Page 1 of 212»

「2008 年 4 月」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


ドイツ EXPO プレビュー(DIGITAL SIGNAGE EXPO 2008 in ESSEN, GERMANY)その2

2008-04-28 :, , , , , , , , : DSI : 665 views

前回に続いて、5月6〜8日までドイツ・エッセンにて開催されるデジタルサイネージ EXPO 2008 の出展各社の展示内容をお伝えします。

DT Research™:プレイヤ一体型のディスプレイ、コンテンツ / デバイス管理ソフトウェア、およびオプションの赤外線タッチ式インタラクティブサイネージから構成される「WebDT サイネージシステム」を開発、製造しています。WebDT ファミリー製品は、セキュアで信頼性が高く、低コストなコンピューティングのために、Thin プラットフォームをベースにしています。WebDT シリーズには、モバイルタブレット、小型情報端末、ディスプレイ組み込み型インフォーメーションシステムもラインナップしています。

Eshowcase:ユーザーが好みの情報にアクセスするための非接触型コントロールシステムを開発しています。テキスト、データ、画像およびムービーなどのあらゆるデータをリアルタイムに反映させることができるシステムです。世界初の3Dノンタッチ型リアルタイムコントロールシステムです。3DS ファイルの統合により、製品のディテールなどの情報を360度あらゆる方向から表示することが可能です。

Follow me:1992年以来の電子ガイド事業の経験をもとに、Thomas Krobath が 2003 年に設立した会社で、世界最大サイズの直射日光下対応の屋外用高輝度液晶ディスプレイ Icon|One™ を提供しています。Icon|One™ は最先端のテクノロジーをお届けします。

Fujitsu Services:改良されたカスタマーインタラクションのソリューションを展示します。顧客はあっという間に店舗を出て行ってしまい、一瞬にして気変わりするかも知れません。Fujitsu Services は、テクノロジーではなく顧客体験を念頭においたところから、顧客のニーズに応えるために必要な反応をもたらすソリューションをデモンストレーションします。

Hantarex:私たちは、デジタルサイネージおよびデジタルアドバタイジングに最適な新製品である「Kiosk Digital Media Totem」に相応しい発表の場として DIGITAL SIGNAGE EXPO 2008 を選びました。イタリア生まれの当社は、非常に特殊な光ファイバーのタイルによって画像を表示する、最新技術のビデオウォール用 34インチ光ファイバー・シームレスモジュールを展示します。この新製品は革新的な Itrans® テクノロジーをベースにしており、あらゆるサイズのデジタルビデオウォールを構成することが可能です。これらのモジュールはほぼ隙間なく設置でき、直射日光や周囲の発光サインなどの映り込みによる映像の乱れもありません。

HKS Systemtechnik:当社は、様々なサイズ / タイプの映写用スクリーン、中型家具、会議やセミナー用の家具とシステム、設置金具、筐体、プロジェクターや薄型ディスプレイ用のモバイルユニット、スイッチギアキャビネット技術などなど、公汎にわたるデジタルサイネージソリューションを製造、組み立て、設置しています。

Infinitus:当社は屋外用のフルHDクオリティ液晶ディスプレイシステムに特化しています。特許技術である iMotion® は屋外用デジタルビデオコミュニケーションディスプレイです。インターネットやモバイル接続による遠隔地からの操作とコンテンツ管理が可能な ProMotion ソフトウェアとの組合せにより、直射日光下でも見えるフルHD液晶ディスプレイ、低価格での広告スペース開発、広範囲の顧客へのアクセスなどのメリットをもたらします。

Intellian Technologies:すでに韓国においてトータルなデジタルサイネージソリューションを提供していますが、この度ヨーロッパに発表いたします。

JVC:定評ある新ディスプレイと柔軟なデジタルサイネージソフトウェア「TV Tools」を中心とする今日的デジタルサイネージソリューションの例をいくつかお見せします。65インチ大型ディスプレイ、52インチプレゼンテーションディスプレイ、46インチ工業用ディスプレイ、40インチ小型プロトタイプディスプレイなどの幅広い多様なラインナップの中から、JVC は目覚ましい映像クオリティ、強固なつくり、高い信頼性を重視した刺激的な製品や開発のいくつかを展示します。

M2C Electronic Technology:販売拠点におけるハイクオリティなインストアコミュニケーションをお届けします。M2C の液晶ディスプレイはスリムでエレガントなデザイン、革新的な入力インターフェイスと、HDTV 解像度で高速応答性と鮮明な色再現性を備えた高性能 16:9 液晶パネルをフィーチャーしています。

Macnetix:今回展示する editIT/playIT は、ヨーロッパで 1,000 件以上の導入実績を持つデジタルサイネージの代表的なソフトウェアのひとつです。主に広告や情報表示用のシステム、あるいは案内用のサイネージシステムに用いられています。

原文はこちらです。

DT Research™ develops and manufactures the WebDT Signage System, consisting of player-integrated displays, content and device management software, and optional IR touch for interactive signage. The WebDT family of products is based on thin computing platforms for secure, reliable, and cost-effective computing. WebDT products also include mobile tablets, compact information appliances, and display-integrated information systems.

Eshowcase develops a non-touch control system in which users can access information they desire. In the system, information in any format including text, data, graphic and movie can be updated corresponding with real time. It is the first 3D non-touch control system corresponding with real time in the world. Integrating with 3DS file, details of products and other information can be shown in a 360-degree view.

With experience in the electronic guidance business since 1992, Thomas Krobath founded Follow me in 2003. The company distributes the world’s largest HighBright LCD-Outdoor Displays (Sunlight Readable), the Icon|One™. The Icon|One™ delivers state of the art advertising technology.

Fujitsu Services will exhibit solutions for improved customer interaction. Customers leave your outlet in a second and can change their minds in a moment. Fujitsu Services will demonstrate solutions which can give you the responsiveness you need to serve your customers according to their needs, starting with the consumer experience in mind, not technology.

Hantarex chose DIGITAL SIGNAGE EXPO 2008 as the best place to present its new “Kiosk Digital Media Totem” range of products dedicated to Digital Signage and Digital Advertising. The Italian company will present its newest technology, the 34” Optic Fibre Seamless module for Video Wall applications, made with extraordinary special optic fibre tiles that reproduces the images. This new product is based on the innovative and revolutionary Itrans® technology which allows you to create digital video walls of any format and size. These modules have virtually no gap between them and no image distortion from reflection on the screen from various light sources like direct sunlight or bright signage.

HKS Systemtechnik installs, produces and assembles a wide range of digital signage solutions including projection screens in every sizes and variants, medium furniture, conference and seminar furniture and systems, mounting plates, housings and mobile units for projectors and flat screens, switchgear cabinet technology and much more.

Infinitus specialises in dynamic, full HD quality LCD display systems for outdoor communication. Its patented innovation, named iMotion®, is an outdoor digital video communication display. The benefits of this innovation include full HD sun readable LCD display, low-cost development of advertising space and access to a wide range of consumers, together with the software ProMotion, remote control and content management via internet or mobile connection.

Intellian Technologies already provides the total digital signage solution in Korea, and will now be presenting its digital signage products here in Europe.

JVC will be showing some examples of modern-day digital signage solutions, of which the focus will lie on new and established displays as well as its flexible digital signage software, “TV Tools”. Of its wide and diverse display line-up, including 65-inch large format displays, 52-inch presentation displays, 46-inch industry displays and a small 40-inch display prototype, JVC will be showing some of its most exciting products and developments, with an emphasis on their brilliant image quality, robust construction and exemplary reliability.

M2C Electronic Technology brings high quality in-store communication to your point of sale. The LCD Displays of m2c feature slim and elegant design, innovative input interfaces and high quality 16:9 LCD panels with HDTV resolution, fast response times and brilliant colours.

With more than 1,000 installed systems in Europe, the programme exhibited by Macnetix, editIT/playIT, is known as a leading software option for digital signage. The programme is primarily used as an advertising and information system or rather visitor signage system.

コメントを表示する(2)
コメントする

ドイツ EXPO プレビュー(DIGITAL SIGNAGE EXPO 2008 in ESSEN, GERMANY)その1

2008-04-24 :, , , , , , , , : DSI : 335 views

ドイツ・エッセンにて開催されるデジタルサイネージ EXPO 2008 が近づいてきました(開催は5月6〜8日)。

今日からは、出展各社の展示内容の情報を毎日少しずつ紹介していきたいと思います。行かれる方は、どのブースから回るかを決める際の参考にでもお役立てください。

42media group:ヨーロッパにおける業務用 AV ソフトウェア・ソリューションおよびサービスを提供しています。業務用メディアマネージメントパッケージ「OxygenMediaPlatform」と、スモールビジネス向けインフォテインメント「getTV」のデモンストレーションを行います。

Basys:これまで成功を収めてきた製品群を拡張する、新しいデジタルサイネージシステムを展示します。新デザインのディスプレイは、テクノロジーとエレガンスの完璧な共生であり、リアルエモーショナルマーケティングによって広告のシーンを豊かにします。

CITYBoomer:スクリーン、コンテンツプレイヤー、ソフトウェアを含めたデジタルサイネージソリューションを展示し、買ってすぐに使えるデジタルサイネージを一式提供します。小売業者や垂直市場が、いかにして顧客とのコミュニケーションを向上し、顧客からのフィードバックをコントロールできるかをデモンストレーションします。

C-Nario:デジタルサイネージ向けのネットワークメディア配信システム、シームレスな映写、コンテンツコントロールをフィーチャーします。展示する製品は、対象を高度に絞り込んだ環境向けにデザインされた「Advertiser」、公共空間や企業の施設におけるインフォマーシャルに打ってつけの「Messenger」、レジャー及び娯楽産業向けにデザインされた「Entertainer」などです。

DA Tech:コスト性に優れた高品質のパブリックインフォメーションディスプレイ(PID)のデモンストレーションを行います。PID は、リアルタイムの情報配信、HD 画質、「1対多」配信、光ファイバーによるデータ送信を提供します。

Savvy marketers:私たちは人々にメッセージを伝えるのに最適なのが購買の現場(PoP)であることを発見しました。顧客があなたの店に入ったところであなたの製品の TV コマーシャルを見たとしたら、その広告に興味を持ったりその内容を受け止めやすいでしょうし、その場ですぐに製品を購入することすら起こりうるのです。これはナローキャスティング(Narrowcasting)と呼ばれ、DigiReach がデモンストレーションするのがまさにそれです。

dimedis:洗練されたデジタルサイネージプロジェクトのシステムベンダーである弊社は、あらゆるデータソースを使って最新の情報を表示することができるインスタントなサイネージプラットフォームである「kompas」ソフトウェアをお見せします。

Disignage:デジタルサイネージの完全パッケージを展示します。クライアントと恊働して、組織にフィットしたコンセプトをつくりあげ、すべての必要なハードウェアを設置し、コンテンツを用意します。自社製のソフトウェアは、今日のマーケットにおいて最もフレキシブルなシステムであると言えるでしょう。

原文はこちらです。

42media group, the software solutions and service provider for audio-visual enterprise communication in Europe, is demonstrating its OxygenMediaPlatform enterprise level media management package, and getTV, an infotainment option for small business

Basys has extended its successful range of products with a new Digital Signage System which will be on display at DIGITAL SIGNAGE EXPO 2008. The completely new designed display is a perfect symbiosis of technology and elegance, enriching the advertising scenery with real emotional marketing.

CITYBoomer will be presenting its digital signage solutions including screens, content players and software, and offering full turnkey solutions for digital signage. It will demonstrate how retailers and other vertical markets can improve customer communication and control their feedback.

C-Nario features networked digital media distribution systems for digital signage, seamless projections and content control. Products on show include the Advertiser, designed for highly-targeted environments, Messenger, ideal for informational messaging in public or corporate facilities, and Entertainer, designed for the leisure and entertainment industry.

DA Tech will be demonstrating its cost-effective high-quality product Pidis, an abbreviation of Public Information Display. Pidis offers distribution of real-time information, HD quality resolution, one-to-multi distribution and fibre-optic transmission of data.

Savvy marketers have found that the best time to get your message across to people at the Point of Purchase. So, if the customer could see a TV ad for your product when he enters your shop, he can be interested and receptive, and also able to act immediately by making the purchase. This is called Narrowcasting and this is what DigiReach will be demonstrating.

dimedis, the system vendor for sophisticated digital signage projects, will be presenting its software “kompas”, which offers an instant signage platform for showing cutting-edge information from almost any data source.

