりました。
日時は 2009年9月18日(金)13:00~19:00となっております。
ワイアードビジョンの竹田さんディスプレイサーチの氷室さんの後の個別事例セッションで話をする予定になっています。パネルディスカッションも第二部にあり、デジタルサイネージ業界のキーパーソンが参加されますので、興味のある方はご参加ください。

テレビ、パソコン、携帯電話に続く“第4のディスプレイ”である「デジタルサイネージ」。2015年には、デジタルサイネージの市場規模は1兆円に成長するともいわれ、これまでにないメディア・広告の展開や、新しいコミュニケーションに発展すると期待されています。
今回のセミナーでは、デジタルサイネージにかかわるメディア・広告業界のキーマンらが、現在の事例展開、新しい動き、将来の展望など、デジタルサイネージをビジネスで活用する、あるいはデジタルサイネージ市場そのものに参入するうえで欠かせない話題を語ります。ポイントとなるのは、以下の10項目です。
●2015年1兆円市場は可能か
成長のきっかけ、ターニングポイントは何か?
●現状での、最大の課題はどこにあるか
コスト、システム、広告指標
●巨大画面か、それとも小サイズか
街頭ビジョンかフォトフレームか?
●映像メディアなのか
動画/TV、静止画/チラシ、あるいはにおい、音はどうか?
●つながるのか
ネット接続率1割はどう増えるか、そして通信か放送か?
●プッシュか、インタラクティブか
自販機とかケータイとかとの連動はどうなる?
●広告か、情報メディアか
大企業、交通機関、官公庁、不動産会社、誰がコストを負担するのか?
●旧メディアの敵か
テレビ、新聞、広告代理店、通信企業は食われるのか?
●世界一すごいサイネージとは
●そして、日本は世界で勝てるのか


■日時

9月18日(金)13:00~19:00
(開場12:40)

■会場

ベルサール西新宿 2F Room 1
(東京都新宿区西新宿4-15-3
住友不動産西新宿ビル3号館)
Google Mapsで見る

■主催

・株式会社アスキー・メディアワークス アスキー総合研究所
・株式会社ワイアードビジョン
・慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科

■参加費

8,000円(税込)
(当日、受け付けにてお支払いください)

■定員

100名

■構成

<第一部>
・デジタルサイネージの基本講座(13:00~13:30)
「デジタルサイネージ業界地図解説」
ワイアードビジョン 竹田 茂
「パネル業界のトレンド&展望」
ディスプレイサーチ IT&FPD市場担当アナリスト 氷室英利 氏
・個別事例セッション(13:30~17:00)
デジタルサイネージ総研 営業部長 西澤 佳男 氏
ストリートメディア 代表取締役社長 大森洋三 氏
IMAGICAイメージワークス クロスメディア制作部 ビジュアル&コミュニケーション部 プロデューサー 喜多村
真 氏
クロスコ クロスメディア推進本部 副本部長 高橋 仁 氏
デジタルサイネージコンサルタント 町田 聡 氏
COMEL 代表取締役社長 弓掛正史 氏
エフエム東京 マルチメディア放送事業本部副本部長 仁平成彦 氏
<第二部>(17:00~19:00)
パネルディスカッション
慶應義塾大学教授 中村伊知哉氏
デジタルサイネージコンソーシアム常務理事 江口 靖二 氏
NTT 研究企画部門 プロデュース担当 担当部長 伊能美和子 氏
スケダチ 高広伯彦 氏
博報堂DYメディアパートナーズ 企画プロデュース局 島崎昭光 氏

申し込みはこちらから

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/2328/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: