デジタルサイネージに関わるWEB企業インタビュー:面白法人カヤック

2009-12-01 :, , , , , : DSI : 1,815 views

これからのデジタルサイネージのコンテンツ制作にはWEBプロダクション系の企業が参入してくることが想定されます。そこで今回は通常のWEBサイト以外へ向けてもコンテンツを製作されているユニークな企業ということで、面白法人カヤックの片岡さんと瀬尾さんにお話を聞いてきました。

Dsi まず簡単にどんな会社なのか教えていただけますでしょうか?

片岡さん 創業して11年目の会社になります。事業形態はカヤックオリジナルの自社サービスとクライアント様からWebサイト構築を請け負う制作の受託サービス、その他、鎌倉本社の1Fで運営しているカフェ「DONBRI CAFE DINING bowls」(http://bowls-cafe.jp/ )や、自社サービス「ART-Meter」(http://www.art-meter.com)と連動しているギャラリーなど、リアルショップも展開しています。

Dsi カヤックさんの仕事に対する取り組みはユニークだと語られる事が多いですが、普通のWEB制作会社さんとどんなところが違いますか?

瀬尾さん Web系の会社はmixiのように自社サービスを持つ会社、キャンペーンサイトやコーポレートサイトを作る会社、そしてSIを行う会社と大きくは3つに分けられていて、それぞれに特化している企業が多いのですが、弊社は3つ全てを行っているのがひとつの特徴です。自社サービスをやりながら広告案件にも取り組んでいるので、見せ方に気を使うといったことができます。またゴリゴリと開発もしているので、技術があるからできる表現なども可能になります。また飲食事業やアートメーターというWEBと連携したギャラリーを運営していますので、そういった意味では多角経営ですね。

Dsi 御社は自社サービスにも特徴がありますが、そのあたりについてお話いただけますか?

片岡さん 自社サービスはアートメーターやコミュニティサイト的なものを含めていくつか持っているのですが、基本的なテーマとして「つくる人を増やす。」という経営理念があります。その理念の元、作る人を応援するサービスを中心に自社サービスを展開しています。最近ですと「こえ部」( http://koebu.com )という音声をつかってコミュニケーションをはかるサービスや「wonderfl build flash online」( http://wonderfl.net )というWEB上でフラッシュを作るサービスなどもあります。そして、そういった自社サービスのコアエンジンとなる、つまり企画が面白い、技術が面白いといった点でいち早くWebサービスに取り入れる「BM11」(ブッコミイレブン)(http://bm11.kayac.com/ )という新規事業を専門にしたラボチームがあります。一昨年に始まったのですが、1年目は77個、去年は88個、今年は99個のサービスの開発に取り組んでいます。そこで目がついたものを大きくするというスタイルです。新規のサービスというよりは、1アプリであったり、ブログパーツのようなものもあったりします。

Dsi 「BM11」のスタッフの方は受託の開発の仕事はしないのですか?

瀬尾さん 新規開発が専門のチームなのですが、「BM11」でつくられたものは、自社サービスだけでなく、受託サービスにも展開します。その中には他の企業の方とコラボレーションしたりなど、ラボ委託というラボに丸ごと委託される仕事を承ったりもしていますね。「●●をテーマに開発をしてください」といったお題があってそれに基づいてラボが取り組んでいきます。デジタルサイネージに関しても「このような環境で何かできないか?」という問い合わせが着始めています。

Dsi カヤックさんの方向性を作っていくことが「BM11」に求められているということですね。どういう方が「BM11」に参加されているのですか?

瀬尾さん そうですね。基本的に新しくものを作りたいという人が集まりますね。自分で企画を持っている人が基本的に選ばれています。

Dsi 普通に考えるとみんな「BM11」に入りたいって思うのではないでしょうか?

