デジタル化の次はやはり3Dらしい

2008-08-26 :, , , , , : DSI : 424 views

紙の広告がデジタル化されるとデジタルサイネージになるわけですが、デジタル化の次はやはり3Dの方向に進むような気配です。

一足先にデジタル化が進んでいる映画の世界ではすでに3D化が始まっており、東欧および中欧では映画館のデジタル化と同時に3Dシネマの導入が進んでいる模様です。62のシネコンに563のスクリーン、11万3,000席を保有する最大手企業が3Dシネマの導入を始めたことが注目を集めています。

Cinema City International’s decision to offer their audience the digital 3D cinema experience might have a signal effect on the cinema industry, as the Cinema City Group is the largest multiplex theatre operator in Central and Eastern Europe, and in Israel. As of July 2008, Cinema City operates 62 multiplexes with 563 screens and 113 000 seats.

Cinema City International Goes Digital and 3D より、一部引用)

もちろんアメリカや日本でも3D作品の見られる映画館は増えています。国内では 2007年に大手シネコンチェーンのティ・ジョイが8カ所、ワーナー・マイカルが既存の2カ所に加え、新たに18カ所に上映システムを導入しています。

米国では3D映画システムの普及に弾みがついている。昨年3月公開のディズ ニーアニメ『ルイスと未来泥棒』は、581スクリーンで3D上映され、総興行収入の28%に当たる710万ドルを上げている。3Dスクリーンは今年 1500以上、来年には3000まで広がるとの声もある。

今年は「3D映画」元年になる 米国でシステムが急速に普及し、話題作も続々公開へ - 日経トレンディネット より、一部引用)

人々が3D映像の魅力に触れる機会が増えればデジタルサイネージの3D映像も効果を増すのでしょうが、映画の3Dは特殊な眼鏡をかけて見る方式です。デジタルサイネージの場合は街中で眼鏡をかけさせるわけにはいきません。裸眼立体視でなければならないため、ハードルは少し高そうです。今後の技術革新に期待ですね。

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/447/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: