米 NEC が 32インチで14万円を切るデジタルサイネージを発表

2008-08-18 :, , , , : DSI : 1,702 views

デジタルサイネージ機器のコモディティー化が徐々に進んでいます。

サムスンの20万円を切るデジタルサイネージはちょっとした衝撃でしたが、やはり価格の低下傾向は顕著なようですね。米 NEC からは 42インチで 19万円を切るものが発売されるようです。

NECが発表したコマーシャル・ディスプレイのLCD3215(32インチ)とLCD4215(42インチ)は、冷却システムを向上させるとともに、焼き付けによる画像の乱れを防止する良質パネルを採用し、さらに、4x4のタイルマトリックス(TileMatrix)によって画面割り機能を備えながら、従来のデジタル屋外看板市場に価格革命をもたらした。

解像度は1366x768、コントラスト比は800:1、明るさは500 cd/m2。指定のコンテントを指定時間に自動表示できるよう遠隔操作も可能だ。

NECは、LCD3215の方を12月に出荷する計画で、小売希望価格を1199ドルに設定している。一方、LCD4215は10月に出荷される見通しで、小売希望価格は1699ドル。

U.S. FrontLine:アメリカ・日本・世界の政治・社会・経済情報速報ニュースサイト より、一部引用)

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/470/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: