Page 1 of 512345»

「2008 年 8 月」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


「続きはWebで」をデジタルサイネージ広告に応用すると・・?

2008-08-29 :, , , , , , , , , , , , : DSI : 1,579 views

「続きはWebで」というテレビCMも当たり前になりましたね。CMで関心を持ってもらい、詳細はネットで検索してもらうというスタイルが、インターネットの普及によって可能になりました。

では、これをデジタルサイネージに応用するとどのようなコンテンツができるでしょうか?今回はそんなコンテンツを提案してみたいと思います。

「続きはWebで」のTVCM画面

テレビCMで「続きはWebで」と表示して視聴者に検索行動を促し、キャンペーンサイトへと誘導する手法を電通とヤフーが進化させた。Yahoo! JAPANで検索すると、検索結果にそのまま商品動画などを表示することができる。

「続きはWebで」が進化した! 電通とヤフーがYahoo!の検索結果にダイレクトに商品動画を表示するサービスを開発:MarkeZine より、一部引用)

デジタルサイネージの場合は「続きは(webではなくて)携帯で」となるでしょう。なぜなら家の外で使えるインターネット端末といえば携帯電話だからです。

実際のところ、携帯電話での情報検索について調べた調査によると、広告を見て気になった情報を携帯で調べるという行動は、すでにある程度一般化しているようです。

「携帯サイト・デイリーユーザー」の70%以上が、テレビや新聞、雑誌などの広告を見聞きして携帯サイトにアクセスした経験があると回答。広告を見聞きして気になった商品について調べる際、パソコンだけでなく、携帯電話も積極的に利用していることが明らかになった。

10代・20代で高まるクロスメディア傾向、年代・性別で携帯の使い方に大きな違いが【博報堂調査】:MarkeZine

デジタルサイネージでは一般に、じっくりと画面を見てもらうことは難しいのが現状ですが、短時間で情報を伝え切るというのもまた至難の業でしょう。そこで、短時間のデジタルサイネージで興味を持ってもらったら「続きは携帯で」ということで RFID や Bluetooth を使ってピッと情報を持って行ってもらうのがよさそうです。

歩きながらでも、気になった情報があれば携帯でピッと取ることができるので、あとからゆっくり見てもらうことが可能です。また携帯からアクセスする先のサーバーでログを取れば、広告効果の測定も簡単です。現在は携帯電話からアクセスした人の属性を取得することはできませんが、近い将来には個人情報と切り離したマーケティングデータが利用できるようになると思われます。そうした情報を蓄積して解析すれば、どのモニターがどういう属性の人に見られているかを継続的にモニターし、把握することが可能になるでしょう。カメラを使って外見から属性を推測する以外にも、いろいろと方法はありそうです。

デジタルサイネージ総研では、ほかにもいろいろなコンテンツのアイディアを提供することが可能です。コンテンツでお困りでしたらご相談下さい。

コメント(0)
コメントする

英 VMG がモールに新型デジタルサイネージを導入:Trafalgar Capital が 42.5万ポンド投資

2008-08-29 :, , , , , , , , : DSI : 868 views

全英にショッピングモール・ネットワークを運営する Vision Media Group が最新型のデジタルサイネージの導入に踏み切りました。クリスマス商戦に備え、10月までにまず100台を設置。広告は Clear Channel Outdoor UK が担い、合計240枚のスクリーンで月間 5,000万人の買い物客にリーチ、年間 370万ポンド(約7億4,300万円)の収益を見込みます。

The unique Iconic Pods, which were designed by VMG’s in-house product development team which has outsourced the manufacturing to a UK-based technology company. The initial fleet of 100 units will be in situ in shopping malls across the UK ahead of the 2008 Christmas period, traditionally one of the biggest spending quarters in the advertising year.

InvestEgate, Vision Media Group - Launch of Iconic Pods より、一部引用)

最初の100台の購入費用のうち 42万5,000ポンド(約8,500万円)を Trafalgar Capital Specialised Investment Fund が提供。以後の増設費用はこれらのメディアの運営収益から支払われる計画です。

VMG が新たに開発したデジタルサイネージ「Iconic Pods」はくさび形で、大型モニター2面に加え、タッチスクリーン式の情報キオスクを備えます。キオスク画面ではクーポンの発行、店舗への道案内、会員カードの勧誘などを行います。

The Iconic Pods

くさび形の筐体はドイツの街角でも見かけました。こちらは内照式の看板とタッチスクリーンの組み合わせで、片面は周辺の地図になっており、キオスク端末ではインターネットが利用できるようになっていました。

日本にはほとんどありませんが、ヨーロッパでは街なかでインターネットの使える端末をよく見かけます。

ドイツの OOH キオスク端末

コメント(0)
コメントする

導入時に気をつけたい「デジタルサイネージの落とし穴」トップ10

2008-08-28 :, , , : DSI : 5,216 views

さあデジタルサイネージを導入だ!と決断したあとに気をつけるべき事柄のトップ10をご紹介します。題して「デジタルサイネージの落とし穴」トップ10。

No. 1:明確な目的の欠如

デジタルサイネージを使えば効果的なマーケティングができ、潜在的な顧客の購買行動に影響を与え、ターゲットごとに最適なメッセージを送ることができます。とはいえ、明確な目的がなければ成功はおぼつきません。

事前にしかるべき時間をかけて、実現したいシステムの姿を紙に書き出すことで、方向性と焦点が定まります。曖昧な目標を掲げて努力しても無駄な費用とフラストレーションを生むだけです。

No. 2:デジタルサイネージをITプロジェクトと誤解する

デジタルサイネージ・ネットワークと聞くとITっぽく聞こえますが、ITプロジェクトだと考えるのは危険です。

優秀なITマネージャーであっても、普通はデジタルサイネージの成功に必要な経験を持ち合わせていません。ITマネージャーはデジタルサイネージをパワーポイントのプレゼンのように考えてしまいがちですが、実際には全く違うからです。

パワーポイントは素晴らしいビジネスツールですが、テレビ番組やCM、ニュースやプロモーションビデオをパワーポイントでつくることはあり得ません。実際には、デジタルサイネージの扱う内容は会議室よりはテレビ局のそれに近いのです。そのことを忘れないでください。

No. 3:コンテンツの欠如

コンテンツのないデジタルサイネージなんて、記事のない新聞みたいなものです。

デジタルサイネージをやるという決断の裏には、何らかのコミュニケーションをしたいという意図があるはずです。しかし、コンテンツなしのコミュニケーションはありえません。幸いなことに、ロゴやCM、プロモーションビデオ、印刷広告、図面などの既存のリソースをデジタルサイネージのコンテンツとして再利用することが可能です。

加えて、RSS フィードは常にアップデートされる新鮮なコンテンツの供給手段として優れています。ニュースや天気、スポーツの試合結果などの情報があれば、視聴者の関心を引けるでしょう。

ソースが何であれ、コンテンツはデジタルサイネージの成功を左右します。コンテンツをどこから持ってくるかはネットワークの設置それ自体と同じくらい重要です。

No. 4:プロジェクトマネージャーの欠如

国際宇宙ステーションの設計ほどではないにせよ、デジタルサイネージ・ネットワークの構築は複雑な仕事です。そうしたプロジェクトでは予期せぬ問題の発生が避けられないため、その影響を最小限にとどめるためには独立した専任マネージャーの存在が不可欠です。複数のマネージャーによる委員会などはマネージャーがいないのと同じで役に立ちません。

No. 5:コンテンツをアップデートする人がいない

RSS フィードやニュース配信サービスは鮮度のある情報源ですが、あなたの会社の独自のメッセージや最新情報はどうしますか?

視聴者に見てもらえるデジタルサイネージ・ネットワークを維持するには、新鮮なコンテンツが際限なく必要です。したがってデジタルサイネージの運営には、優秀かつ強力な人材をコンテンツ制作者として配属する必要があります。さもなければ、ネットワークに流れるテキストや画像、ビデオは瞬く間に古ぼけてしまうでしょう。そうなってしまっては逆効果です。いったん「前に見たからいいや」という印象を持たれてしまうと、それをくつがえすのは困難です。

No. 6:安物買いの銭失い

予算を気にすることは何も悪いことではありません。が、ディスプレイやコントローラー、ソフトウェアといった製品や、コンテンツ制作を含めたサービスの選択を、値札だけを基準に行うのは長期的に見て得策ではありません。

コストだけを見て組み上げられたシステムではポイントをはずしてしまいます。デジタルサイネージ・ネットワークでは、目的とする人々に情報を伝えることが重要です。単に安いからという理由で購入したシステムは、節約したお金以上の機会損失を招いてしまう危険性があります。

No. 7:設置場所がきちんと決まっていない

モニターをどこに設置したいのかを決めておくことはいくつかの理由で重要です。まずプレイヤーのレイアウトのためにはモニターの位置が決まっていなくてはなりません。プレイヤーからモニターまでのケーブル長を考慮する必要があるためです。位置をしっかり決めておくことで、設置工事の費用や再工事による無駄な出費を抑えることができます。

2つめは、実際に設置する場所の決定で、これはマウント方法の検討に欠かせません。また電源の確保、周辺の邪魔な光源への対処などもできませんし、悪くすれば、No.1 に挙げた目的の欠如を示すサインかも知れません。

No. 8:設置業者のゼネコン的能力の欠如

デジタルサイネージの設置作業はかなり複雑です。壁に穴をあけたり、独立アースの電源を増設したりといった目に見える作業のほかにも、ダクトの移動や壁の補強などの微妙な調整作業がその都度発生します。そのため、ゼネコン的実績のある業者を選んだ方が無難です。場合によっては大工や電気工、配管工、空調工などが必要になったとしてもおかしくありません。これら全ての職工をまとめて管理できる業者に頼んだ方が、時間とコストを節約できるでしょう。

No. 9:システムの習熟期間を十分に取らない

デジタルサイネージの担当者は、その成果を経営陣に早く見せたいと急ぎたがるものです。相当な金額を注ぎ込んでいるのだから、できる限りはやくお披露目するのが当たり前というわけです。

しかしながら、デジタルサイネージ・システムのためのコンテンツを制作し、スケジュールを組み、表示内容を切り替えるにはスキルが必要です。デジタルサイネージ・ネットワークを使いこなせるだけの訓練を積むには時間がかかります。十分な習熟期間を取れないまま一般に公開したとしたら、コミュニケーションのための努力を台無しにしてしまうことでしょう。

No. 10:計画段階で将来の拡張を考慮していない

先のことを考えない計画は高く付きます。将来に目を向けておかないと、拡張を実現するために未償却の機材を取り替えなければならない事態を招くかも知れません。経験上、デジタルサイネージを導入した後には例外なく拡張への興味が出てくるものです。はじめから備えておきましょう。

Project Management | Top 10 deployment pitfalls | Digital Signage Today より、一部を翻訳して引用)

いかがでしょうか。当たり前のことばかりに思えますが、意外に陥りやすいのが落とし穴です。

コメント(0)
コメントする

地下鉄とデジタルサイネージと無人店舗:韓国の最近の事例

2008-08-28 :, , , , , , , , : DSI : 1,907 views

ソウル市の地下鉄1号線、3号線、4号線の全駅(67駅)で、電車の到着や行き先を知らせる表示板が LED から液晶パネルになるそうです。LG Display Co., Ltd. が来月中(2008年9月)に 2,500枚のモニターの設置を完了する予定。

液晶化された韓国ソウル市地下鉄の案内表示板

また、LG Display 社 では 2008年中に韓国内のコンビニチェーン GS25 に 4000台のデジタルサイネージを設置する計画だそうです。

この GS25 というコンビニですが、元々は LG25 という名前だったことからもわかる通り、LG グループ傘下の経営です。また GS25 は最近、韓国初の無人コンビニをオープンしたことでも話題になっています。賞味期限も自動的に管理して期限切れの2時間前になると販売を止めるそうです。

デジタルサイネージと無人店舗、なんだか未来的ですね・・。

店員の代わりに自動で商品の賞味期限を管理し、冷蔵温度を維持するシステムを運営することで、賞味期限が近づいた商品は2時間前に販売が自動的に中止とな る。GS25は、無人コンビニは一般店舗の営業費の7割以上を占める人件費、電気代などを大きく節減でき、高い収益率を上げられると話している。

同社は小規模な病院やオフィスビル、大学、バス停留所など、一般のコンビニを運営するには狭いスペースに無人店舗を拡大、年内に50店舗をオープンする 考えだ。同社関係者は、今後はクレジットカードや交通カードなど決済手段を多様化し、在庫情報もインターネットでリアルタイムに確認できるシステムを開発 し、適用する計画だと話している。

国内初の無人コンビニ、GS25がオープン|社会・文化|韓国ソウル|ニュース|「コネスト」 より、一部引用)

コメント(0)
コメントする

10月15〜16日までニューヨークで展示会:Digital Signage Show in New York

2008-08-27 :, , , , , , : DSI : 163 views

最近は毎月のように世界のどこかでデジタルサイネージの展示会が開かれるようになってきましたね。

10月15〜16日まで、ニューヨークで The Digital Signage Show が開催されます。今回も情報キオスク関連の展示会 KioskCom Self Service Expo と同時開催です。

The Digital Signage Show Logo

9月は12〜16日まで、オランダのアムステルダムで IBC 2008 が開催されますし、16〜18日までは米フィラデルフィアで Digital Signage EXPO / East 2008 があります。

さらに10月にはロンドンで1〜2日まで The Digital Signage Show Europe 2008 が開催と、とても全部見に行くわけにはいかない状況です。

私は今回、フィラデルフィアをやめてオランダの IBC 2008 を見に行ってきます。ついでにロンドンに立ち寄って地下鉄のデジタルサイネージの様子なども見てくる予定です。レポートにもご期待ください。

コメント(0)
コメントする

サーフェス・コンピューティングとデジタルサイネージ

2008-08-27 :, , , , , , , , , , , : DSI : 473 views

マイクロソフトが提唱する新技術 サーフェス ですが、近い将来にはこうしたテクノロジーがデジタルサイネージにも使われるのではないでしょうか。

こちらのデモビデオでは、店頭で顧客が商品をカスタマイズして注文したり、無数のワインの中から好みのワインを選んで注文するための、非常に洗練されたインストア・アプリケーションが登場します。

マウスやキーボードではなく手で直接操作できるだけでも体験の質が大きく変わりそうです。映画『マイノリティ・リポート』 の世界に一歩近づきますね。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=Zxk_WywMTzc]

コメント(0)
コメントする

デジタル化の次はやはり3Dらしい

2008-08-26 :, , , , , : DSI : 426 views

紙の広告がデジタル化されるとデジタルサイネージになるわけですが、デジタル化の次はやはり3Dの方向に進むような気配です。

一足先にデジタル化が進んでいる映画の世界ではすでに3D化が始まっており、東欧および中欧では映画館のデジタル化と同時に3Dシネマの導入が進んでいる模様です。62のシネコンに563のスクリーン、11万3,000席を保有する最大手企業が3Dシネマの導入を始めたことが注目を集めています。

Cinema City International’s decision to offer their audience the digital 3D cinema experience might have a signal effect on the cinema industry, as the Cinema City Group is the largest multiplex theatre operator in Central and Eastern Europe, and in Israel. As of July 2008, Cinema City operates 62 multiplexes with 563 screens and 113 000 seats.

Cinema City International Goes Digital and 3D より、一部引用)

もちろんアメリカや日本でも3D作品の見られる映画館は増えています。国内では 2007年に大手シネコンチェーンのティ・ジョイが8カ所、ワーナー・マイカルが既存の2カ所に加え、新たに18カ所に上映システムを導入しています。

米国では3D映画システムの普及に弾みがついている。昨年3月公開のディズ ニーアニメ『ルイスと未来泥棒』は、581スクリーンで3D上映され、総興行収入の28%に当たる710万ドルを上げている。3Dスクリーンは今年 1500以上、来年には3000まで広がるとの声もある。

今年は「3D映画」元年になる 米国でシステムが急速に普及し、話題作も続々公開へ - 日経トレンディネット より、一部引用)

人々が3D映像の魅力に触れる機会が増えればデジタルサイネージの3D映像も効果を増すのでしょうが、映画の3Dは特殊な眼鏡をかけて見る方式です。デジタルサイネージの場合は街中で眼鏡をかけさせるわけにはいきません。裸眼立体視でなければならないため、ハードルは少し高そうです。今後の技術革新に期待ですね。

コメント(0)
コメントする