Page 1 of 212»

「2008 年 2 月」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


デジタルサイネージ EXPO 2008 in Las Vegas 現地より

2008-02-28 :, , , , , , , , , : DSI : 4,715 views

ただいま朝の6時20分。ラスベガスの空港で帰国便の搭乗を待っています。

せっかくなので、現地にいるうちにデジタルサイネージ EXPO のリポートをしてみたいと思います。

今回の EXPO では、面白いハードウェアもいくつかあったのですが、その中でもけっこうインパクトがあったのがこの製品です(写真参照)。
透明なシリンダーに高精細な映像が浮かんでいるように見えます。立体映像ではないのでホログラムのようなものではないのですが、透明なところに絵が浮かぶというのはやはりインパクトがあり、ついつい近くに寄って見入ってしまいます。

また、今回はソフトウェア、ハードウェアともに、カナダの会社が多いのが目立ちました。デジタルサイネージ業界ではアメリカ企業よりもカナダ企業の方が断然多いんだそうです。理由はなぜだかよくわからないそうです。

ほかにもいろいろと面白い製品があったので、順次レポートしていきたいと思います。

ca330017.JPGca330016.JPG

コメント(0)
コメントする

Felica を使った紙の自販機で、海外格安航空券を販売

2008-02-28 :, , , , , , , : DSI : 534 views

今回は Las Vegas Convention Center 内のデジタルサイネージ EXPO 会場から書いています。Digital Signage EXPO は、予告通りかなり大規模になっていて、来場者も去年の数倍になっている感じです。

一通り見て回ったので、また報告したいと思いますが、今回は、Felica を使った POP の話題です。デジタルサイネージでも Felica との連携というネタは時々見かけます(日本だけですが)。

今回の製品は、Felica を埋め込んだ紙の POP を自動販売機に見立てて、航空券を販売しようというもののようです。航空券は最近 e チケットが定着してきたので、オンラインでの販売が可能になったという背景があります。コンサートや映画などのチケットも e チケット化しているので、同じように Felica を使って販売が可能かも知れません。

デジタルサイネージの場合は表示されるコンテンツを容易に変更できますが、Felica で購入できるチケットを表示内容に連動させるのは難しいかも知れません。そう考えると Felica と組み合わせる場合には、デジタルサイネージよりも紙の方が適していると言えるのかも知れませんね。
デジタルサイネージの場合はたいていネットワークに接続されているわけですから、タッチパネルを使って直接ウェブサイトにアクセスしてもらうことも可能ですし、画面に QR コードを表示することもできるので、Felica を使わなくてもよいような気もします。

以下、紙の自販機「ドコデジ」運営の「モバイルゲート株式会社」、海外格安航空券自動販売機「イーナ ドット トラベル」と業務提携|【@Press】より一部引用します。

モバイルゲート社では同社の提供するFeliCa対応のマルチタッチベンダー 「ドコデジ」を使った紙の海外格安航空券の自動販売機「空デジ(仮称)」を 展開し、自動販売機の購入ボタンを押す様な感覚で、タッチ面に描かれた 海外旅行の渡航先(たとえば、「ハワイ」や「バンコク」等)に 「おサイフケータイ」をかざすだけで、ダイレクトに希望の海外格安航空券の 情報を呼び出すと同時に航空券の検索・予約・申込み・購入ができるシステム を全国に設置展開します。

コメント(0)
コメントする

デジタルPOPシステムおよびデジタルPOP表示方法(特許)

2008-02-27 :, , , , , , : DSI : 1,771 views

ラスベガスからの第2弾。といっても、デジタルサイネージ EXPO の報告はまだです。

こちらは松下電器の特許情報です。 2002 年の出願で、2004 年に公開されています。

内容としては、コンビニなどによくある液晶画面付きの POS レジに、購入商品と関連した内容の表示を行うための仕組みです。今では当たり前ですが、こうしたものでも特許になるんですね(特許については一度トライしたことがあるのですが、けっこうややこしく、この出願が特許として認められたのか、単に公開されただけなのかわかりません)。

昨日はラスベガスのメインストリートにあるカジノを半分ほど見て回りましたが、なかでもプラネットハリウッドが最も新しく、圧倒的な設備で別格という雰囲気でした。プラネットハリウッドには、建物の外壁に巨大な LED パネルがこれでもかというほど付いていますが、屋内にもフラットパネルディスプレイやプロジェクターを使ったものなど、あらゆる種類のデジタル表示装置が大量に導入されています。このうち、少なくとも外壁の巨大 LED 群については松下電器の NMStage というデジタルサイネージソリューションが用いられているそうです。

以下、デジタルPOPシステムおよびデジタルPOP表示方法より一部引用。

【課題】商品オーダー中の客の購買意欲をさらにかきたてることのできるデジタルPOPシステムを提供すること。【解決手段】POS端末1a〜1nにPOP表示装置2a〜2nをそれぞれ取り付けておく。POS端末2a〜2nは、オーダー情報Aが入力されると、それをPOS端末2a〜2nと集中管理装置3とに送る。集中管理装置3は、オーダー情報Aに応じたPOP画面の画像データCをDB5内のPOP画面ファイルから読み出し、そのオーダー情報Aの送信元のPOS端末2a〜2nに取り付けられたPOP表示装置2a〜2nに転送する。画像データCを受け取ったPOP表示装置2a〜2nは、それをPOP画面として表示部に表示する。

コメント(0)
コメントする

ハイマックスからB2B向けP2Pコンテンツ配信システムの新機能

2008-02-26 :, , , , , , , : DSI : 796 views

デジタルサイネージ EXPO の取材と商談のため今日からアメリカ入りしたので、今回はラスベガスのホテルから書いています。

さて、デジタルサイネージのコンテンツを P2P(ピア・ツー・ピア)で配信できる機能だそうです。P2P 技術を用いることで、モニター側に設置して表示を担当する PC がそれぞれサーバーのような役割を果たして配信の負荷を分散させることができるため、サーバーの簡易化が期待されます(もちろんコストも下がるでしょう)。

動画広告のようなものはどうしてもファイルの容量が大きくなってしまうので、こうした仕組みは求められていると言えます。

ところで、もうひとつのアプローチとして、Flash に代表されるようなベクターデータによる動画表現も十分に訴求力がある(そのうえ製作コストも安くできる知れない)と思うのですが、Flash に対応したデジタルサイネージシステムが意外に少ないように感じます。また、インタラクティブなコンテンツも訴求力が高いため今後は増えてくると思うのですが、こちらの配信の仕組みも、まだあまりないようですね。

以下、ハイマックス、B2B向けP2Pコンテンツ配信システム「F−Orc」の新機能を発表(日経プレスリリース) より引用:

ハイマックスは、2月25日、B2B向けP2Pコンテンツ配信システムF−Orc(FOrc)( http://www.f-orc.com/ )に、B2B向けにデジタルサイネージやeラーニング、KIOSK端末配信などで使える「Symphonic Streaming」(P2Pストリーミング方式)( http://www.f-orc.com/about/index4_2.html )を機能追加したことを発表しました。

F−Orcは、動画などの大容量のデジタルコンテンツを、インターネットを使って多数の拠点に効率よく、かつ安全に配信できるシステムで、電車の車内や店 舗、スーパーに設置されたモニターへの電子広告映像の配信や、工場やオフィス、営業所へのeラーニング動画の配信、店舗やスーパー、複合ビルのKIOSK 端末への配信などで活用できます。
従来型のCDNに比べて配信効率が高いためハイスペックなサーバを必要とせず、F−Orc自身が配信トポロジ(配信の仕組み)を構成・管理するため、運用保守も容易になります。

今回の機能追加では、ピア側の配信トポロジ設定として、ダウンロード配信トポロジ(Full−Cache)とストリーミング配信トポロジ(Normal−Cache)、ストリーミング配信トポロジ(Non−Cache)の3種類を組み合わせる事が可能になりました。
ダウンロード配信トポロジ(Full−Cache)は、配信されたコンテンツを全て保持する方式で、配信トポロジの中継サーバとして機能するとともに、配 信されたコンテンツをVODで視聴したり、配信元でスケジューリングして自動再生することができます(スケジューリング再生機能)。ストリーミング配信ト ポロジ(Normal−Cache)は、ストリーミングを実行時に、配信されたピースを保持する方式で、次のピアにもコンテンツを再配信できます。スト リーミング配信トポロジ(Non−Cache)は、ストリーミングを実行時に、配信されたピースを保持しない方式です。
これらの配信トポロジを組み合わせる事で、さまざまなビジネス用途に応じた多彩なシステム構成に適用できるようになりました。2月19日に開催されたP2Pネットワーク実験協議会シンポジウム( http://www.fmmc.or.jp/P2P/pub/sympo/info.html )においても、その概要を講演しました。

