デジタルサイネージ活性化セミナー 「これがあなたの街でやるべきデジタルサイネージだ!」全国ツアー開始

2010-07-05 : : DSI : 1,482 views


わたしたちがデジタルサイネージの最前線で今思うこと。それは話題ばかりが先行して、現実との乖離があること。特に地方では、情報不足と事例不足によってその傾向が顕著であると感じています。そこで、デジタルサイネージ総研では地方の方々に向けてセミナーパッケージ企画を実施します。

広告・マーケティングの現場でインターネットに続くメディアとして期待が高まるデジタルサイネージ。本セミナーではこの新しいメディアが プロモーションや映像表現の最先端でどのように活用されているのか、どういった課題があり、その解決策は?などについてデジタルサイネージ業界のキーパーソンがご紹介します。特に今回は、広告媒体だけでなく、地域を豊かにするローカルメディアとしてのポテンシャルをもつデジタルサイネージの可能性についてお伝えします。デジタルサイネージと地域の活性化というテーマに関心のある方は、是非お問い合わせ下さい。

■講師紹介

江口 靖二氏

(デジタルメディアコンサルタント デジタルサイネージコンソーシアム常務理事)

・略歴
1986年慶應義塾大学商学部卒、慶應義塾大学新聞研究所修了、日本ケーブルテレビジョン(JCTV)入社。技術局、制作局、マルチメディア室、経営企画 室を経て開発営業部長。CS、BS、地上波の番組制作、運用を経験。00年AOLジャパン入社、コンテンツ部プログラミングマネジャー。02年プラット イーズ設立に参画し放送通信領域のコンサルティングに従事。08年独立。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事、慶應義塾大学DMC機構研究員、 などを兼務。
主な講演
NTTまるちねっとセミナー96、リテールテックJAPAN 2008、Interop 2008
FPD international 2008、デジタルサイネージジャパン2009、デジタルサイネージジャパン2010映像情報メディア学会、月刊ニューメディアセミナー、ICTクラスタフォーラムフジテレビ系列営業勉強会、社団法人鉄道広告振興協会(JARAP)セミナー、TBS系列報道勉強会など多数
雑誌取材・寄稿
時事通信社IT時評、日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、朝日 新聞、東京新聞、週刊東洋経済、週刊エコノミスト、ジャパンタイムズ、映像新聞、電波新聞、日本工業新聞、日経マ ルチメディア、日経ネットビジネス、日経パソコン、日経コミュニケーション、日経マイクロデバイス、日経エレクトロニクス、日経ビジネス、日 経ビジネスアソシエ、日経ネットマーケティング、月刊ディスプレイ、テクノタイムズ、サイン&ディスプレイ、販促会議、宣伝会議、アドバタイムズ、アドプレス、チェーンストアエイジ、インターネットマガジン、サテライトマガジン、月刊ニューメディア、通訳翻訳ジャーナル、日本翻訳者連盟機関誌、NTT社内報、NTTコミュニケーションズ社内報、博報堂社内報  他多数

川村行治氏

(インセクト マイクロエージェンシー)

エリアコミュニケーション開発デジタルサイネージプロデューサー。「地 域に根ざしたコミュニケーションのトータルな設計」をテーマに従来型の広告アプローチだけではない、デジタルサイネージ、デジタルネットワークなど新しいテクノロジーを認識した上での囚われない発想で「豊かに伝わる」 ことを日々、笑い、泣き、深く考え実行するプロデューサー。

・略歴
1968年生まれ 大東文化大学 法学部卒。
株式会社 南北社(現デルフィス)で車両や全国の販売店の販促活動のプランナーとして従事。LOFTとタイ アップ、VP1スペースでの生活スタイルの提示など実施、生活者の購買行動を認識した上での販促企画立案、提案を続ける。

2000年1月~ 株式会社アサツー ディ・ケイで携帯電話通信キャリア営業を従事。また新規顧客開拓では 先方のビジネスを理解した上でのブランディング、プロモーションを計画し実施。フィットネスクラブのティップネスはトータルなマーケティング活動を複数年 委託された。そのことが従来の広告作法では届かない、商圏のコミュニケーションを真剣に考えるきっかけとなる。

・2006年9月~ 株式会社 寒山 取締役として参画
ブランディング戦略や販促戦略 実施などをコンサル&プロデュース。
アメアスポーツジャパン プリコー事業部と提携しフィットネスクラブのデジタルサイネージ事業立ち上げ (フィットネスクラブメディア:EXIT)。同時にデジタルサイネージコンソーシアム参加。指標部会幹事を務め、新しいコミュニケーションの形を模索する

2010年2月 インセクト マイクロエー ジェンシー として独立し現在に至る。
商業施設などのオウンメ ディア設計やプロモーションプランニング。
フィットネスクラブの マーケティング・プロモーションのコンサルティングなど。
上 記案件に対し、デジタルサイネージ展開を視野に入れて提案中。

(twitter ID: yukiharu555)
(パー ソナルブログ)http://tiny-cafe.cocolog-wbs.com/

西澤佳男氏

(株式会社JAMMU代表取締役 デジタルサイネージ総研 代表)

・略歴
1994年京都精華大学人文学部卒業(専攻:メディアアート)映像制作プロダクションでのTV番組企画業務を経て、大手通信系商社にてインターネット関連 事業に従事。02年株式会社CNS入社、SEO事業の立ち上げを行う。2007年株式会社JAMMU デジタルサイネージ総研 設立。主な事業はデジタル サイネージに関するコンサルティングやコンテンツの企画。先進的な海外事例の取材や雑誌への寄稿、業界関連でセミナー講師を務める。また、デジタルサイ ネージに関わる事業者のマッチングを行う場として「デジタルサイネージ親睦会」を運営。

講演履歴
デジタルサイネージジャパン2009
『海外から学ぶ日本におけるデジタルサイネージの誤解』専門カンファレンス パネラー(2009.06)
アスキー総研「モバイル・PC・テレビに続く第4の画面をねらえ!」 ― 1兆円デジタルサイネージビジネス参入のポイント ― セミナー講師(2009.09)
株式会社 情報通信総合研究所 次世代共創フォーラム・セミナー 『日本におけるデジタルサイネージの可能性 ~海外事例を通じて』(2009.10)
社団法人 全日本シーエム放送連盟(ACC)技術部会セミナー 「デジタルサイネージの可能性 ~世界の事例を通じて」(2009.11)

雑誌記事等
月刊ディスプレイ 2009年3月号 「海外のデジタルサイネージ動向」記事寄稿
販促会議 2009年5月号 「ここだけは押さえておきたい!デジタルサイネージ導入のポイント」取材協力コマーシャルフォト 2009年8月号 【特集】「デジタルサイネージ」に関わるための基礎知識 監修

■実施概要 

・実施期間は2011年3月末まで
・首都圏以外で実施
・費用は講師の東京からの交通宿泊費の実費のみ
・会場、プロジェクタは用意してください
・時間は3時間程度、日程は個別調整
・参加人数に制限はありません(1名から実施)
・告知、集客、受付などはご手配ご負担ください
・セミナー自体の営利目的の実施はお断りします
 (上記実費の参加者による負担はOK)

■お問い合わせ
デジタルサイネージ総研 
メールはこちらへ
TEL 03-5819-5628

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/2574/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: