「2010 年 12月」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


Nike Store 吉祥寺で3Dプロジェクションマッピング→T601インタビュー

2010-12-24 :, , , , : DSI :

最近何かと話題の3Dプロジェクションマッピングですが、12/23-25期間中Nike Store 吉祥寺の10周年記念のイベントとして「NIKE KICHIJOJI 3D ILLUMINATION」行われました。テーマは「好きに走れ」だそうです。下記がバイラルムービーですが、なにやらかっこいい雰囲気が満載です。

制作を担当された制作チームT601さんのリリースを引用させて頂きます

私達はT601という映像制作、デザインチームです。

東京と大阪で活動しています。
今回NIKEの事例でも使用した”3Dプロジェクションマッピング”を使った演出は、
広告としては日本初(電通調べ)で大阪道頓堀でNTT docomo様をクライアント
として弊社で企画制作、映像クリエイティブからマッピング技術までを駆使し実施しました。
去年の12月のことです。
http://vimeo.com/10578604 (見やすく編集してるバージョン)
http://www.youtube.com/watch?v=FXdSPWc85r4&feature=related
下記は他の事例。私達が数年前よりアート活動の一環としてやっていました。
http://vimeo.com/10579488
http://vimeo.com/10578994
今回のナイキの事例も全く同じ表現をしております。
A
私たちは”世界中をキャンバスにしよう”というテーマでアートデザイン活動をしておりまして、
3Dプロジェクションマッピングはその活動の一例です。
弊社のプロジェクトはLANP(Lighting Art Makes New Presence)という名前です。
新しい映像の可能性を追求しております。
B
広告活動でないアート活動のプロジェクションマッピングも近いうちに東京でやる予定にしておりますので、
また皆様に連絡させていただきます、
http://www.lanp.jp/

■制作を担当されたT601のディレクター松本さんとグループ会社スイッチのプロデューサー福本さんにちょっぴりお話を聞いてきました!
DSI T601はどんな制作チームになりますか?
関西を中心に活動していた映像デザインチームです。企画、演出、デザインなど様々なメンバーが集まり、一貫して映像を作り上げるのを得意としています。最近東京にも拠点を持ち首都圏にも活動地域を広げています。仕事ではCM、映画、PVなどのモニターで流れるハイクオリティーな映像制作もしますし、今回のような3Dプロジェクションマッピングなどを含めた新しいジャンルの表現は”LANP”というプロジェクト名で活動しています。LANPでは様々な新しい映像表現の可能性を追求、”世界中をキャンバスに”をテーマに活動してます。
T601
左からスイッチ福本さん、T601松本さん
DSI 今回のNIKEさんの案件のきっかけや、制作にあたって大変だったことはどんな事でしょうか?
仕事のきっかけはNIKE様が僕らのことを気に入ってくれたことですかね。クライアントが僕らのデザインを信頼してくれて、ほぼ内容はお任せだったので楽しく制作できました。周囲環境も重要な要素になってくる部分の多い表現なのですが、音楽を頼んだミュージシャンも、その辺りを考えてくれた曲で映像と環境と音楽が上手くシンクロできたと考えています。
takahashisan
音楽を担当された高橋琢哉さん
DSI 3Dプロジェクションマッピングは海外での事例が多いと思いますが、注目している他の制作チームや作品はありますか?
アメリカ関係の会社は資本も巨大で、イベントとしても大きいことをやってるので、楽しそうだなと注目してます。
DSI 今後の活動の予定を教えてください
仕事の企画はお話できませんが、私たちのアート活動として企画してることがあります。3Dプロジェクションマッピングは、関西では街中でアート活動として巨大な建物に投映し実施したこともありますし、広告として日本初で3Dプロジェクションマッピングを使った道頓堀での事例でもたくさんの人が見に来てくださいました。東京でも一度見たいという声を多く聞きますので、東京で建物にマッピングする企画を考えている所です。その時は皆様をご招待できたらと考えています。
DSI ありがとうございました!
DSI
3Dプロジェクションマッピングは屋外の公共空間を使うので許認可関連が大変だとお話されていましたが、企業のコマーシャル以外であれば許される場所もあるそうで、T601さんはクライアント案件ではなく自身の作品としてなんばHatchに投影を行ったことがあるそうです。NPOやソーシャルなプロジェクトでプロジェクションマッピングを行うのも面白いかもしれませんね。「お寺でやってみたい!」とも仰ってましたが、大学の敷地内なども可能性がありそうです。ともかくクリエイティブ力と実施力のあるチームですので、興味のある方は連絡してみてくださいね、

コメントする

日本最大級デジタルサイネージ ユニカビジョン@新宿 インタビュー

2010-12-14 :, : DSI :

新宿東口ヤマダ電機のあるビルに設置されている大型ビジョンをご覧になった事のある方も多いかと思います。このビジョンを運営されているユニカさんにちょっぴりインタビューをしてきましたので掲載しますね。
DSI 簡単に御社の事を教えてください?
当社(株式会社ユニカ)は新宿東口街頭ビジョン「YUNIKA VISION」を企画、運営しています。この屋外広告メディア事業はスタートしたばかりの事業です。当社は駅前の土地や物件の開発、運用に特化した総合不動産業を行っております。その中で新宿駅前でのユニカビルプロデュースを機に、エリア特性を踏まえてユニカビルからの情報発信という発想が生まれ、今のユニカビジョンが誕生しました。
P1070165
DSI ユニカビジョンは従来の大型ビジョンとどう違いますか?
まずはアール面の壁面に配された100㎡×3面のハイビジョン画面に幅52mの文字放送という、見た目のインパクトと高い情報訴求力が特徴です。3面の映像は、同じ映像、別の映像、三面一体といった表現が可能で、映像としての迫力や表現力の多様性に加え、一度に多くの情報を流すことも可能です。世界でも珍しい複数画面の同期、連動ハイビジョン画像を運用するために、テレビ放送局にも匹敵する放映機器や独自システムを開発・導入し、日々スムーズな運用が行えるような体制も整えています。
放映するコンテンツもオリジナル番組の企画、制作を行っていて特徴的と言えると思います。多くの人が様々な目的で訪れるエリアであることを踏まえ、役立つ情報を伝え映像としても楽しめるコンテンツ制作を心がけています。都内ライブハウス情報番組「LIVEINFO」、演劇・ミュージカル情報番組「EVENT INFO」、新宿の映画館の最新上映情報番組小「CINEMA INFO」など都内のエンターテイメント情報を毎週更新しています。さらに、2010サッカー南アフリカ大会のオリジナル番組や、映画のジャパン・プレミア、音楽ライブの中継といったスペシャルコンテンツを企画、今年の年末には街往く人へのプレゼント企画を行っています。
DSI 今回のプレゼント企画はどんなものですか?
年末クリスマス時期にあわせて、ユニカビジョンの「LIVEINFO」「EVENT INFO」「CINEMA INFO」でご紹介しているエンターテインメントにペアでご招待します。ライブ情報としては、ブルーノート東京、コットンクラブ、ビルボードライブ東京、イベント情報ではシルク・ドゥ・ソレイユシアター東京「ZED」、映画情報では新宿のシネマコンプレックスである新宿ピカデリー、新宿バルトナインなどで、総額100万円相当のペアチケットをプレゼントいたします。
応募方法は、ユニカビジョンで放映するキーワードを見ていただき、パソコンか携帯のユニカビジョンの公式サイト内キャンペーンサイトから応募していただきます。詳しい賞品情報などは、ユニカビジョンとキャンペーンサイト、ユニカビジョン周辺の施設に設置するチラシでもご覧いただけます。ユニカビジョンでのキーワードなどの放映は12月25日まで、応募期限は12月27日です。年末、新宿などでのお買物やお食事とあわせて沢山の人に楽しんでもらえたら嬉しいですね。

DSI 今後の展開の予定は?
ユニカビジョン自体をもっと新宿を利用する方に認知していただき、そこから発信する情報についても活用していただきたいと思っています。そのためにも、より魅力的なオリジナルコンテンツを制作していきます。2010年11月からスタートした「Fashion Info」は季節限定のコンテンツです。人気ブランドによるパリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンでのランウェイ映像で、第1回目の2010年秋冬コレクションの次は、2011年3月に春夏コレクションを放する予定です。他にも、季節や大きなイベントに即した特別企画も実施いたします。毎日放映中のエンターテイメントコンテンツも、毎週公演情報などを厳選していますので、新宿東口に来たときには、ぜひユニカビジョンに目を留めていただきたいと思います。
DSI ありがとうございました!
(インタビュー終わり)
日本を代表するひとつのランドスケープとして各種メディアにも取り上げられているユニカビジョンですが、良い立地とハイスペックなディスプレイを存分に活用したユニークな企画が実施される事に期待したいですね。
ユニカビジョンのサイトはこちら
http://www.yunikavision.jp/

コメントする