電通が広告統計の対象にインターネット広告と交通広告を追加

2008-10-16 :, , , , , , : DSI : 724 views

マス4媒体が縮小する一方でインターネットと OOH が伸びているという現状を受けてのものでしょう。

インターネット広告は、ビデオリサーチインタラクティブのデータを利用。交通広告は、首都圏のJR東日本・東京地下鉄・東急・京王・小田急への交通広告出稿統計データを活用。

電通は、営業活動やクライアントの広告管理サポートのために、新聞、雑誌、テレビ、ラジオの4媒体による「電通広告統計(DAS)」を1966年から運用し、これらは毎年発表している「日本の広告費」の参考データとしても利用されている。しかしながら、クロスメディアコミュニケーション時代における広告管理・アカウンタビリティのためには、インターネット広告や交通広告の統計が不可欠となってきており、6媒体で集計できるようなシステムが望まれていた。
この度、これらに対応するため広告統計開発・運用システムを拡張し、各広告主・銘柄が、6媒体にそれぞれどの程度出稿されたかを一括把握できるようにした。

電通:プレスリリース より、一部引用)

新着記事

デジタルサイネージ総研(TM)ブログの新着記事
トラックバック URL:http://digitalsignage.co.jp/blog/post/988/trackback
コメント(0)

コメントをどうぞ(* の項目は必須ですがメールアドレスは公開されません)
名前 *:
E-mail *:
URL: