東京スカイツリーをネタに情報発信するローカルなデジタルサイネージから学べること

2009-11-30 :, , , : DSI : 679 views

最近ちょっとづつニュースにその高さが報じられている東京スカイツリーですが、そのお膝元でローカルなデジタルサイネージの事例を見つけました。某不動産チェーンの支店なのですが、店頭にディスプレイを設置して来店を即す施策を行っています。まずは見ていただきましょう。
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=I93cyqjC9V0]

こちらの店舗は交差点の角地にも不動産物件を掲出する無人のスペースがあるのですが、本店は少し奥まった場所の2階にあります。そこで人のいるお店にお客さんを誘導するためにデジタルサイネージ(実際には家庭用液晶テレビ)を利用されています。1分半ほどの映像ですが、押し付けがましい雰囲気もなくシンプルに伝えたいメッセージを発信しています。
ポイントとしては

  • 音声を使わずメッセージを発信(フリップ) 
  • 身近な人が登場(お店の看板娘)
  • 鮮度の高いネタでアイキャッチ(東京スカイツリー)
  • といったことがあげられると思います。テレビCMではない、デジタルサイネージ専用のコンテンツとしてちょっと良い印象をうけました。朝九時ぐらいに店員さんがモニターの電源を入れている店員さんに聞いてみたところ、「店長のアイデアです。」との事でした。このお店の事例のようにチェーンの本部が決められた情報を発信するだけではなく、各店舗ごとに発信したい情報を自分たちでカジュアルにつくっていくことが、これからのデジタルサイネージには必要なんでしょうね。

    新着記事

    デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
    トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/2409/trackback
    コメント(0)

    コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
    名前 *:
    E-mail *:
    URL: