Page 1 of 212»

「ニューヨーク」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


巨大スクリーン上に携帯電話で参加する双方向サイネージの注目度

2009-04-07 :, , , , , , , : tsuge : 2,186 views

LocaModa社によると、南カリフォルニア、ボストン、NYがアメリカの中で最もサイネージとの双方コミュニケーションに注目の熱い地域だそうです。これらの3つの地域では、08年末、LocaModa社のインタラクティブワードゲームJumbliを使った有名ブランドのキャンペーンで、18%近くの携帯電話がゲームに参加したそうです。シカゴがちょっと間の空いた4番目に挙げられています。

このJumbliというシステムは、動画にあるタイムズスクエアの事例のように、ゲームが巨大スクリーンに映し出され、携帯電話、Facebook、あるいは専用websiteを通して参加します。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=sK9c5npH2oA&feature=related]

サイネージは、純粋にプレイしている人の数だけでなく、たくさんの人に注目されます。
1人のプレイヤーに対し平均5人の友人がついてプレイヤーを助けている、とのサンプリング調査結果が出ていて、かなりの注目度です。

ちなみに、同じくLocaModa社による、サイネージへのテキストメッセージ送信システムWiffitiの新モデルが今月リリースされるそうです。
Wiffitiは、だいぶ前からあるのでご存じの方も多いと思いますが、人々が直接スクリーンやウェブ上でメッセージを送信することができるシステムで、多くのブランドや企業がイベントの大型スクリーンで採用しています。オバマ大統領も使ったとのことです。
Wiffiti事例

日本でも株式会社バンテンさんのMobiActions(もびあくしょん)を使ったヨドバシカメラでのインタラクティブサイネージの事例が話題になりました。アメリカ、日本でも今年はインタラクティブかつユニークな案件が増えそうな気配ですね。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=d8O7XfRKpwM&feature=channel_page]

秋葉原、デジタルサイネージを使ったプロモーションby東芝

(LocaModa doesn’t play in Peoria から一部引用)

mediologic.comから一部引用)

コメント(0)
コメントする

英CBSと米LamarがOOH技術のグリーン化に着手 ~太陽光反射パネルなど

2009-03-05 :, , , , , , : tsuge : 660 views

オバマ大統領も環境対応政策を打ち出していますが、OOH業界でもその動きが出始めています。

CBS Outdoorは、ロンドンの地下鉄に設置したデジタルサイネージ機器が、従来のポスター形式と比べて20倍の電力を消費しているものもある、と指摘するレポートに対し、これらは全て再生可能なエネルギー(太陽・風力・バイオマスほか)により電源供給されている、と発表しました。

CBS Outdoorによる交通機関のサイネージの代表的なものには、Cross-Track Projection (XTP)や、Digital Escalator Panels (DEPs)がありますが、販促活動が環境に与える影響を調査しているNoughtilusによるレポートの中で、環境コストとの相関から、このCross-Track Projection (XTP)システムは、従来型のポスターに比べ20倍の宣伝効果をもたらす必要がある、と指摘されています。(これに対し、ロンドン市長は、地下鉄のデジタル広告の消費電力は、地下鉄全体のエネルギー消費の1%未満だと指摘。)

一方でフロリダのLamar Outdoor Advertisingは、イスラエルのMagink社による反射型デジタルビルボードを採用しています。
LEDビルボードと違い、太陽光を反射して発光、ソーラーパネルから一部電源供給を受けています。

Lamer Outdoor Advertisingが採用しているイスラエルMagnik社の太陽光反射ビルボード

Lamar社はこの技術を次はNYで試験導入することを検討中です。

CBS, Lamar turn to greener out-of-home technologyから一部引用)

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=L5FSf88HENw&NR=1]
XTP導入事例

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=IrjsR6fdGxo]
DEPの導入事例

コメント(0)
コメントする

タイムズスクエアでも「グリーン」がトレンド

2009-01-15 :, , , , , : tsuge : 346 views

タイムズスクエアのビルボードも近頃グリーン化の流れですが、最新の事例として、コカコーラのビルボードの風力駆動化を紹介します。コカコーラは従来タイプの電源供給から「エコ・フレンドリー」な風力発電による供給への切り替えを、人々の注目が集まる大晦日の31日に設定し、アルミ缶とペットボトルのリサイクルを宣伝するキャンペーンも同時に実施しました。企業として「エコ」をマーケティングツールとして積極的に打ち出しています。
green_ad

ちなみにこの巨大サイン一台を風力駆動に変えることで、年間に38戸の一般家庭の電源供給を同じく環境にやさしい方式の電源供給に変えるのと同じ削減効果が得られるそうです。
そして、30余りあるこのエリアのその他のデジタルビルボード業者もこれに追随する動きを取っているとのことで、サイネージ業界でも環境訴求の動きが高まっていることを表しています。グリーン電源のソリューションはCon Edison社によるものです。

一方でライバルのペプシは、同じく大晦日にタイムズスクエアで対抗イベントを打ち出しました。44thストリートにあるABC Super Signに一般の人が写真やメッセージをアップロードできるというものです。
こちらはいかにもアメリカらしいですが、地味ながら大切なことである環境対応に正当な評価が与えられることを期待します。

(Times Square billboard firms turn to wind power から一部引用)

コメント(0)
コメントする

新ヤンキースタジアムに導入される 1,100台のデジタルサイネージ・ネットワーク

2008-12-16 :, , , , , , , : DSI : 2,998 views

2009年4月のオープンに向けて13億ドル(約1,240億円)で建設中の新しいヤンキースタジアム(New York)では、1,100台のデジタルサイネージが設置されます。

cnet:sportsbar

約1,600万ドル(約15.3億円)で Cisco 社が受注したこのデジタルサイネージシステムでは、ファンが一瞬でもプレイを見逃す心配がないように、レストランやトイレなどあらゆる場所に HD のフラットパネルディスプレイを設置し、試合の前後に選手の成績情報やバッティング練習の様子などを放映するほか、ハイライト映像やアーカイブ、プロモーションメッセージ、周辺の交通情報なども表示します。

cnet:welcome

さらに、病気などで球場に来られないファンと選手が直接ビデオチャットできるシステムや、タッチパネル式の携帯端末から食べ物やグッズをオーダーできるシステムもスイート席には装備されるそうです。

Marilynn K. Yee/The New York Times

Marilynn K. Yee/The New York Times

The technological prowess acquired by the Yankees includes the ability to program 1,100 flat-panel, high-definition TV monitors with live game coverage, archival and highlight video, statistics, promotional messages and weather and traffic updates.

Triple Plays at New Yankee Stadium - Video, Internet, Voice より、一部引用)

コメント(0)
コメントする

Times Square に新たな巨大デジタルビルボード「Super-sign」が誕生

2008-11-21 :, , , , , , , , , , : DSI : 1,357 views

世界各地でデジタルサイネージのビッグプロジェクトが次々と完成していますね。アメリカではコムキャストセンターの事例よりも遥かに大きい LED スクリーンがタイムズスクエアに登場です。

The Walgreen Company LED sign on 1 Times Square being tested Wednesday night. (Photos: David W. Dunlap/The New York Times)

1 Times Square という象徴的な住所に建つ由緒あるビルの3面を覆う、高さ340フィート(約 104m)、総面積 17,000 sqft(約 1,580平米)のスーパーサインが、アメリカ最大のドラッグストアチェーン Walgreens のフラッグシップストアの開店に合わせて昨夜(2008年11月20日)公開されました(同社プレスリリース)。

この新たなスペクタキュラーの中心となるのは高層ビルの側面を斜めに貫く形で設置された幅8mの帯状の LED ディスプレイ2枚で 1,200万個の Nichia America 製 LED を使っています。他にも 13枚の 60インチプラズマディスプレイなどを含む全 29面でシンクロされた映像を映し出します。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=7HdRXpCP8uQ&ap=%2526fmt%3D18]

広告のセールスは ABC 放送の関連会社である ABC New Media Sales が独占的に取り扱い、既に数億円の複数年契約を結んでいる Colgate、Kraft、Johnson & Johnson、L’Oreal をはじめ、クライアント企業のスポット広告と Walgreens 自身の広告を毎日 20時間表示し続けます。タイムズスクエアの一等地にあるため1日あたり 160万インプレッション(平日)だそうです(詳しくは walgreenstimessquare.com)。

この巨大メディアに映像を映し出すためには 32台のカスタムビルドされたコンピューターから 30秒あたり 150GB のデータを常に送り出す必要があり、処理速度の問題から非圧縮のデータを用いてギガビットのネットワークで転送しています。

LED を使うことでシステム全体のコストを CRT の場合の4分の1に抑えることができた上、消費電力も約10分の1の平均 250kW で済んでいるそうです。輝度は 8,000 Nits(cd/m2)とものすごい明るさです。

To create the imagery, 150GB of information is transmitted every 30 seconds from 32 custom-built computers. Because so much information has to be transmitted so quickly, all of the imagery is sent in an uncompressed format; if it were compressed to save space, too much computing power would be need to uncompress the information.

LEDs Light Jumbo Sign in Times Square より、一部引用)

また、Walgreens には1920年代から1970年までこのビルに店を出していた歴史があり、今回のグランドオープンは歴史的帰還の意味も持つというエピソードがあります。ちなみに現在この辺りの相場は1フィート四方あたり 200〜250ドルで、店舗面積は1階〜3階までの 16,200sqft とのこと。年間の賃料は4百万ドルを超えます。

Walgreens Historical Archives

コメント(0)
コメントする

ニューヨークの街を走り始めた 12フィート LED 看板付きの市バス

2008-10-27 :, , , , , , , : DSI : 1,034 views

New York Post の記事 によると、先日お伝えした Titan の新しいバス車体広告 のテストがニューヨークでも始まりました。

当市のバスおよび通勤電車網の広告販売で8億ドル超(約800億円)の10年間契約を結ぶ Titan Worldwide では、すでに導入を始めたシカゴに続き、ニューヨークをはじめ他都市でもハイテク看板の導入を進めたい意向。

搭載されたハイテク看板は、12フィート(4m弱)の最新 LED パネルと GPS 技術を用いたもので、時間帯や街区、近隣の人種別に広告ターゲットを分類し、表示する言語を変えるなど、広告を最適化します。ニューヨークの市バス M23 ラインで試験中で、クッキーの Oreo、Coca Cola、Sprite、Sleepy’s のマットレス、ダンキンドーナツなどの広告が表示されており、ニューヨーク州都市交通局(MTA)では、結果が良好なら来年のはじめから 200台程度のバスに搭載するとのこと。今回のテストでは、本格的に導入する前にサービスに支障がないことを確かめると同時に、広告主の関心の度合いを探るのが目的です。

こうしたバス広告は動きのある映像で注意を引くため、ドライバーの運転の妨げになるのではという意見もありますが、ニューヨーク州都市交通局(MTA)では運賃に次ぐ第2の収入源となっている広告事業への期待は大きく、2007年の 106百万ドルから 今年は 125百万ドル(約118億円)への増収を見込んでいます。また道路の閉鎖や行方不明者の情報など、緊急情報の表示にも使えると見ています。

ニューヨーク州都市交通局(MTA)ではこの他、地下鉄の広告強化にも力を入れており、CBS Outdoor が契約を結んでいます。


MTA New York Bus Ad
The MTA is currently testing out new digital screens that display ads on the sides of buses running on the M23 route. The screens, which use GPS technology to change according to each neighborhood’s demographic, are being installed by New York-based ad company Titan Worldwide; the company’s website declares that the 12-foot displays “are bright and unavoidable and will enable advertisers to target mass audiences by time of day, block, zip-code, demography and ethnicity.”
Gothamist: New Digital Bus Ads to Change With Neighborhood より、一部引用)

コメント(0)
コメントする

10月15〜16日までニューヨークで展示会:Digital Signage Show in New York

2008-08-27 :, , , , , , : DSI : 162 views

最近は毎月のように世界のどこかでデジタルサイネージの展示会が開かれるようになってきましたね。

10月15〜16日まで、ニューヨークで The Digital Signage Show が開催されます。今回も情報キオスク関連の展示会 KioskCom Self Service Expo と同時開催です。

The Digital Signage Show Logo

9月は12〜16日まで、オランダのアムステルダムで IBC 2008 が開催されますし、16〜18日までは米フィラデルフィアで Digital Signage EXPO / East 2008 があります。

さらに10月にはロンドンで1〜2日まで The Digital Signage Show Europe 2008 が開催と、とても全部見に行くわけにはいかない状況です。

私は今回、フィラデルフィアをやめてオランダの IBC 2008 を見に行ってきます。ついでにロンドンに立ち寄って地下鉄のデジタルサイネージの様子なども見てくる予定です。レポートにもご期待ください。

コメント(0)
コメントする