デジタルサイネージを使った映画祭:9月5〜12日まで

2008-09-02 :, , , , , , , , , , : DSI : 512 views

どういうわけかデジタルサイネージ関連企業が集中しているカナダですが、トロントでデジタルサイネージ・ネットワークを使った映画祭が開催されます。

北米最大の映画祭であり世界三大映画祭のひとつでもあるトロント国際映画祭と同時開催されるトロント都市映画祭(Toronto Urban Film Festival)は、トロントの地下鉄で ONESTOP Media Group が運営する250面以上のデジタルサイネージ・スクリーンを使って、1分間のサイレント映画作品を次々と上映するというもので、フェスティバル最終日にはオンラインで一般投票が行われ受賞作品が決まります。1週間の観客数は約100万人。世界中の誰もが無料で作品を応募でき、実際に上映されれば賞金も支払われます。

こういうデジタルサイネージの使い方も素敵ですね。

Art for Commuters and ONESTOP Media Group announce the return of the Toronto Urban Film Festival (http://www.torontourbanfilmfestival.com) to Toronto Transit Commission (TTC) subway screens, September 5 - 12, 2008. Commonly known as TUFF, the festival runs concurrent with The Toronto International Film Festival (TIFF), and is the first and largest of its kind in North America.

Toronto Urban Film Festival - June 11, 2008 Press Release より、一部引用)

また、トロントの地下鉄では5月にもデジタルサイネージを使った写真展が開催されています。この展覧会は昨年から行われており、10分ごとに30秒の枠を設けて1日に2作品ずつ展示し、1ヶ月間で62作品を展示します。

‘Contacting Toronto’ is showcasing a total of 62 photographic stories in 31 days to over 1 million people weekly. The photos are showing on more than 250 platform screens in over 40 stations throughout the TTC. The exhibit airs once every 10 minutes and features two different photographers a day in 30-second blocks of time.

DailyDOOH » Blog Archive » ONESTOP Media Group Gives Free Space to Art より、一部引用)

デジタルサイネージの普及につれて街中に HD のディスプレイが増えているわけですから、メディアアートなどとの接点もいろいろと生まれてきそうです。

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/601/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: