Page 1 of 212»

「2008 年 6 月」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


デジタルサイネージで広告配信ビジネスへの本格参入を決めたソニーの独自路線

2008-06-26 :, , , , , , , , , , , , : DSI : 2,844 views

ソニーが、今年3月に発表したデジタルサイネージ配信システム「BEADS(ビーズ)」を使ったデジタルサイネージ広告配信事業を本格的に開始するそうです。少し前から都内のスーパー Olympic の店内で実験的な運用が行われていましたが、これが6月30日から本格稼働します。

株式会社Olympic(以下、Olympic)の展開する首都圏22店舗に大型ディスプレイを151台設置し、「ミルとくチャンネル」と名付けた専用のチャンネルを運営します。「ミルとくチャンネル」は、広告・店舗情報・特売情報・イベント情報などの販促情報に加え、お料理レシピ・地域にあわせた天気予報・ニュースなどの便利な情報を提供します。

現在、スーパーマーケットを利用するお客様の約60%は売り場で購入製品を決定するといわれています。本サービスは、ネットワークを利用した売り場に近い広告メディア(インストアメディア)として、メインターゲットである主婦層・ファミリー層にタイムリーに情報を提供することにより、購買行動に結び付ける効果があります。

Olympic 店舗内設置例(メイン通路)Olympic 店舗内設置例(レジ上)

Sony Japan|プレスリリース | デジタルサイネージによる広告配信サービス 開始 より、一部引用)

BEADS のサービス料金の目安が「同じ建物の中に40インチのディスプレイを100台設置する場合で,初期費用が6500万円程度(ソニー,商業施設などの最大1万台のディスプレイにコンテンツ配信するサービス:ITpro)」とされていることから、数千万円の初期費用がかかるものと思われますが、このほとんどをソニーが負担するサービス形態のようです。

ディスプレイ設置場所の選定、機器の手配/設置、広告の受注、コンテンツの制作 /配信、保守/監視といった関連作業を、すべてソニーグループが請け負う。店舗側は機材を購入する必要がなく、少ない初期投資で導入できるという。

ソニー、店舗向けデジタルサイネージ広告配信サービスを開始 - nikkei BPnet より、一部引用)

ところで、日本のデジタルサイネージは当初からメーカー主導で進められてきた感があります。プラズマディスプレイを製造する松下電器や日立、液晶ディスプレイを製造するシャープ、ソニー、NECといったメーカーにとっては、薄型テレビに代わる新たなディスプレイ市場としての期待が大きいためです。

液晶パネルの価格が下がり続ける中、メーカー側としては比較的収益性の高い大型ディスプレイを売って行きたいのですが、家庭のリビングでは視聴距離が近いため70インチやそれ以上のサイズに対するニーズは限られます。

一方、ポスターやコルトン(照明入りポスターボックス)などの屋外広告メディアのサイズは60インチ〜150インチ辺りに相当するため、これらをデジタルディスプレイに置き換えて行きたいという考えです。

パネルメーカー各社は、それぞれにデジタルサイネージの配信用ソフトウェアを開発し、これを自社のモニターにくっつけて販売してきましたが、やはりモニターを売るためのデジタルサイネージというスタンスであったように思います。

その点で、今回発表されたソニーのビジネスモデルは新しい路線だと言えるでしょう。

パネルメーカーが費用を負担して広告メディア事業に乗り出す例は海外でも先例がありますが、なかなか採算が取れないという話も聞きます。海外の事例については近いうちに書きたいと思います。

コメント(0)
コメントする

テレビの視聴スタイルに革命を起こすマシンが登場

2008-06-26 :, , , , , , , , , : DSI : 318 views

デジタルサイネージはテレビの視聴率低下との関連で語られることも多いです。テレビ CM の影響力が落ちてきているため新しい広告媒体が求められている、というわけです。そこで今回はテレビの話題を取り上げてみたいと思います。

テレビ番組を録り貯めるハードディスクレコーダーは別に目新しいものではありませんが、この「SPIDER」という製品はすごいです。実はテレビをほとんど見なくなって久しいのですが、この機械があれば再び見るようになるかも知れません。

SPIDER

製品自体の説明は、SPIDER のしくみや、小寺信良の週刊「Electric Zooma!」に詳しく載っているのでそちらにお任せしますが、簡単に言うと、全チャンネルの1週間分の番組をすべて録画するようになっていて、かつ、すべての番組について何時何分何秒に誰が出演したか、どんな話題が出たかなどの詳細情報も記録されるというもの。

もちろん、出演者や話題についての時々刻々のデータは、実際に番組をチェックして入力している人がいるわけですが(この仕事は結構大変そう)、こうした詳細な番組情報(メタデータ)がネット経由で SPIDER に配信されるため、例えばグーグルで検索するのと同じような感覚でテレビ番組の内容を自在に検索できます。

好きなタレントが一瞬でも出てきた番組を全部見るとか、あるキーワードに関するものを全部抽出するとかができてしまうので、これはもう自分だけの特集番組を自由に編集できるというのに近いです。また、全録なので事前に番組表を見て録画すべき番組を選ぶという作業からも完全に解放されます。

このマシン、実は昨年から業務用として販売されていて、すでに150社で使われているらしいです。 というのも、企業の中では競合他社の CM をチェックする仕事とか、自社がテレビでどう扱われているかを監視する仕事など、テレビを常時見張るような業務が結構あるらしく、その労力がこの機械に よって大幅に削減されるためです。また、ある瞬間の他局の裏番組の内容を瞬時に切り替えて見比べたりすることも可能なので、テレビ局関係者などにも使われている模様です。

こういう便利なものが出てくると、ますますCMなどはすっ飛ばして見たいシーンだけ見るようになるだろうと思われますが、実はCMについても企業名や出演タレントに加えて、CMソングの曲名やアーチスト名まで情報化されるため、話題のCMなど、自分の見たいCMを簡単に見つけ出すことが可能になります。

そうなると、ゴールデン枠以外のCMでもみんなが見たいと思えば見てもらえる可能性が出てくるので、番組とCM枠との関係も微妙に揺らいでくるでしょう。とはいえ、こうした超検索性とでもいうべき機能がすぐさまテレビに標準搭載されるとも思えないので、影響は限定的だろうと思われます。しかし今後はテレビもネットワークに繋がり、デジタル化によってメタデータの配信が開始されるので、こうした便利なサービスが誰でも低額(あるいは無料)で利用できるようになる可能性もあります。

いずれにしても面白い製品が出てきたものですね。

コメントを表示する(1)
コメントする

多人数同時参加型コンテンツ:Human Joysticks

2008-06-26 :, , , , , , , , : DSI : 1,133 views

大画面であり、多人数が同時参加できるエンターテインメントコンテンツという意味で、デジタルサイネージのヒントになるかも知れません。

技術的には、画面の下に設置されたカメラで人の動きを捉えてリアルタイムに映像に反映させる仕組みのようです。

アメリカ各地の映画館で行われたものだそうですが、参加者はずいぶん楽しそうですね。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=y6izXII54Qc]

こちらも合わせてご覧ください:

> 究極のデジタルサイネージ・コンテンツ(その1)

コメント(0)
コメントする

MIT が生んだ「本物の」3Dディスプレイ

2008-06-25 :, , , , , , , , , : DSI : 2,307 views

デジタルサイネージの展示会などでは、立体映像のいわゆる飛び出すディスプレイをよく見かけますが、本当に画面が飛び出してくるディスプレイというのはちょっと見たことがありません。

こちらはアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)で M. Goulthorpe 教授が発明したものだそうですが、実際に、物理的に飛び出す3Dディスプレイです。しかも巨大で、人間が触れても壊れたり怪我をしたりしないようになっています。

実際に街中のビル壁面に設置され、コカコーラの広告に使われた模様です。実物を見たらすごいインパクトがありそうです。

とにかく見ていただいた方が早いでしょう。動画でご覧下さい。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=Bbgo72EqfNc]

コメント(0)
コメントする

ヨーロッパで見つけた屋外広告(OOH)のアイディア

2008-06-20 :, , , , , , : DSI : 2,844 views

ヨーロッパ滞在中に見かけた、ちょっと変わった屋外広告(OOH)のアイディアを映像でご紹介します。

電車やタクシーの車内、エレベーターや待合室といった特定の場所を別にすれば、公共空間でデジタルサイネージの画面を見てもらうためには、通行中の人々に足を止めてもらう必要があるわけですが、そのヒントは伝統的な屋外広告の手法の中にも見つけられるかも知れません。

[youtube:http://jp.youtube.com/watch?v=L_s0OgqfbdU&ap=%2526fmt%3D18]

コメント(0)
コメントする

日本サムスン、低価格なデジタルサイネージを7月中に発売

2008-06-18 :, , , , : DSI : 9,992 views

一見地味ですが、これはビッグニュースです。

いずれ家電量販店でデジタルサイネージ機器が売られる日が来るだろうとは思っていましたが、これほど早くやって来ようとは。

日本サムスンは、低価格なデジタルサイネージ(電子ポスター表示システム)「ハルヱとケイジ」を7月末に発売する。縦表示の「HK32V001」と横表示の「HK32H001」をラインナップし、価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はともに19万8,000円前後の見込み。7月中旬からビックカメラ有楽町店とソフマップ秋葉原本館で先行展示を行なう。受注開始は6月20日。対応OSはWindows 2000/XP/Vista。

(以上、日本サムスン、低価格な電子ポスター表示システムより一部引用)

サムスンでは以前からデジタルサイネージソフト付きのパネル PC のラインナップがありましたが、今回は脚までセットで 20万円を切るという思い切った価格です。今回はスタンドアローンタイプのみですが、ネットワーク型もいずれ発売されるのではないでしょうか。

販売パートナーも、大塚商会、キャノンマーケティングジャパン、ソフトバンクBB、ダイワボウ情報システム、丸紅インフォテック、NECネクサスソリューションズ、グローリー、ファースト、キッセイコムテック、ビックカメラ、ソフマップと、抜かりない感じです。

7月中旬より家電量販店などで販売開始する。予想される実勢価格は約20万円。年間で3000台程度の販売を見込んでいる

日本サムスン、32型の一般店舗向けの電子看板を発売:ニュースより一部引用)

写真からだけでも、脚の構造をかなり工夫して生産コストを抑えていることが伺えます。

これを機にデジタルサイネージのコモディティー化が一気に進行しそうですね。

コメント(0)
コメントする

NPO が運営するデジタルサイネージ事例とそのビジネスモデル

2008-06-07 :, , , , , , : DSI : 1,607 views

NPO の運営するデジタルサイネージが JR 田町駅にあるのをご存知でしょうか?

5月末に新しく設置されたこの情報端末は「視覚障害者のための音声誘導ナビゲーション」であるという点が特徴で、デジタルサイネージの事例としては非常にユニークなビジネスモデルです。

[youtube:http://youtube.com/watch?v=yrlnTgQ9gI4]

NPO 法人 日本福祉環境協議会が運営するこのデジタルサイネージについて、システム構築と運用を受託されたコミュネット株式会社さんに詳しいお話を伺いました。

ビジネスモデルとしては、まず NPO 法人が端末を購入し、港区に寄付します。その後、NPO 法人は港区から運営の委託を受けて広告収入で運営をまかないます。

この端末のある田町駅芝浦口(東口)は東京都の管理下にあるため、都の景観条例など様々な条件をパスする必要があり、2006年冬から1年半がかりで設置にこぎ着けたそうです。東京都の許認可を受けるのに成功したポイントは、以下の2点だということです。

  1. ユニバーサルデザインに基づく福祉設備であること
  2. したがって、広告を主な目的としたものではないこと

NPO 法人自体、音声誘導システムの普及を活動目的の一つとしており、自身の提供するカード型発信器に対応した音声案内システムに、デジタルサイネージを組み合わせて行政に提案したというわけです。これによって、関係者全員にメリットが生まれます。

  • 港区は視覚障害者向け案内板の設置、運用に関わるコストを一切負担する必要がなくなる
  • 東京都はコストをかけずに福祉環境の充実をはかることができる
  • NPO 法人は自身のカード型発信器の利用価値を高めるとともに、広告収入により経費を捻出できる可能性がある
  • 近隣の事業者は新しい広告手段を手に入れられる
  • 視覚障害者にとっても暮らしやすい環境になる

最終的に住民の利益に還元されるというところがポイントでしょう。

現在のところ、広告枠はまだほとんど空いていますが、非常に安い料金設定になっているので近いうちに埋まるかも知れません。ちなみに広告枠は2種類あり、左上の32インチモニターをフルに使うものが月額26,250円〜105,000円、左下のタッチパネル式のカテゴリー分けされた周辺情報案内が6,300円〜21,000円(近隣の事業者のみ)となっています。なお、東京都の解釈では、周辺情報案内の部分については広告とは見なしていないそうです。

このような安い広告料がデジタルサイネージの標準価格になってしまうと、営利目的でデジタルサイネージを運営する事業者にとってはなかなか厳しいものがあるかも知れませんが、NPO 法人 日本福祉環境協議会では、1年間の試験運用の後、港区内のほかの駅前にも案内板の設置を進めたい意向だそうです。

また、筐体については、東京都の条例で奥行き20センチ以内と決められているため、冷却装置などは搭載せず、4つのファンによる強制排気だけとなっています。いちおう屋根がかかっているため直射日光はほとんど当たりませんが、屋外に近いので雨がかかる可能性があり、排気口にはキャップが取り付けられていました。

筐体背面の排気口

コメント(0)
コメントする