Disignage will be showing its complete digital signage package. Together with the client, they can develop a concept that fits the organisation, install all the needed hardware, and take care of the content. Their in-house developed software is described as the most flexible system on the market today.

コメントできません
コメントする

洋書紹介『Digital Signage Broadcasting』by Lars-Ingemar Lundstrom

2008-04-21 :, , : DSI : 521 views

著者から直々に特集記事が届きました。 ぜひ日本語にして掲載してほしいとのことなので、翻訳してみます。内容は、本文からの抜粋というわけではなさそうです。

以前にもご紹介した通り、本書はデジタルサイネージに関する初めての網羅的な書籍だそうです。

「デジタルサイネージ — 本当に全く新しい媒体」ラース・インゲマル・ルンドストローム(『Digital Signage Broadcasting』著者)

今日のデジタルサイネージは、ほとんどが OOH (Out-of-Home) の事例です。そして、これから数年の間にデジタルサイネージメディアは店舗内や公共スペースにおける広告や販促のあり方を大きく変えて行くでしょう。しかし、極めて近い将来、私たちの住宅内においてもメディアサーバーとメディアプレイヤーの組合せによるデジタルサイネージ同様のシステムを目にするようになるかも知れません。

薄型・大型化と高画質化に加え、価格が低下したディスプレイのおかげでデジタルサイネージの発展が促されたことは疑いようがありません。フラットパネルディスプレイはどこにでも設置することが可能です。分厚いブラウン管式のテレビではそうはいきません。加えて、様々なディスプレイ装置から選択できるようにもなりました。旧来の液晶やプラズマ、プロジェクターもありますが、円筒型のディスプレイやレーザービームまで、どの方法でもメッセージを表示することができます。デジタルサイネージにおいては、モニターを縦置きにしてしまっても構いませんし、小型の液晶フォトフレームから巨大な LED 屋外ビジョンまで、選り取りみどりで動的なメッセージを表示することが可能です。これらの表示装置が、安価になったハードディスクやフラッシュメモリーなどの記憶装置と相まって、未だかつてない全く新しい方法で情報を取り扱い、掲示することを可能にしました。

デジタルサイネージでは、コンテンツを画面に映し出すためにメディアプレイヤーを用います。メディアプレイヤーというのは実はコンピューターですので、そこにはいろいろな新しい可能性が生まれます。デジタルサイネージでは、画面上を複数の区画やレイヤーに分割して、それぞれに動画や静止画、文字などの情報を別々のファイルから読み込んで表示させることが可能です。つまり、全く別々のデータソースを持つ情報を同時に表示させることができるわけです。リアルタイム情報、疑似リアルタイム情報、非リアルタイム情報など、異なる媒体から配信される情報を画面上のそれぞれの部分に表示させることもできます。例えば、テレビのライブ放送はリアルタイム情報ですが、印刷物や書籍、新聞などは非リアルタイム情報です。疑似リアルタイム情報の例としては、RSS フィードや teletext(ヨーロッパのみ)などで配信されるニュースコンテンツ、競馬の配当情報、株式情報などがあるでしょう。デジタルサイネージは、これらすべてをたったひとつのメディアに統合してしまうのです。さらにすごいことには、デジタルサイネージの場合、画面に表示するコンテンツの内容をモニターの置かれた場所に応じて個別に切り替えることができるのです。あるいは、いまその瞬間に誰が画面を見ているのかによって内容を切り替えることすら可能なのです。タッチパネルを使えば、メディアプレイヤーが店舗を訪れた顧客と対話することも可能です。画面に何を表示するかは、予めどのファイルをどこに表示するかを指定したプレイリストに従って制御されます。

当初、デジタルサイネージは CD や DVD を手作業で入れ替える方式で行われていましたが、ほどなくしてメディアプレイヤーが導入され、ブロードバンドで接続された中央のコンテンツ管理サーバーから自動的にコンテンツを取得するようになりました。スポーツや賭博のような、より要求の厳しいケースでは、リアルタイム配信が必要とされます。IP 衛星放送を使えば、地球上のどこにあるメディアプレイヤーに対しても、数に制限なく同時放送を行うことが可能になっています。

デジタルサイネージが、既存のあらゆる媒体のほぼ全てをひとつの媒体として統合し、同時に通信と放送という旧来の2つの枠組みの間の溝を橋渡しするものであるということに、間もなく気付かれることでしょう。以上が、私に『Digital Signage Broadcasting』という本を書くことを思い立たせたきっかけだったと思います。

すでにたくさんの人が、知らず知らずのうちに家の中にいくつものメディアプレイヤーを持っています。メディアジュークボックスやホームシアターコンピューターは、すでに多くの人にとって現実のものとなりました。私たちが目にしているのは、店舗内における新たな広告市場の幕開けにとどまらず、もしかすると家庭内における新しいマスメディアの誕生でもあるのかも知れません。デジタルサイネージの可能性はあらゆる方向に広がっています。

興味を持たれた方は、www.digitalsignagebroadcasting.com をご覧ください。

コメントを表示する(13)
コメントする

OOH広告もアイディア勝負

2008-04-18 :, , , : DSI : 804 views

3M Security Glass Ad

カンヌの屋外広告部門でシルバーライオンを受賞した作品だとか。

ガラスで覆われたパネルの中に多額の現金が入っているという、単純明快な「強化ガラス」の屋外広告です。これは強烈に面白い!と思いました(詳しくは、日刊・世界の広告クリエイティブ: クレイジーな実証OOH。

広告は基本的にアイディアが重要な世界ですよね。デジタルサイネージを使った広告も、アイディア次第でいろいろ面白い可能性があるんじゃないかと思います。

コメント(0)
コメントする

3D立体放送対応のテレビがまもなく発売

2008-04-11 :, , , , : DSI : 380 views

3D立体放送というものがあることすら知らずにいたのですが、BS11デジタルという放送局ですでに放送されているようです。

裸眼立体視のできるタイプではなく、専用のメガネをかけて見るタイプのものですが、自宅で視聴するならメガネが必要でも構わないという人も多いかも知れません。

その3D立体放送に対応したテレビがまもなく発売されるということで、通常のテレビとどう違うのか気になるところですが、対応テレビだからと言ってメガネがいらなくなるというわけではなさそうです。

詳細は販売店のサイトを見ていただきたいのですが、(株)ビックカメラはBS11デジタル(日本BS放送株式会社)の主要株主でもあり、独占先行発売をするようです。

日本初の3D立体放送に対応したテレビ! -ビックカメラ.com

コメント(0)
コメントする

Reactable ー 新しい楽器

2008-04-10 :, , , , , , : DSI : 267 views

[youtube:http://www.youtube.com?v=0h-RhyopUmc]

デジタルサイネージではありませんが、インターフェイスが変わると楽器もこんな風になってしまうんですね〜。

詳細はわかりませんが、バルセロナの大学で研究されているものみたいです。

デジタルサイネージにもこういうアートっぽいアプローチがあってもいいのではないかと思っているんですが。

コメント(0)
コメントする

屋外設置が可能な全天候型デジタルサイネージディスプレイ

2008-04-09 :, , , , : DSI : 6,948 views

[youtube:http://www.youtube.com?v=yhYsy2KZcqk]

ラスベガスの Digital Signage EXPO にも出展していた SunTronic 社から屋外型ディスプレイの詳細が届きました。過激な実証実験のムービー付きです。

スペックを見る限りかなり完成度が高そうです。

・1500nits の高輝度 HD ディスプレイ(1 nit = 1 cd/m2)
・IP65 の防水防塵性能
・-40C 〜 50C の動作温度
・18mm のスリムベゼル
・50,000 時間のロングライフタイム設計

また、46インチ型を4台組み合わせて 102インチサイズにすることも可能。さらに、遠隔リブートや温度/湿度モニタリングのオプションも可能です。接続方法は、ワイヤレス、VGA/DVI、CAT5ケーブルによる延長などに対応可能となっています。

これほど高輝度な液晶ディスプレイとなるとバックライトの寿命が気になるところですが、50,000時間と言えば 24時間使いつづけたとしても5年半以上もつという計算になります。

コメントを表示する(1)
コメントする