瀬尾さん そうですね。色々やりたいことにも段階があって、すでにあるサービスを伸ばしたい人もいれば、自分は受託の案件で開発を効率化させたいという人もいます。または、企業と一緒に広告サイトを作りたいという人もいます。そのなかでどちらかというと、新しくサービスを作りたいとか、オープンソースで何かしたいという人が集まっています。

Dsi 今は何名体制でしょうか? 

瀬尾さん 11名です。実は弊社のCTOがオーシャンズ11を見ながら決まったんですね(笑)

Dsi 「BM11」の取り組みのなかでPCやモバイルから飛び出して、リアルを関わるものはどんなものがありますか?

瀬尾さん この会議室は閃考会議室と言うのですが、会議でアイデアを活性化させるために2つのシステムを装備しています。一つは、音声認識。会議に参加する人の発言を音声認識で抽出して、発言内容に関連した情報を机の上に投影するシステムです。そうすることで会議の流れを妨げず、アイデアを活性化させることを狙っています。 もうひとつの仕組みが、LEDの照明をコントロールし、会議室の色調を調整することで、人の想像力を誘発することを目的にした空山水という仕組みです。これは2008年にグッドデザイン賞を受賞しました。デジタルサイネージは画面がベースになっていますが、LEDの光の変化なども可能性があるのでは、と考えています。また、「世界初!? ブログを書く植物」( http://plant.bowls-cafe.jp/ )ということで、植物の表面電位の変化を元に自動でブログを更新するというものもあります。植物を触ると表面電位が変わるので、それから相性占いをやったりしています。その緑さんはオフィス1Fのカフェにあってブラウザと店舗のコンテンツを繋げる取り組みです。これは話題になってロイター通信から取材が入り、BBCで放映もされました。自分の中ではこれもある種の広告だと思っていて、第七回の東京インタラクティヴアドアワードに応募をしたところインテグレーテッドキャンペーン部門 クロスメディア入賞ということになりましたので、こうした路線もありかなと思っています。
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=o74Xd810Jf4&feature=player_embedded]

Dsi リアルと連動した事例も色々とあるんですね。

瀬尾さん はい。いくつかあるのですが、アートメーターという絵の測り売りショップにプロジェクションするコンテンツ「ARTWall Project」(http://artwall.kayac.com/ )があって、3つほどバージョンがあるのですが、スクリーンの前に立った人を油絵風に見せるものや、キャラクターが登場する、触って遊べるインタラクティブアニメーションなどがあります。

Dsi かなりメディアアート的な取り組みですよね。

瀬尾さん そうですね。これはかなりメディアート寄りですね。これらも「BM11」のメンバーが制作しています。他にも表参道ヒルズにあるセレクトショップBEYES店内のクリスマスキャンペーン用に作った「twinkle tree」(http://www.beyes.jp/christmas08/ )という大型スクリーン向けコンテンツなどもあります。これはスクリーンの前に立ってもらってWEBカムで画像を取り込み、自分の体に電飾に電飾がリアルタイムに合成されるという、ちょっと遊んでもらう仕掛けになっています。

実績紹介ページ
http://www.kayac.com/service/client/492

サイトURL
http://www.beyes.jp/christmas08/

Dsi  Webサービスを展開する会社さんとは趣きが異なりますね。

瀬尾さん はい。キャンペーン路線で面白いことをやってみようというものと、実際にプロダクトを作ってみようというもの(閃考会議室)やiPhoneアプリの開発なども最近は多いですね。

Dsi 作る人は表現の領域は意識せずに仕事をされているということでしょうか?

瀬尾さん そこは躊躇しないですね。楽しかったらやってみようというスタンスですね。ブラウザの外のことも色々面白いと思っていまして、最近はつくる側の仕組みも整備されているので、今後は是非ともやってみたいと思っています。

Dsi 以前おばかアプリ選手権でお聞きしたのですが、WEBサービスも1週間ぐらいで作ってしまうのものあるそうですね。

瀬尾さん 3日ぐらいでつくってしまうものもあります。「BM11」はある意味、有象無象ですね。それぐらい短期間で作る小さなコンテンツから、長期間にわたって開発するコミュニティサイトまで玉石混合です。

Dsi 「BM11」が多くのWEBサービスを開発することは、どのような理由があってなのでしょうか?