また、P2P方式によるライブ機能の開発も進めており、これにより、P2PによるVOD、ストリーミング、スケジューリング再生、ライブの全てが可能にな り、B2B向けのコンテンツ配信ソリューションに必要な機能のラインナップが完了します。その一方で、パートナーとの協業により、F−OrcをP2P配信 エンジンとして、企業のシステムやベンダーの製品に組み込んだり、F−OrcによるASPサービスの計画も進めています。 新しいマーケットの開拓には パートナーの力が不可欠なため、更にシナジー効果を得られる製品、パートナーも探しています。

コメント(0)
コメントする

通信/ネットワーク-ITとの融合が進み、次世代広告媒体として導入の進むデジタルサイネージとは:ソフトバンク ビジネス+IT

2008-02-16 :, , , , , , , , , , : DSI : 909 views

デジタルサイネージには、「テレビに代わる新しい広告媒体」とか、「販促の手段としての店頭 POP の進化形」とか、 「紙のポスターのデジタル化」、「最新情報を必要な場所に即座に伝えるリアルタイム情報掲示装置」などなど、様々な用途が考えられているわけですが、そのひとつである「次世代広告媒体」としての側面に注目した記事です。

広告媒体としてのデジタルサイネージのメリットを、

デジタルサイネージは、従来看板が持っていた、「極めて限られた地域のターゲットへ」「何度も閲覧させる」メリットを活かしつつ、「柔軟な変更が難しい」デメリットを払拭したものである。

とわかりやすく説明するなど、とてもよい記事だと思います。また、インターネット広告とデジタルサイネージとの違いを、

ネットワークというとインターネット広告も大きな市場になっていくことが見込まれているものの、デジタルサイネージは “リアルに存在する” ため、リーチできるユーザー層のセグメントをインターネットとは分けて考えることができる。

と、これまた簡潔に説明してくれています。さらに、こんな興味深い記述もあり、デジタルサイネージへの期待感を煽ってくれています。

電通によれば、屋外広告と交通広告を合わせた市場で約5千億円以上、展示・映像ほかは3500億円程度の規模と試算されており、これがすべてネットワーク 対応のデジタルサイネージに変わることがあれば、「渋谷ジャック(渋谷の交差点の広告をすべて同じ商品などで統一すること)」どころか「日本ジャック」が TV程度の広告費で可能になることも予想される。

昨今製品のライフサイクルは短命化の一途をたどっており、その中でより早い情報のインターネット広告が注目されている。しかし、リア ルに存在する広告媒体が同様のスピード感で情報を発信できれば、TVCM以上に多くの人々の目に触れつつ、Googleの検索連動型広告以上にニッチな広 告活動を展開できる。デジタルサイネージはその可能性を秘めているのである。

記事中でさりげなく取り上げられている、デジタルサイネージ福岡「街メディア」を運営する COMEL(コメル)という会社は、実はソフトバンクテレコムの子会社で、同じソフトバンク系列の会社だったりするのですが、それはご愛嬌といったところでしょう。

売上アップ≫通信/ネットワーク-ITとの融合が進み、次世代広告媒体として導入の進むデジタルサイネージとは:ソフトバンク ビジネス+IT

コメント(0)
コメントする

「デジタル・サイネージへの要求をすべて満たすのはPTAのみ」篠田プラズマが力説

2008-02-14 :, , , , , , , , , : DSI : 1,168 views

少し前の記事でもご紹介しましたが(次世代超大型ディスプレイ技術の本命か?プラズマチューブアレイ方式)、プラズマ・チューブアレイ(PTA)という新技術を引っさげて登場した篠田プラズマの記者会見の模様を伝える記事が出ています。

北米市場での予測データとして、「米国パブリックディスプレイ市場は、2005-10 年にかけて年平均成長率 46.3%」「日本国内も同様な展開が見込まれる」という強気な見解を示していますね。

図2 デジタル・サイネージ市場は急拡大の見込み

また、「篠田プラズマは,2008 年下期に 142 型モジュールの量産出荷を始める予定」だそうです。値段的には同サイズの LED より少し安くなるという話ですので、わりと高価であることは確かですが、素晴らしい特徴を備えていることも事実ですので、実物を目にするのが楽しみです。

以下、一部引用:

