Rita’s EYE”広告接触コストとオペレーションコスト”-RoadToDooH-

2011-06-02 : : Rita.K : 312 views

こんにちは。Ritaです。このブログを担当するようになって、街でみかけサイネージらしきものを見る目が変わってきました。前は「の広告かな」程度だったのが、は「層狙い」とか「品が引き立っているか」んて事が気になります。ネットTVの収録場所が秋葉原なので、イネージがたくさん観れますそういえば、お友達から「大阪駅にもできたでぇー」と写真が送られてきてたなぁ。(写真①)

IMAG0011

IMAG0008

デジタルサイネージっいうと、手が届かないと言うか、常に高度なシステムのように感じるけど・・社長に1台いくらかかるのって、「ざっくり」聞いてみましたすると「目から鱗」お言葉が大阪駅じゃなく、よくモバイルショップで売っている「フォトフレーム」を想像してみなさいって。機器の代金+通信料+コンテンツ料、これが全てですって。つまり何千円かの機器と毎月の通話料、写真は自前だからただで・・。駅のサイネージも基本は同じって事?ゃあテレビモニタ買ってきて、なんか専門の通信機器を接続して、自前のコンテンツを流せば数万円で1年間使用できるかしら。私職業柄、写真も動画もいっぱいあるから、自分サイネージチャンネルができちゃいそうHPYouTubeの次は、分サイネージかて。もそれって面白そう最近、真を撮るのにも興味があるし、自分が撮ってもらいたい写真家もいるし。バい、マるかも。ほらほら、も使える

imgs

 http://odoroku.tv/shopping/rita/index.html

 ハッ盛り上がってしまった社長、自前のコンテンツなんて・・それじゃぁうちの会社儲からなくなっちゃういえいえ、だから社長は「広告」としてのサイネージの会社にしたわけですね。広告物や販促物は、頻繁に内容が変わる、自前できれいなものは、なかなか作れないし、だいいちそんな暇はなーい言うお店の方も沢山いらっしゃいます当社にお任せください

諸々の宣伝をしたところでまずはオペレーションコストって高いの?安いの?と言う事を調べてみました。機器代はピンキリけど、秋葉原で売っているものを見ると、10万円とか・・私でも買える感じ。通信機器と通信費、これがかかりそうですね。専用機器だとやっぱり10万円はするみたい。通信費は、皆さんが使っているスマホや玉子みたいなモバイルルーターとおんなじで月に5,000円くらいかなぁ。全部足して1年で260,000円、月2万円強だけど、いろいろ聞くと3年で償却が多いみたい

あとは制作費、うちは立派な動画で20万円が定価です。毎月作れば240万円。委細社長と相談ですが

 

これを何店舗で使うかという事で、例えば10店舗で使うものとして、1店舗あたりの負担は240,000円。ひと月当たり月2万円。さっきの機器、通信関連を足すと、1店当たり月4万円強ってことね。通信費を下げたければ、お店の人がテレビモニタ「SDカード」を手差しする方法でもいいみたい。外国とか多いみたいで、「スニーカーネットワーク」って言うんですって。

 

違うそこじゃない「接触コスト」として高いの?安いの?お知りになりたいのですね。はいでは参りますよ。テレビ広告って、狙ったターゲットのCPM(CostPerMill=1,000人あたりの到達コスト)で言えばだいたい1,000円(世帯あたりは約500円)くらいなだそうですこれがメディアの中で最も安いと言われているのね。さすがマスメディア、最安値1,000人あたりという事は・・1人当たりで1円と考えましょうか。屋外広告だとこれが7円とか10円とかですさっきの月4万円強のサイネージって、テレビと同じレベルで評価されれば「4万人」が見れば1人当たり接触コストと投資額が釣り合うって事なのです

 

さて結局それ高いのかいのか

ずばり安いからよく聞いてくださいだってテレビ広告に接触する人が、全員そのお店に来るならいいけれど、お店のターゲットに成り得る人は10分の1もいないでしょう?だから実際には、10分の1の人しか関係ないとしたら、接触コストは10倍の「10円」のはずでしょう。男性に女性向けの化粧品や生理用品は必要ないし、子供に高級外車の広告も必要ないし。いろいろ考えると、ずいぶん関係ない広告を見せられてるような気がします

 

さっきのサイネージの話でテレビと比較するなら「接触コスト10円」でもいいってこと。だとすれば「4万人」じゃなくて「4千人」が見れば釣り合うってことですよ。お店なら1店舗1日「130人」、10時間営業しているなら1時間当たり「13人」が見ればコストが釣り合うってこと。だいたい「5分に1人」見ていればOK。もっというと、そこに売り場があるから、テレビ広告よりはるかに購買につながりやすいと思いませんか手を伸ばせば商品がそこにあイレクトなんですよねだから安いという結論なのです

 

食品が並んであるだけより、試食コーナーがあったりィンナー焼いてくれてるとフラフラと吸い寄せられませんか。それと同じでじなのか!)、ポップがあるだけより、の前にサイネージがあったら、い寄せられちゃう・・・んです

 

いろいろなご商売があるでしょうから、一概にはあてはまらないかも知れないけど、だ、こうやって考えるとデジタルサイネージは「販売促進」のために効く安くて手軽なメディアって事がわかってもらえると思います。

 

次回はデジタルサイネージの「広告表現のABC」と題して、制作物をどのように作ると安くて効くのかをお伝えします。

 

ジャジャン!突然ですが私は6月に旅に出ます、・・といっても仕事ですがこで社長から事前調査しろと言われたフランスのデジタルサイネージの写真をお見せします。そう右上。このテレビがサイネージなのです。IVAN帰ってこないしうなったら分の目で海外のデジタルサイネージをしっかり観て来こようと思っています

画像 074

 

質問やお問い合わせはメールにて受付けております。

rita@nasu-offshore.com

 

広告・作のお問い合わせは、ちらでもご覧いただけます。

式会社NASU

http://www.nasu-offshore.com/

 

 

Rita.K

Rita.Kは、NASU所属の「ネット通販番組」企画・キャスティングディレクター。

20114月からレギュラー番組で、自らMCも努める。

NASUはデジタルサイネージコンサルでもあり、Rita.Kがブログを担当。

 

 

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/2810/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: