Page 1 of 212»

「2011 年 3 月」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


デジタルサイネージの節電協力に関しての私見

2011-03-30 : : eguchi : 915 views

デジタルサイネージコンソーシアムのメーリングリストに昨日ポストしたものです。

=========================================

このMLでもすでに数回述べさせていただいていますが
議論は2点に集約されると思います。

1 災害時の対応
2 電力事情への対応

本来これらは別々の問題です。

1に関しては今後DSCが中心となり、指針と具体策を
行政とも協力して進めるべきだと思っています。
比較的長い道のりになると思います。
DSJまで、またはDSJの場で何らかの指針とアピールを
出す必要があると感じています。

2に関しては、多くのデジタルサイネージが消灯している中で
「東京メディア」(クロスオーシャンメディア社さん)などをはじめ
困難な状況の中で徐々に復帰を開始されています。
その先駆者的な行動に大きな敬意を払うと同時に
各社各様、さまざまの事情の中で事業を継続していくための
こうした復帰への道のりに対してバックアップ体制を
DSCとして取るべきだろうと思っています。

=================================================

この先は完全に個人の意見ですが
いまのデジタルサイネージを始めとするいくつかの自発的な節電によって
セーブされた電力使用を元に行われている計画停電には疑問を持っています。
つまり本来の経済活動を行うのに100の電力が必要なときに
自発的な節電によって70となったものが計画停電の基本数値となっているわけです。
当然30の経済活動が失われます。
この30の中にいまデジタルサイネージがあります。

私は100に対しての節電をすればいいと思っています。
鉄道、医療、消防、通信、放送、官庁など以外は
各社のMAX100の経済活動に対して、70相当になるまで
平等に輪番で節電協力すればいいと思います。

パチンコ店の電力と、あなたのオフィスの電力の
本質的優劣はないと思います。
わたしはここまでのロジックは正しいと確信しています。

で、デジタルサイネージ各社が今何を恐れるのか。
それは
「デジタルサイネージは無駄な電力を使うな」という声です。
(そもそもその声の有無すらよくわからないのですが)
「無駄」という批判に対して正々堂々と発言できないことが
最大の問題です。

私は反論します。
今の日本の経済は、ほとんどが無駄によって成立しています。
パソコンもケータイも、ゴルフもビールもなくても平気です。
そうして無駄を排除することを突き詰めていくと
原始共産社会に逆戻りをする事になります。

今の日本人はそれを望んではいないと思います。

であるならば、「大いなる無駄」に基づく経済循環を
回していかなければなりません。

よってデジタルサイネージは停電以外の理由で事業を停止する
本質的かつ合理的な理由は無いと考えます。

ではなぜDSCとして消灯の要請をしたか。
一時的には節電要請に応じた。これは事情がわからない中の即時緊急対応です。
その後、原発の問題が大きくなります。
「災害情報を提供しているデジタルサイネージ」であっても
その情報ソース、提供頻度、サイネージ側の更新頻度によって
「古い情報」が残ってしまった場合に、致命的な問題を
引き起こす危険性がある(あった)からです。

この問題は、行政と協力しながら決めていく事だと思います。

911の直後、アメリカ国内には「UNITED WE STAND」のポスターが
街に溢れていたのが印象的でした。
311で言えばやはり
がんばれ、日本。
がんばれ、東北。
でしょうか。

デジタルメディアコンサルタント 江口 靖二

コメントを表示する(2)
コメントする

「Dサイネージは必要か」の議論について

2011-03-29 : : macorinu : 515 views

※この記事はデジタルサイネージのお仕事をしているだけの喜多村真個人の意見に基づいています。所属する企業、団体の見解ではありません。また、登場する人物、クライアントはフィクションであり、実在の方とは異なっています。

悩みを抱える知り合いがいました。彼は今回の地震に際して、クライアントの要請に基づき電気を使うフィルム看板を全て消し、案件も全て中止させたのですが、「自分のやっている仕事はなんなのか、そんなに必要とされないのか」と感じてしまった様です。真面目な方です。きっと地震の被災者を助けられない苛立ちも手伝ったのでしょう。

私はこの悩みを「考え過ぎ」とは言いません。強いて言うなら、その悩みを整理する方法があるはずだ、と考えます。

必要とは何なのか。

企業活動において”社会貢献”と”必要性”は根本的に違うテーマです。

時々、”必要性”と”社会貢献”は混同される時がありますが、この二つは違う事柄です。

“必要性”とはまた「無くてはならない」という意味です。

例えば、健康に生きるためには病院が”必要”です。民主主義を機能させるためには情報伝達の手段<メディア>が”必要”です。

“社会貢献”とは社会制度の安定を暗黙的な前提にした、利益の交換です。

例えば、ディズニーランドは娯楽や教育を提供し、コンビニは便利さによって社会貢献し、便器メーカーは暖かい便座で人々を迎えることで社会貢献します。パチンコも旅行産業も同じ様に社会貢献でしょう。金銭と交換される当事者利益が殆どと見えますが、それでも広い意味では社会貢献と呼ぶべきです。

3月11日以前と以後

3月11日以前の社会では、「元気に経済活動する」だけで十分に社会の公益でした。経済活動それ自体が”社会貢献”でした。
経済活動が社会貢献である点は今後も変わらないでしょうが、3月11日以後の東日本では変化がありました。
まず、仕事が電気を消費するに値するほどの社会貢献か、他者に説明しなければいけないような気がしてきたりします。
単に必要性を追求されているなら、「世の中には必要の無い事柄もいっぱいあって、そうやって人間は生きている」と言わなければなりませんが、「どれほどの貢献か」という点については答えにくい。しかも誰も本当はそんな説明を求めていない。つまり端的に言うと、人々、それも企業に一部の勤める人々が「自分の仕事は人々に対して貢献できているのか」という自問自答を抱えたのだと思います。停電した暗い部屋の中で行われるこの種の問いは重すぎる。

貢献出来ると信じる

最初の知人の話に戻りましょう。私は彼に言いました、「必要性を考えるのはやめましょう。今から、仕事でできる、誰かへの貢献を考えましょう」。彼は、電気を使わないで掲示できる代替の格安ポスターサービスを広告媒体に提案しました。広告媒体の運営者も電気を使うアナログ看板が掲示出来ずに困っていたので、この話はすぐにまとまりました。

3月11日以前の姿に戻るだけが答えでは無いかもしれません。
3月11日以前の姿に戻るのも大事な答えなのかもしれません。

こんな時だからデジタルサイネージで貢献したい

私の例で言うと、とあるお客様からDサイネージプロジェクトの予定通りの設置を要請されました。
今回の地震で大きな被害を受けた業務もあったにも関わらずです。
お客様は「広告以外にも伝えたいことがあるからちゃんとやりたい、ちゃんと復活しているところを見せたい」と言います。
私は、予定が押していて大変ですががんばります、とお答えしました。

元気に点灯しているだけで社会貢献になんだ、と言えるようなDサイネージを作りたいと思いますし、そのために、まず点けてみるのです。

この記事についてのご意見、情報、問い合わせのある方は、
喜多村(macorinu@gmail.com)までご連絡をお待ちしております。

コメントを表示する(2)
コメントする

面白法人カヤック、Kinectセンサを活用して「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズの『電脳空間』を再現 3月24日から渋谷パルコ期間限定企画「攻殻機動隊 S.A.C. プレミアムショップ」にて体験イベント開催

2011-03-29 :, , : DSI : 707 views

面白法人カヤックさんからKinectを使ったインタラクティブなコンテンツのリリースがありました。節電の関係でこうしたインタラクティブなコンテンツの展開は難しい側面もありますが、今年はKinectとデジタルサイネージを利用した案件がこらからも出てきそうな気配ですね。

面白法人KAYAC
2011/3/23
KAYAC
株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、 代表取締役:柳澤大輔、以下「カヤック」 )は、3月24日より渋谷パルコで開催される「攻殻機動隊 S.A.C. プレミアムショップ」内にて、「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズに登場する世界観の象徴である「電脳空間」を再現する空間を制作、来場者に向けた体験イベントを開催いたします。

■「攻殻機動隊 S.A.C. プレミアムショップ」について
「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズの劇場版アニメーション「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D」(監督:神山健治、制作 : Production I.G)が3月26日から全国で公開されます。その上映を記念して渋谷パルコ パート1・5F monozokuにて3月24日から4月19日まで「攻殻機動隊 S.A.C. プレミアムショップ」がオープンいたします。予告ムービーの上映、グッズ販売を予定しています。

【攻殻機動隊 S.A.C. プレミアムショップ】
期間:3月24日(木)から4月19日(火) 10時から18時 入場無料
場所:渋谷パルコ パート1 5F(monozoku)
※地震の影響により、営業時間が変更になる場合がございます。
詳しくは渋谷パルコHPをご確認ください。
「渋谷パルコHP」 http://www.parco-shibuya.com/page/

■今回カヤックが制作した電脳空間について
「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズのアニメの中では、多くのシーンで電脳空間が舞台となっています。
登場人物である草薙素子やバトーは電脳空間に接続しその中でストーリーは展開します。
この電脳空間を体感していただくために 「攻殻機動隊 S.A.C. プレミアムショップ」の開設に併せてカヤックが独自に開発いたしました。
今回制作した電脳空間は、部屋全体にインタラクティブな”電脳空間映像”を投影いたします。
体験者は、空間内に常駐する「タチコマ」(※1)の指示により時間内に電脳空間を飛び回る「タチコマ」をつかまえるミッションに参加します。
電脳空間では体験者のボディアクションをKinectセンサで感知し信号化することで、電脳空間を自由に移動する操作を提供します。
結果、「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズの舞台となる電脳空間を泳いでいるかのような感覚を得られます。
来場者は自身のボディアクションにより電脳空間を操作して遊ぶことができます。

■今回の技術開発について
面白法人カヤックはWebコンテンツやソーシャルアプリの開発を主要事業といたします。近年では、ARやデジタルサイネージなどの技術を駆使した企画と開発の実績も有します。
今回の電脳空間はKinectを採用し、ユーザー体験型のイベントキャンペーンとなっています。
また2010年年末には東京・自由が丘駅前で「自由が丘・光りの女神プロジェクション」http://level0.kayac.com/2010/12/jiyugaokamuse.phpと名づけたインスタレーションを展示いたしました。
また3月27日まで開催中の「WHY DON’T YOU PINK?」展でKinectを使ったコンテンツを出展しています。

カヤックの実績 http://bmcl.kayac.com

今後カヤックでは、最新のデジタル技術やデバイスの活用や、ユニークなインスタレーションの制作により、インタラクティブな体験を創出するキャンペーンを積極的に展開しいきます。ご興味をお持ちの企業様はお問い合わせください。

※1「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズに登場する人工知能を搭載する戦車の名称

【カヤック会社概要】
社名  :株式会社カヤック
URL   :http://www.kayac.com/
所在地 :神奈川県鎌倉市小町2-14-7 かまくら春秋スクエア2階
設立 :2005年1月21日
代表取締役:柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
事業内容:オリジナルWebサービス事業、提携Webサービス事業、Web制作事業、ソーシャルゲーム事業、
飲食事業

【本リリースに関する取材などのお問い合わせ】
株式会社 カヤック 広報 松原 佳代  片岡 巧  前田 良二
TEL  0467-61-3399      MAIL promo@kayac.com

※面白法人カヤックのプレスリリース情報は http://www.kayac.com/news/press/ にてご覧いただけます。
※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

コメント(0)
コメントする

デジタルサイネージと電力の関係について

2011-03-21 :, , , , , : macorinu : 1,879 views

デジタルサイネージプロデューサーの喜多村です。

ここ数日、3月11日大震災の発生に伴って停止された東日本のDサイネージネットワークをどのように再開するべきか、業界内で活発な議論が交わされています。
特に、福島原発の事故を遠因とする電力需給の逼迫が難しい問いを投げかけています。

ここでは、電力とDサイネージの関係に焦点を絞って議論を掲載します。

節電するべき時間帯がある

節電が必要なのは、電力の消費が供給量を超えると予測できない停電が起きるからであり、
需要が下がっている時に節電をしても効果があまりありません。
よって、Dサイネージはまず、ピーク時間帯を避けて点灯再開出来れば理想的です。

夏季ロード・カーブ
(エネルギー白書より転載 電力消費ピーク日における一日のロード・カーブ(電力消費推移))

上画は観難くて申し訳ないのですが、真夏の一日における電力消費の推移を表しています。

夏季と冬季の電力消費比較

上図は海外のものですが、夏と冬のピーク時間帯の違いを表す概念図です。

冬は帰宅時の暖房と照明によって17時から20時ごろピークとなります。
出社時の朝方も少し上がります。どちらも冷えている部屋を暖めたい時間帯です。
夏であれば朝の10時から19時あたりまで長く節電が必要そうです。
Dサイネージを点灯したい時間帯にピークが来ている点が悩ましいですが、
「とりあえずオフピーク運転」という再開方法は、
比較的理解を得やすいのではないでしょうか。

情報が安定して流れてこないが

前述の運用方法も、公表される計画停電や電力消費のピーク予測に関する情報が正確ではないかリアルタイムではないという現実があり、対応を難しくしています。Twitterにて以下のような情報発信が東京電力から行われていますが、節電運用の参考とするには全然足りません。

東京電力株式会社 公式Twitter
http://twitter.com/#!/officialtepco

逆に言えば、電力に関する情報が安定して発表されるようになってきたら再開する、という考え方もあるでしょう。いつになるのか誰にも判りません。

省電力設定をディスプレイに施すのは余り効果的ではないらしい

ディスプレイメーカの方からのご指摘では、コンテンツの差し替えやディスプレイの輝度を下げることは実質的な省電力効果が殆ど期待できないとのこと。

福島第一原発の安定には五年はかかる?

まだ予断を許しませんが、福島第一原発は再臨界による格納容器崩壊、高濃度放射性物質の漏出という最悪のシナリオが遠のきつつあるとのこと。そこで当然、「このまま福島原発が収まったらDサイネージを再開しよう」というご意見もあろうかと思います。では、いつ収まるのか。

建屋上部が崩壊した1号機、3号機、半壊の4号機は燃料抜き取り等に必要なクレーン設備が破壊されたと思われます。屋根もないプールの中に使用済み燃料が収まったまま、抜き取りも出来ずに戦々恐々としながら冷えるのを待たなくてはいけません。何もしないと台風の時期も次の地震もあのままとのこと。福島第一原発が安全だと宣言できるのは6年後ではないか、という意見もあります。

つまり福島第一原発の問題が完全に収まる前に、日常に戻らなければいけません。
電力の消費により理解の得られる運用とコンテンツを考え、前向きに進む決断が必要です。

以下のムービーの45分ぐらいから、福島原発の今後について大前研一氏が解説しています。
地震発生から1週間 福島原発事故の現状と今後(大前研一ライブ579)

無停電電源装置で点灯し続けるのは無理だが

ピーク時間帯をUPSのバッテリーで稼働させられるかなと考えました。

端末側の消費電力
60型ディスプレイ 1面 400w
PC 250w
ネットワークと周辺機器 50w

最大これぐらいのものでしょうか?

700Wを力率0.6(ぐらいですよね?)で割ると約1160VA。
これを1時間稼働させるUPSを調べましたが高すぎ、大きすぎます。
UPSで平時と同等の運営をするのは不可能ではありませんが難しい。

ただ、災害情報を提供するDサイネージとしてUPS搭載は意味があります。
私も、UPSが停電を感知したら画面が緊急避難経路に切り替わったり非常電灯になるDサイネージを機能設計したところ、コンペでとてもほめられました。東北でも今回大停電が起き、商業施設内から逃げる方の中には混乱がありましたね。
(結局、弊社案は他の理由で採用されませんでした。。。今なら実施されたかもしれない。)

700wの端末が1000カ所あれば700kwです。結構な消費量です。

Flashより動画の方が消費電力が少ない場合がある

コンテンツの差し替えで省電力は見込めない、という話をしました。その通りだと思います。
ですから、あまり以下は気にしなくても構わないマメ知識です。
Flashはある程度CPUのパワーに依存する代わりに高い互換性を持っている再生技術です。
逆に動画ファイル再生の場合、今時のPCやSTBはグラフィックプロセッサが再生を処理し、微差ですが、同等の解像度のFlashより消費電力が少なくなる場合があります。個々では無視できる差ですが、気は心、ということもあろうかと。

※追記1 2011年3月22日 10:24
以下の2サイトがオープンされ、電力に関する情報が入手しやすくなりました。

東京電力 「電力の使用状況グラフ(当社サービスエリア内)」
http://www.tepco.co.jp/forecast/index-j.html
Yahoo! Japan 「東京電力、東北電力管轄の地域の方へ 効果的な節電と停電の対処方法をご案内します」
http://setsuden.yahoo.co.jp/

※追記2 2011年3月22日 12:22
Twitter諸氏曰く「震災直後にPCを消灯してオフィスサイネージを活用したためエネルギー効率が高くなった」という事例があったとのこと。サイネージが節電に役立つなんてすばらしい。

※この記事は喜多村個人の意見に基づいて記述されており、
所属している企業、団体及びデジタルサイネージ総研様の見解とは異なる場合があります。
この記事についてのご意見、情報、問い合わせのある方は、
喜多村(macorinu@gmail.com)までご連絡をお待ちしております。

コメント(0)
コメントする

災害情報 サイネージコンテンツの無料提供開始

2011-03-18 : : macorinu : 784 views

デジタルサイネージプロデューサーの喜多村です。

この度の東日本大震災に被害に遭われた皆様に哀悼の意を表します。
富士フイルムイメージテック株式会社では、「ソーシャルメディア・デジタルサイネージコンテンツサービス」を災害情報の提供目的として無料で皆様にご利用頂くことといたしました。

当該システムは

1. Twitterから特定のアカウントや特定のキーワードを含むメッセージをサーバーが拾い出し保存、
2. Flashで可視化、
3.サイネージで当該flashのURLを指定して表示

という内容で、サーバー側で不要と思われる情報を手動で削除することも可能です。

(※動作には安定してオンラインで接続されていることが必要です)

現在は流言が表示されることを避けるために、政府広報など情報の出所が信頼できると思われるアカウントのみをサポートする方針です。

サンプル:首相官邸 災害関連

http://flash.locamoda.com.s3.amazonaws.com/fuji/twitterflow/twitterflow-1.1.3-a.swf?id=56231

詳しい使用方法、表示できるTwitterアカウント等を記した資料をお送りいたしますで下記まで

お問い合わせください。

富士フイルムイメージテック株式会社

新規事業開発部 担当:喜多村

メール:macorinu@gmail.com

Skype: macorinu1

TEL 03-5745-2250 FAX 03-5487-0088

コメントを表示する(1)
コメントする

株式会社メディアコンテンツファクトリー  東北地方太平洋沖地震における対応

2011-03-18 :, , : DSI : 333 views

医療系のデジタルサイネージ媒体を運営される、株式会社メディアコンテンツファクトリー 様の東北地方太平洋沖地震における対応について報告がありましたので下記にお伝えさせて頂きます。
株式会社メディアコンテンツファクトリー
http://www.mediacontentsfactory.com/)

今回の震災ではツイッター始めネットでは
正誤ありつつも非常に多くの情報が流通しておりますが、弊社医療機関媒体のように、
ネットを使わない高齢者からすると、情報源がテレビ/ラジオ等に限られています。

そのため、弊社では
・ネットに出ていてなかなかテレビ等で常時取り上げられない内容
・なるべく地域に根ざした情報
を出来る限り、ネットに触れない人に触れていただくことを念頭に置き、
電源OFFよりも、災害情報の配信を優先させました。
弊社の配信先でもネット接続が不通であったり、コンテンツの配信が柔軟に
できない場所は出来る限り電源OFFをお願いしています。

ですので、
直近=公共性が高くネットに接続できない視聴者等多くいる場所では、
なるべくサイネージを利用して、啓発が必要な情報を流通させる
上記に当てはまらないものは早急に電源OFF等にする
という対応を取らせていただいております。

HI3F0130

HI3F0131

HI3F0132

HI3F0133

今後も他のデジタルサイネージ媒体事業者様の動きがありましたら、随時レポートさせて頂きます。

コメント(0)
コメントする

日本カーライフアシスト株式会社 東北地方太平洋沖地震における緊急措置

2011-03-17 : : DSI : 386 views

全国の自動車教習所でデジタルサイネージを運用されている日本カーライフアシスト様より今回の東北地方太平洋沖地震に関する緊急措置の報告がありましたので、下記にお伝えさせて頂きます。
http://www.jacla.jp/

このたびの地震、津波の被害に遭われ、甚大な被害を受けられた方々に心からのお見舞いを申し上げます。

11日(金)に発生いたしました、東北地方太平洋地震に伴い当社が運営しております、「JACLA VISION」につきましては緊急措置としまして、通常の映像放映を停止し、緊急時の静止画面及びテロップを配信しております。

放映停止措置予定期間:3月12日(土)~3月15日(火)

また、16日以降の対応について社内決定をいたしましたのでご報告申し上げます。
被害が甚大であるため、下記都道府県での放映を自粛させていただきます。
青森県
岩手県
宮城県
福島県
以上、4県、24校につきましては、
放映を自粛させていただきます。

その他の都道府県につきましては、
3/16より通常放映させていただきます。

予測なき災害被害があまりにも大きすぎるための自粛でございます。何卒、ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

また、今回の放映自粛に関しまして、ご出稿いただいておりますクライアントの皆様ならびに広告代理店様にはご快諾を賜り心より感謝申し上げます。

IMG_1510

現在の対応状況は4県、(青森、岩手、宮城、福島)の24校については、「緊急時につき放映を控えさせていただきます。」のテロップにて災害情報を更新しながら放映。その他、276拠点についてはメイン画面は通常放映
(一部不謹慎と想われるコンテンツについては省く。)テロップに関しては被災4県と同様の災害情報を更新との事です。また、節電対策については拠点の自動車教習所の経営者の判断にゆだねているそうです。

IMG_1503

今後、他のデジタルサイネージ事業者様に関しても随時レポートさせてできればと思っています。

コメントを表示する(1)
コメントする