瀬尾さん 数をこなすと技術がついてくるということがまずあって、例えば一つ作るとそこで得た技術をもとに、さらに作りたいものが思い浮かんでより深堀できるようになったりします。また一個だけ作れと言われると悩んでしまうと思うのですが、100個作れと言われたら悩まずに「とりあえずやってみよう!」という気持ちになれるのが良いのかなと考えています。

Dsi この3年間ぐらいでWEB業界でメジャーになったという意識はありますか?

瀬尾さん それはないですね。ただ同業の方から「BM11」を知ってます」と言われることは多くなりました。

Dsi  Webサービスの開発は一人でも出来てしまうこともありますが、一人でつくることとチームでつくることの違いについて教えていただけますでしょうか?

片岡さん カヤックはコミュニケーションを取ることを最も重要視しています。社内環境もその一環なのですが、基本的に仕切りを付けず、パーティションも置きません。職種もディレクター、デザイナー、プログラマーの3職種しかありません。ですので、何らかのタイミングでプロジェクトメンバーを入れ替えることも可能です。いつでもチームを組んで解散してというフレキシブルな体制になっています。その他、複数の人間でアイデアを出し合う「ブレインストーミング」というアイデアのネタを出すことも、会社全体で推奨しています。

Dsi カヤックのスタイルが苦手な人も入ってくることがあると思うのですが、すぐに馴染んだりするのでしょうか?

片岡さん もし、ブレストが苦手な人が仮にいたとしても、強制的に参加させるということはありません。それも、その人なりのコミュニケーションの取り方ですから。ただ気を付けているのは、それをしない代わりに何をもってブレストに参加しない事のケアしていくのかということですね。反対意見を述べることもNGではないですし、何かをするのに、必ず参加しなければいけないという会社ではないんですね。ただ、何か反対意見を述べた時は、そこで立ち止まるのではなく、次の手を考えて動くことを推奨しています。

Dsi どういうことがチームに対する貢献になりますか?

瀬尾さん たとえば、いいものを作るというアウトプットですね。ブレストが苦手な人でも凄いものを作ったり、技術があったりすることでチームに貢献するということになりますね。逆に技術がなくてもアイデアが出る人がいたり、貢献の形は様々です。

Dsi アイデアを出すのはディレクターの方の仕事になるのですか?

瀬尾さん ディレクターもそうですが、デザイナーやエンジニアももちろんどんどん出します。アイデア自体は全員でどこからでも出す形ですね。受託案件が来たときはチームで集まってブレストをしたり。最近流行りの表現でいうところのエンジニアドリブンという技術力を持った人が「これで何ができる?」ということを提案していく部分もあります。

Dsi カヤックさんを見ていると営業はいらないなと感じますね。

瀬尾さん そうですね。いわゆる「営業」という職種の人はいません。

片岡さん 「BM11」の場合「瀬尾が作って、瀬尾が宣伝する」ということもありますね。開発したものが、いつ同じネタで他者とかぶってしまうかわからないので。要所要所ポイントを押さえつつ、作ったらすぐにリリースします。ポイントを押さえるだけでもヒットするサービスもありまして、ある一定の規模まではディレクター不在で運営していくケースも多々あります。
面白法人カヤック 技術部 瀬尾さん
面白法人カヤック 技術部 瀬尾さん

Dsi 組織がシンプルな故、フレキシビリティが高く仕事ができるということですね。

瀬尾さん 基本的にベンチャーなんで、やれることは全部やるというかたちですね。自分でやるしかないというか(笑)

Dsi そういったスタイルが優秀な方を集めているのではと思します。ぜひカヤックさんのような優れた開発力をもったWEB会社さんがデジタルサイネージの業界にも参入して欲しいと思うのですが・・・

瀬尾さん 是非、挑戦してみたいですね。

Dsi デジタルサイネージのフィールドでこんなことをしてみたいというものはありますか?

瀬尾さん いくつかあります。この会議室(閃考会議室)でもLED(空山水)を使ったものがありますよね。アンビエントメディアという言い方をしていて、身の回りになんとなく存在しながら情報を出しているというものにも関心があります。今あるデジタルサイネージはモニターがあって、情報を流しているというスタイルですが、それをもう少し日常に入り込む形にするのも面白いかなと思っています。例えば、影を投影して、その影に情報がでるとか、影の表現で何かを知らせるとか、やってみたいなと思います。あとモバイルとの絡みもやってみたいですね。

Dsi デジタルサイネージ業界でもアンビエントディスプレイはひとつのテーマになっていますね。ただ、そこに結びついたコンテンツのあり方はまだまだ、模索中というところだと思います。

瀬尾さん デジタルサイネージの場合、ハードウェアやソフトウェアの話から、流通をどうするかといった問題までいろいろと考えなければならないことがありますね。

Dsi モバイルとの連携はどうでしょうか?

瀬尾さん デジタルサイネージは公共の場の表現なので、一番分かりやすいのはQRコードで情報を取ったり、セカイカメラのように公共の情報からパーソナルな情報を紐付けるといったことが考えられますね。ちょっと抽象的なんですが・・・iPhoneなどを使ってみるとマーカーが現れて、情報にアクセスすると環境情報や個人情報を元に展開される表現などやってみたいですね。ただ真面目にやってしまうと、その場所にいくとパーソナライズされた商品案内が来ますよ、お勧めのお店が出ますよ、といった形だとまだちょっと硬い印象がありますね。もう少しエンターテイメントよりの表現で見る人に情報を渡してみたいと考えています。情報をプッシュするだけだとユーザーの気持ちをなかなかつかめないのですが、ここで何か事件が起きているということがあると、急にユーザーは興味を持ち出しますよね。そういったポイントとしてデジタルサイネージの可能性に興味があります。

Dsi 確かに街中で事件が起こると見ざるを得ないという状況にはなりますよね。デジタルサイネージは一般のユーザーからすると、テレビにしか見えないわけで、そこで何か新しいことが見れると想像はしないですよね。

瀬尾さん デジタルサイネージをつかった表現は、ある意味ギミック的(もしくはマジック的)な要素も必要で、伝えたいことをどうプレゼンするのか、視聴者をどう驚かせられるのかということは常に意識していて、やってみたいことでもありますね。

Dsi アクシデンタルな事柄でユーザーに便益があって、しかも、うっとうしくない形で表現されるものが求められているのかもしれませんね。カヤックさんのように技術力もあってアイデアもある事業者さんには是非サイネージの領域に取り組んでいただきたいなと思っています。Webに関してはこの10年くらいの間で、表現の作法が確立してきたところがありますよね。これからデジタルサイネージの表現に関しても色々な試行錯誤を経た上で、そういったものが生まれてくるのではと思っています。そうした流れの中にカヤックさんのようなWEB系の企業さんが参加していだけると、何か新しいことがうまれるのではと思っています。今日はお忙しいところありがとうございました。

簡単にまとめ

カヤックさんにお話を聞いてみて一番に感じたことは「つくる人を増やす。」という経営理念が皆さんに浸透しているなということでした。その上でコミュニケーションの重要性を意識した、組織のあり方や仕事の進め方がユニークなコンテンツ開発に繋がっているように思います。デジタルサイネージの場合は基本的にロケーションがあって、そこに流すコンテンツは場所に依存することが多くなります。Webのように思い立ったらすぐにサービスを立ち上げるというカジュアルなスタンスは多くはありません。先日、美人時計のコンテンツがデジタルサイネージに利用された事例のように、WEBのコンテンツとデジタルサイネージはより関係性を深くしていくことになるでしょう。そうした際にカヤックさんのようにリアルと連携する眼差しをもったWEB系の事業者が活躍していくのではないでしょうか。

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/2413/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: