「2009 年 1月」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


デジタルサイネージがイスラムの教えを説く

2009-01-28 : : tsuge :

アラブ首長国連邦にある500以上のモスクに、この春デジタルサイネージネットワークが導入されます。宗教関連施設でいまだかつてない大規模と言われています。
国家機関によるプロジェクトで、既存の300か所のLCDモニターのアップグレードと、今回新たに250か所新設(業者はサムスン等代理店のAlpha Data)で、いままでマニュアルでコンテンツを更新していたところを、新しいネットワークはGSMで一括制御されます。
コンテンツはお祈りのタイミング、コーラン、主要なモスクでの説教などが配信され、テレビ会議にも使われるそうです。
「我々の使命は、信者が常に情報を享受できるようにすること」と当局は語っていますが、このネットワーク整備の目的のひとつは、イスラム地域の穏健派として、政治的にも経済的にも”西側”とアラインしている国、というイメージを広くプロモーションする為とされています。
設置は3月に完了予定ですが、UAEにおけるサイネージの盛り上がりを反映しています。ガルフニュース紙によると、今年125%の成長が見込まれていて、この時期としては他の地域を引き離す高成長が期待されています。
昔しばらくドバイの近くに住んでいた当時の記憶を辿ると、時間になるとコーランが聞こえてくる以外は、中で何やっているのか、当然立ち入り禁止で、神秘に包まれていたイメージだったモスクに、デジタルサイネージのネットワークが構築されるというのは違和感がありますが、時代の流れですね。サイネージの役割はここにも広がりを見せています。ずばり販促ではなく、コミュニケーションツールとしても注目度が高まっていることがわかります。

Mosque screens will preach moderate Islam から一部引用)

コメントする

3Mから画期的販促ツール、バーチャルマネキン型スクリーン

2009-01-28 :, , , , , : tsuge :

3Mは1/14-17にロンドンBETT2009で初披露したバーチャルマネキン技術を2/3-5にアムステルダムで開催されるISEに出展します。
このバーチャルマネキンは3MのVikuiti™リアプロフィルム技術によるもので、例えば店頭で、録画された店員の映像に基づいて、5ミリ厚のVikuitiフィルムが、レーザーで店員の上半身のサイズと形そのままにカットされます。フィルムはその状態で店頭に設置され、下半身が映し出されるしくみになっています。映像はリアプロで映し出され、音声もマネキンの足の部分に設置されたスピーカから聞こえてくる、というしかけです。5ミリ厚で軽量なので自立型の設置に適しています。4:3と16:9のフォーマットが選べ、60インチから95インチ(対角)まで対応可能です。
3M
「POS市場は変貌を遂げていて、この業界に注目する広告業者には、アイデアと創造力次第でチャンスは無限に広がっている」と3MのOptical Systems divisionのEU Marketing ManagerのLoyd Cole氏は語っています。「人体、アニメのキャラクター、その他想像上のかたち、どんな形にも対応可能。店頭でのコミュニケーション型販促ツールとして画期的な媒体。」と続けていますが、コミュニケーション機能の拡張も期待でき、店頭だけでなく、あらゆる分野に活躍の場を広げそうです。
この不況下、例えばパソコンなどは完全に激安競争の渦の中で、新技術への視線は冷え切っていますが、この3Mのような新技術が出てくることは業界の先行きの明るさを示しています。実際、この不景気の中でもデジタルサイネージ分野は比較的堅調で、09年のDOOH向けモニタ出荷は前年比44%増(Display Search)とのことです。経済事情により、車から電車に乗り換える人が増え、車内広告の視聴率が上がることや、ファストフードチェーンでのDOOH需要の高まりを予測しています。
3M Demonstrating Virtual Mannequin at ISE 2009 から一部引用)

コメントする

タイムズスクエアでも「グリーン」がトレンド

2009-01-15 :, , , , , : tsuge :

タイムズスクエアのビルボードも近頃グリーン化の流れですが、最新の事例として、コカコーラのビルボードの風力駆動化を紹介します。コカコーラは従来タイプの電源供給から「エコ・フレンドリー」な風力発電による供給への切り替えを、人々の注目が集まる大晦日の31日に設定し、アルミ缶とペットボトルのリサイクルを宣伝するキャンペーンも同時に実施しました。企業として「エコ」をマーケティングツールとして積極的に打ち出しています。
green_ad
ちなみにこの巨大サイン一台を風力駆動に変えることで、年間に38戸の一般家庭の電源供給を同じく環境にやさしい方式の電源供給に変えるのと同じ削減効果が得られるそうです。
そして、30余りあるこのエリアのその他のデジタルビルボード業者もこれに追随する動きを取っているとのことで、サイネージ業界でも環境訴求の動きが高まっていることを表しています。グリーン電源のソリューションはCon Edison社によるものです。
一方でライバルのペプシは、同じく大晦日にタイムズスクエアで対抗イベントを打ち出しました。44thストリートにあるABC Super Signに一般の人が写真やメッセージをアップロードできるというものです。
こちらはいかにもアメリカらしいですが、地味ながら大切なことである環境対応に正当な評価が与えられることを期待します。
(Times Square billboard firms turn to wind power から一部引用)

コメントする

C-narioのマルチメディアシステムによるイスラエル古代都市の復活

2009-01-12 : : tsuge :

デジタルサイネージのソフト会社C-narioは、博物館や博覧会のメディアプロジェクトを手掛けるイスラエルのDisk-In Pro との300万ドルプロジェクトを完了しました。これは、イスラエル北部の都市ベイト・シェアン(Beit Sh’an)の古代遺跡に、マルチセンサーメディアシステムを設置するというものです。ベイト・シェアンは、紀元後749年の大地震により破壊された古代ローマ都市スキソポリスの遺跡に、毎年40万人前後が訪れる観光都市です。
観光客は今後、ローマ時代の人々の姿や当時の風物が声、映像音声とともに遺跡に映し出され、当時の情景や日常を再現するのを観ることができます。
このマルチメディアプログラムはC-nario社のEntertainerによるもので、プロジェクター、スピーカなど遺跡上の全てのメディアソースを統括して制御しています。
サイネージというと商業的なものをついイメージしがちで、このプロジェクトも集客目的に他ならないのですが、スケールは壮大で文化的意義も大きく、国境を越えてサイネージが人々に感動や影響を与えることができるという意味で、これからのサイネージが担う役割の大きさを感じる案件ですね。デジタルサイネージは博物学で言うところのWunderkammer(驚異の部屋)に繋がる技術かもしれませんね。

(C-nario Entertainer Brings Ancient City Alive から一部引用)

コメントする

霧の中からデジタルサイネージ

2009-01-09 :, , : nishizawa :

フィンランドのFogScreen社が初めての小売業の顧客(ファッション・モール)を獲得しました。この企業の革新的なディスプレイは極小の水滴で作られたスクリーンにイメージを投影するタイプのものです。
フィンランドのショッピングセンターIdeaparkのファッションエリアに3mの長さのスクリーンが設置されました。FogScreenのスクリーンは半透明で、非常に小さな水滴で構成されているため触っても乾いた感じだそうです。
マーケティングに5年以上費やしてきた同社は今後、店舗やモール向けに、更なる商品開発を考えています。
写真だけでは分かりずらいので動画でご覧下さい。子供が楽しそうに遊んでいます。
[youtube:http://jp.youtube.com/watch?v=gZK5Y_J-UCY&feature=PlayList&p=C2BAFB0F1D35FA67&playnext=1&index=6]
デジタルサイネージには続々と新しいテクノロジーが活用されるようになってきていますが、その多くはインタラクティブ・アートやメディアアートに源泉があるように思います。今後はデジタルサイネージとアートの境界線上にあるクリエイティブが新たな潮流として増えていくのではないでしょうか。

Finland’s FogScreen has won the first retail customer for its innovative display which projects images onto a see-through fog of minuscule droplets.
(Fashion mall projects promotions onto fogより、 一部引用)

コメントする

デジタルサイネージと3D・ホログラムの関係

2009-01-08 :, , , , , : niwa :

デジタルサイネージ専門の広告代理店であるAdcentricityはProvision Interactive Technologiesの3Dデジタルサイネージネットワークの販売に関する5年間の契約を締結しました。既にアメリカからカナダにかけての100,000枚規模の広告枠の販売を手掛けています。
Provisionの新しいネットワークはメガネを必要としないタイプのもので、写真にあるようにドナルド君の前にソフトドリンクの缶が浮かんでいるように見せることができます。また南カリフォルニアに数ある小規模なグロサリーストアの中で計47店舗に3DEO Rewards Centerと呼ばれるホログラム型のキオスク端末を設置し、ユーザーがクーポンを入手することが出来るようになっています。
3D
オフィシャルサイトを見ると、Provision社はマクドナルドの事例以外にも、レストランチェーンのFriday’s  やシューズメーカーのSketchersなどへの導入実績があります。またgoogleがパートナー企業になっておりGoogle Kioskという端末のイメージが掲載されています。
デジタルサイネージとホログラムや3Dなどの技術は親和性が高く、上手く使えば広告効果をあげる事が想定されます。ただ最初に「ホログラム」や「3D」ありきでマーケティング施策をスタートするのではなく、ユーザーにメッセージを届ける一つのツールとして利用してゆく必要があります。
韓国のFamily Martに導入されていた3Dのデジタルサイネージは全く注目されていませんでした。(実験的な導入かもしれませんが・・・)
携帯とデジタルサイネージの記事でも書かせて頂いたように、ユーザーは具体的なメリットを求めるので単なる「びっくりドッキリ装置」ではなく、トータルなマーケティングプランの一環として、デジタルサイネージにホログラムや3D利用される事例が日本でも更に増えてくることが期待されます。

Digital out-of-home specialist Adcentricity has signed a five-year contract to sell advertising on Provision Interactive Technologies’ 3D digital-signage network.
(Provision signs up sales house for hologram networkより、一部引用)

コメントする

韓国デジタルサイネージ市場をレポートする交流会 1月20日に開催

2009-01-07 :, , , : nishizawa :

韓国はサムスンやLGなど有力なパネルメーカーを擁するデジタルサイネージ先進国で、大手から中堅企業まで数多くの事業者がサイネージのマーケットに参入しています。今回KOTRA が主催するKorea IT Cafeで最新の韓国デジタルサイネージ事情をレポートする交流会が開催されます。お隣の国の一歩進んだ動きを知るチャンスです。ご関心のある方はぜひご参加下さい。
第10回 Korea IT Cafe を1月20日に開催   定員20名  参加無料 要予約

■テーマ:「韓国デジタルサイネージの市場動向について」
日韓ITビジネスの最前線で活躍している韓国企業の方をゲストに招き、韓国IT
ビジネスについてお話いただき、お客様と共にディスカッション、情報交換する
Korea IT Cafeを1月20日に開催いたします。
韓国IT企業の方と交流を持ちたい企業の方、韓国ITの新しい情報を得たい方、
韓国企業との新規事業をお考えの皆様など、今回のイベントにご参加いただき
ビジネスヒントを得てくださいますようお願い申し上げます。
会議室の席の関係上、完全予約制で、20人の定員で締め切ります。お早めにお申
込み下さいますよう、お願い申し上げます。
■内容
韓国でDigital Information Display(DID)と呼ばれるこの商品は、最近、街を
歩いていると、よく見かけるようになりました。韓国では、地下鉄駅、コンビニ
銀行やホテルのロビー、店舗に置いてあり、情報の発信や商品の案内役として活
用されています。今回は、ユビキタスシティつくりに国をあげて取り組んでいる
韓国のITビジネスの中で、需要の拡大を見せるデジタルサイネージの市場動向と
その活用事例を写真で紹介しながら皆様と意見交換をしたいと思います。
18:30 ~  ES Communications 李徳裕社長による韓国のDIDの事例紹介
19:00 ~  質疑応答、意見交換 (軽食あり)
20:00 ~  名刺交換
■ 発表者プロフィール 李徳裕(りー どくゆ)氏
韓国ソウル生まれ
1990~1997年  三星電子 日本駐在
2001~2005年 デジタルサイネージソリューションベンダー Nexcode System
海外事業担当(2002.11から東京駐在)
2006~現在    日本法人 株式会社ES Communicationを設立
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■実施要綱
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
日時:2009年1月20日(火) 18:30~20:00(18:15から受付開始)
場所:KOTRA 東京IT支援センター 大会議室
http://www.kiica-tokyo.com/contact_us/index.html
主催:大韓貿易投資振興公社(KOTRA) 東京IT支援センター
お申込方法:
以下URLからお申込下さい。予約制です。20名の定員になり次第、締切ります。
http://www.kiica-tokyo.com/info_center/seminar/syosai/index.html?seid=119
お問合せ先:
03-5501-2847 直井
event@kiica-tokyo.com
コメントする

中国フォーカスメディア社に新たな展開!

2009-01-06 :, , , , , , : DSI :

中国最大手デジタルサイネージ運営会社フォーカス・メディア・ホールディング社(分衆伝媒)が、インターネット広告事業、映画館向けの広告ネットワーク事業などを除き、その急成長の基盤となったビルや店舗向けのデジタルサイネージ事業を売却することになりました。買主は、中国の大手ポータル運営会社SINA Corporation(新浪)であり、2009年第2四半期末までに売却が完了する予定です。
2008年12月22日の発表によれば、SINA Corporation社が買収する事業は、2008年第3四半期のフォーカス・メディア・ホールディング社の業績において、売上高224.8百万米ドルの52%、粗利益109.7百万米ドルの73%を稼ぎ出している部門です。シーナ・コーポレーション社は、買収代金として4,700万株の自社の新株をフォーカス・メディア・ホールディング社に割り当て、それらの株式は既存のフォーカス・メディア・ホールディング社の株主に分配される予定です。この買収が発表された時点では、シーナ・コーポレーション社の株価から、13.7億米ドルの買収価値と算出されましたが、この発表直後からシーナ・コーポレーション社の株価は下がり続け、12月24日終値では10.8億米ドルまで下落しています。株式市場は、この買収をネガティブに見ていると言えます。
フォーカス・メディア・ホールディング社のCEOのTan Zhi氏はSINAのコンテンツの強さとデジタルサイネージの機能を活用する事により、合併後は事業のシナジーによりお客様により良いサービスを提供し、中国のメディア産業で競争力を持つと語っています。しかし、フォーカス・メディア・ホールディング社の91都市に展開する120,131枚(2008年第3四半期末現在、自社保有分は114,300枚)のLCDは、ネットワークで繋がっておらず、コンテンツの一括配信・管理は出来ない状態です。シーナ・コーポレーション社が、このネットワークにどんな価値を見出しているのは不明です。
しかし、世界的規模の不況の底が見えない現在、もう少し時間をかけて検討する選択肢もあったはずです。仮に、シーナ・コーポレーション社がデューデリジェンスを十分に行わず、この買収を急いだとしたら、その要因になったのは、Bloomberg.comの記事でも指摘された他の買収者の存在があります。

Sina Corp., operator of China’s biggest Web portal, may buy part of Focus Media Holding Ltd. for about $1 billion to expand into non-Internet advertising, four people familiar with the matter said
Sina May Buy Assets From Focus Media for $1 Billionより一部引用)

2008年12月19日、Google Incがフォーカス・メディア・ホールディング社を買収するという噂が流れ、株価は19%上昇しました。また、Google Incの前には、フォーカス・メディア・ホールディング社は、Microsoft Corporationと買収に関する話合いを持ったと言われています。シーナ・コーポレーション社にとって、資金力のある競争会社に勝つため、即断即決が求められたとも考えられます。
11月12日にシーナ・コーポレーション社は、2008年第3四半期売上高は、前年同期比64%増の105.4百万米ドル、同純利益が、前年同期比28%増の22百万米ドルと発表しました。しかし、北京オリンピック終了後、経営環境は悪化しており、同日にシーナ・コーポレーション社は、第4四半期の売上高が98~101百万米ドルのレンジになると発表しており、2009年は更なる落ち込みが予想されており、新たな収益基盤としてフォーカス・メディア・ホールディング社の事業獲得は最重要課題でしょう。(98百万米ドルの場合は前年同期比7%減)
一方、フォーカス・メディア・ホールディング社は、11月10日に2008年第3四半期売上高は、前年同期比63.7%増の224.8百万米ドル、同純利益が、前年同期比10%増の51.4百万米ドルと発表しました。しかし、こちらは、シーナ・コーポレーション社以上に財務状況が悪化する可能性があります。
その根拠は、2008年4月10日、フォーカス・メディア・ホールディング社は、その子会社が行っていた個人情報を無断で利用してきたテキストメッセージ広告事業を見直し、売上計画も、従来の900~930百万米ドルのレンジから860~890百万米ドルのレンジへ下方修正したことです。この事件が及ぼした影響は、業績だけで留まらず、フォーカス・メディア・ホールディング社に対する広告主と消費者の信頼を損ない、株価は大きく下がり、創業者兼CEOの江南春氏も事業拡大の意欲を喪失したと言われています。身売りせざるを得ない理由があるのです。

北京でもガソリンスタンドに車列!!中国人の個人情報意識に火を点けたケータイ・ダイレクト・メール

       (北京ビジネス最前線改め中国ビジネス後方基地より一部引用)
前年比64%を売上げる急成長中の企業が成長の要であるはずの事業を売却する、一見意外に見える展開ですが、矢継ぎ早の買収による急成長の足元は意外に脆いようで、買収後は円滑ではなく、システム統合がうまくいかない等のトラブル続きの様子です。コンテンツ、インフラ、すべてを包括したソリューション提供が求められるこの分野で、企業の核となる強み(いわゆるコアコンピタンス)が追い付けないほどのスピードでの成長が今回の売却を生んだと言えます。
フォーカスメディア社のCEO,Tan Zhi氏が語るようにこの売却が幸福なマリアージュとなるか今後の状況を注目して見ていきたいところです。
focusmedia

コメントする

デジタルサイネージと携帯の組み合わせが最強な理由

2009-01-02 :, , , , , : DSI :

デジタルサイネージと携帯電話は、互いに弱点を補完し合い利点を活かし合うことができる最高の組み合わせだと考えられます。
世界の携帯電話人口はすでに 30億人を超え、2013年中には 55億人に達すると見られており、非常に影響力のあるメディアになってきています。とはいえ事業者がユーザーの携帯画面に強制的に広告を表示させることは難しいため、クーポンや商品情報へのアクセス方法をユーザーに伝えるためには、雑誌やポスター、デジタルサイネージなどのメディアに頼らざるを得ません。
一方、デジタルサイネージの広告効果は視聴者が画面を見ている間に限定されてしまいますが、その場で視聴者の携帯電話にメールやクーポンなどをダウンロードしてもらうことができれば、視聴者が後からその情報にアクセスしたり、ほかの人に転送したりすることも可能になります。
消費者は具体的なメリットを求めるので、クーポンの提供やくじ引きへの参加、賞品付きのゲームの提供などが有効です。デジタルサイネージによって効果的にキャンペーンを告知し、携帯電話を使って参加してもらうことで、広告効果を飛躍的に高めることが可能になります。またキャンペーンへの参加者から様々なフィードバックを得ることも可能です。
こうしたキャンペーンの実施もソフトウェアの利用によって自動化できる部分が増えており、費用も最小限に抑えられることから、今後はデジタルサイネージと携帯電話を連携させる使い方が増えてくるでしょう。

The proliferation of mobile devices provides place-based digital signage marketers a unique opportunity for extending their ads beyond the screen.
The Power of Convergence: Digital Signage Meets Mobile より、一部引用)

コメントする