大画面が得意でしかも薄型・軽量,シームレス接続が可能などといった特徴を備えるPTAが最適であることをアピールした。

現行技術で,画面寸法100型以上のデジタル・サイネージを実現する場合,例えば(1)プロジェクター,(2)LEDディスプレイ,(3)液晶を用いたマルチビジョン,(4)PDPといった手段が考えられる。これに対し篠田氏は,それぞれの課題を以下のように指摘した。すなわち,(1)のプロジェクターは,輝度が低い。(2)のLEDディスプレイは,解像度が低くコストが高い。(3)のマルチビジョンは,各ディスプレイ間に非表示領域が発生する。(4)のPDPは,膨大な設備投資が必要になる。

【続報2】「デジタル・サイネージへの要求をすべて満たすのはPTAのみ」,篠田プラズマが力説 - 産業動向オブザーバ - Tech-On!

コメントを表示する(2)
コメントする

日立アドバンストデジタル、電子看板システム用ソフト「VividSignage」を発売

2008-02-07 :, , , , : DSI : 2,810 views

電子看板システム用ソフト「VividSignage」 が日立アドバンストデジタルから発売されるようです。

こうした配信ソフトウェアはすでに国内の大手ディスプレイメーカー各社から発売されており、日立アドバンストデジタルでも以前から配信システムを提供していたと思いますが、今回は1000台までの大規模なシステムを一元管理できるようになったということでしょうか。USBメモリによる配信などは他社製品にも見られる機能ですが、現場のニーズに対応したもので評価できますね。

また、デジタルサイネージでは流される内容が最も重要なわけですが、コンテンツ制作の自由度を考えると FLASH の再生にも対応してほしいところです。今回の製品では、対応データ形式の欄に「Webコンテンツ:HTML、URL(インターネット)」 としか書かれていないので、もしかしたら FLASH には対応していないのかも知れません。

以下にプレスリリースから一部抜粋します。

今回開発しました「VividSignage」は動画対応タイプ製品の最新版ソフトウェアです。管理用パソコンで「表示画面レイアウト」、「表示スケ ジュール」などを設定し、ネットワークを通じて各表示用端末へデータを配信します。配信されたデータは表示用端末に蓄積されディスプレイ装置に表示するの で、ネットワーク障害による表示速度の低下や非表示状態などのトラブルが発生しません。
従来製品に比べて、表示端末台数の多い大規模な構成にも対応できるようになっております。これにより、チェーン店舗や全国支店などに数百台規模で表示端末装置を設置して利用する場合でも、一括して管理を行うことが可能です。

【VividSignageの主な特長】
詳細につきましては製品ホームページ( http://www.hitachi-ad.co.jp/vivid/index.html )をご覧ください。

1.1台から1000台までの表示端末に対応
VividSignageで利用できる表示端末は1台から1000台まで対応可能です。表示端末の管理は、管理パソコンで一括管理することができます。

2.動画と静止画を最大6画面に分割表示
表示用のディスプレイ画面を最大6画面に分割して、それぞれの分割画面に異なるコンテンツを表示できます。分割する画面サイズと配置は任意に指定ができます。

3.様々な配信方式に対応
LANでの配信だけではなく、USBメモリによる配信やインターネット経由での配信にも対応可能です。ネットワークケーブルが敷設できないような環境で は、USBメモリに配信データを出力し、表示端末に挿入することで配信を行うことができます。表示端末からの定期取得機能を使用すれば、インターネット経 由での配信にも対応できます。

4.印刷で静止画コンテンツを作成
VividSignageの「仮想プリンタドライバ」を使い、普段ご使用のアプリケーションから「印刷」コマンドを実行することで簡単に静止画コンテンツを作成できます。

■今回発売する製品の価格、提供開始時期
【価格】
・サーバ(データ配信)用ソフトウェア:オープン価格
(サーバ1台に1本必要です)
・クライアント(表示用端末装置)用ソフトウェア:オープン価格
(表示するクライアントごとに必要です)
※上記製品にはサーバ、PC、表示装置(モニタ)などの機器は含まれておりません。

【販売および出荷開始日】  2008年2月6日

■動作環境、接続機器については製品ホームページをご覧ください。
電子看板シリーズホームページ
http://www.hitachi-ad.co.jp/vivid/index.html

日立アドバンストデジタル、電子看板システム用ソフト「VividSignage」を発売:日経プレスリリース

コメント(0)
コメントする