セールスパーソンのためのデジタルサイネージ:米クライスラーの事例

2008-08-22 :, , , , , , : DSI : 429 views

自動車ディーラーでのデジタルサイネージの活用事例です。

ポスターや看板のような無人の媒体に限らず、人が接客する際の補助ツールとしてデジタルサイネージを使うというのも有効な活用法ではないでしょうか。自動車ディーラー以外でもマンションの販売とか建築・インテリア関連など、ショールームと名のつくものはすべて親和性が高そうです。

米クライスラーでは、年内に実験的な導入を行い、2009年にはカナダを含め 3,500 のディーラー・ショールームに導入する計画だそうです。Wireless Ronin Technologies, Inc. の RoninCast(r) for Automotive ソフトウェアと NEC の 46インチ、インタラクティブ・ディスプレイを使用。

Chrysler’s digital signage program is expected to be installed at select dealerships in late 2008 and will be made available to nearly 3,500 dealership locations across the U.S. and Canada in 2009. Each participating dealership showroom will be outfitted with one or more 46 inch NEC interactive displays powered by RoninCast(r) digital signage.

Chrysler LLC Chooses Wireless Ronin’s Digital Signage Solution for iShowroom Interactive Program より、一部引用)

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/434/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: