「大学」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


デジタルサイネージと PC 画面を組み合せた病院内ネットワーク

2008-12-25 :, , , , , , , , : DSI : 2,611 views

欧米の病院でスタッフや医師の間の情報共有と来院者に対する情報提供を行うデジタルサイネージの導入が増えているようです。

先日ご紹介したジョージ・ワシントン大学病院での事例と同じく、英バーミンガム市の大学病院でもデジタルサイネージとスタッフの PC 画面のスクリーンセーバーを組み合せたシステムが採用されています。

5,000台の PC 画面とリンクされた 75台の 42インチ LCD ディスプレイ(写真)を使って、6,900人のスタッフと年間 100万人の患者にリアルタイム情報を提供するシステムは、Saturn Communications Group の Connectvision というシステムです。

導入の理由は、古い情報や誰が管理しているのかわからないメッセージが掲示板に貼られたままになっている状況があったためで、新しいデジタルサイネージでは、患者向けの LCD ディスプレイで病院からのお知らせ、レストランのメニュー、トレーニング情報、交通情報、天気予報や全国ニュースなどを表示し、スタッフ向けの PC 画面では手洗いを促すアラートや節電などの運営上の連絡事項などを表示しています。

Hospital Network

Two hospitals in the British city of Birmingham have combined digital signage with screen-savers on staff PCs to communicate with healthcare workers, patients and visitors alike.

Hospital network combines digital signage, PC screens より、一部引用)

コメント(0)
コメントする

デジタルサイネージの活用により病院スタッフの職場満足度が 33%上昇

2008-12-17 :, , , , , , , : DSI : 3,032 views

米ワシントン州のジョージ・ワシントン大学病院では、デジタルサイネージ・ネットワークと PC 用スクリーンセイバーを組み合せたメッセージングシステムの導入により、従業員の職場満足度が 33%も上昇するという顕著な効果が見られました。

Netpresenter というソフトウェアを用いて、従業員用エレベーターホールの大型ディスプレイと従業員用の 1,200 台の PC にスクリーンセーバーとして最新のニュースや業務連絡を表示するほか、来院者用のエレベータホールやメインロビー、医師用ラウンジでもデジタルサイネージを用いてターゲットメッセージを表示しています。

ジョージ・ワシントン大学病院では電子メールなどのツールを持たないスタッフでも問題なく情報を受け取れるシステムが病院全体に行き渡ったおかげでコミュニケーションが円滑になったとしています。

コンテンツは内部向けと外部向けで分けられており、内部向けには医療や薬品関係のニュース、業務連絡などを、外部向けにはプロモーションや施設案内などのコンテンツを表示しています。また緊急連絡用の機能を用いた危機管理システムも準備中だそうです。

病院や企業など、組織内のコミュニケーションの改善はデジタルサイネージが活用されうる大きなフィールドだと思います。今後、このような活用事例は増えてくるでしょうね。

NetPresenter

The George Washington University Hospital (GWUH) in Washington, D.C., reported a significant increase in employee satisfaction after installation of a mixture of interactive PC screensavers and digital signage presentations.

Hospital Employee Satisfaction Jumps 33 Percent with ‘On Screen’ Internal Communications より、一部引用)

コメントを表示する(5)
コメントする

米 CampusLink が学生向け無料インターネットサービスにデジタルサイネージを採用

2008-09-30 :, , , , , , , , : DSI : 314 views

大学のキャンパス内に無料のインターネット端末を置いて18歳〜24歳の学生層にリーチできる広告メディアとして展開する米 CampusLink 社が、これまでバックライト式だった広告枠をデジタルサイネージに切り替えます。

同社のネットワークは現在 UCLA や UCBA など 31の大学に展開しており、1日あたり 30万人の学生が利用しています。このネットワークはさらに拡大しており、広告主には AT&T、Bank of America、American Airlines、US Army などが名を連ねます。

CampusLink

デジタルサイネージ化に当たって提携した 42Media 社 は、Scala 社 のソフトウェアをベースに SaaS 型のソリューションを提供しています。

日本国内ではたしか、日立製作所が MediaSpace という名称で同様の SaaS 型サービスを提供していますね。

CampusLink’s interactive multimedia information centers offer students a convenient and familiar place on campus to surf the Internet, check email, and simultaneously learn about new products, services and special offers from participating advertisers. These interactive multimedia information centers are installed at 31 college and university campuses, including University of California - Los Angeles (UCLA), UC Berkeley, San Diego State University, Northwestern University, Purdue University, University of Pennsylvania, and many others. CampusLink currently reaches 300,000 students each day.

America’s College and University Students Get Connected Through Digital Signage より、一部引用)

コメント(0)
コメントする

5月29日(木)から31日(土)まで、東京大学生産技術研究所が公開

2008-05-19 :, , , , , : DSI : 352 views

5月29日(木)から31日(土)まで、東京大学の生産技術研究所が一般に公開されます。

研究室公開のほか、3日間に渡り講演会も開催されます。アカデミックな先端技術に触れることができるチャンスです。

参考までに講演会のプログラムを転載しますが、詳細は公式サイトで確認してください。

講演会プログラム
会場: 総合研究実験棟(An棟)2F コンベンションホール
5月29日(木)
10:00~ 駒場リサーチキャンパス公開オープニングセレモニー
オープニング・メッセージ「駒場リサーチキャンパスキャンパス公開2008 オープニング」
生研 所長 前田 正史
先端研 所長 宮野 健次郎

オープニングシンポジウム
「研究成果の社会還元と産官学連携の現状と課題-グローバルな視点から産学連携を考える-」
講演 東大産学連携本部長 藤田 隆史
パネルディスカッション 東大産学連携本部長 藤田 隆史
先端研 教授 渡部 俊也
生研 客員教授 塚本  修
生研 客員教授 藤田 明博
生研 客員教授 田中 敏久
東大総括プロジェクト機構 特任教授
妹尾 堅一郎

13:00~  “要素還元論から俯瞰統合論の世紀へ~分解したものを再び組み立てて理解する~”
先端研 客員教授
小泉 英明
14:00~ 次世代薄型大画面TVを支える科学 生研 客員教授 久保田重夫
15:00~ 新しい非晶質材料の原子配列と特性を探る 生研 教授 井上 博之
16:00~ 太陽電池が起こすイノベーションとは? 先端研 教授 岡田 至崇
17:00~ 原子間力顕微鏡で水を見る 生研 教授 川勝 英樹

会場: 総合研究実験棟(An棟)2F コンベンションホール
5月30日(金)
13:00~ 世界文化遺産の新視点 先端研 教授 西村 幸夫
14:00~ “文化遺産のメディアコンテンツ化『静』と『動』” 生研 教授 池内 克史
15:00~ 情報通信の道具箱~クリエイティブなネットワークライフを目指して~
先端研 准教授
南 正輝
16:00~ 情報継承による多世代居住システム 生研 教授 野城 智也
17:00~ ポスト京都議定書に向けての提言 先端研 教授 澤  昭裕

会場: 総合研究実験棟(An棟)2F コンベンションホール
5月31日(土)こちらは「理科教室」のプログラムです(対象:小学生以上、要申込み)
10:00~ ミクロの世界のワールドカップを制覇しろ! 生研 准教授 土屋 健介
13:00~ いろいろな色を調べてみよう 生研 准教授 石井 和之
14:00~ 携帯電話の秘密を探ろう 先端研 教授 森川 博之
15:00~ “先端科学実験教室 ~ホタルの光を作ってみよう!~” 先端研 助教 西村 由希子

コメント(0)
コメントする

「空間知能化」とは?

2008-03-06 :, , , , , , , , : DSI : 1,614 views

「空間知能化」というキーワードをご存知でしょうか?

ロボティクスの世界ではいま注目されている考え方だそうで、私も門外漢ながら空間知能化の研究会なるものに参加させていただいています。

どういうことなのか簡単に説明すると、ロボットをひたすら賢くしていくよりも、そのロボットが働く空間の方にセンサーなどを埋め込んでやって、そのセンサーから得られる情報を逐次ロボットに知らせてあげた方が簡単なのではないか、という話です。

例えば、部屋の中に様々なものがあった場合、ロボットにその全てを自分で認識させてぶつからないように動作させるのは大変ですが、部屋のあちこちにカメラやセンサーが設置されていて、ロボットがなにかにぶつかりそうになったら知らせてやるようにすれば、ロボット自体はそのことから解放され、本来の仕事のための機能に集中させることができるでしょう。

一見デジタルサイネージとは全く関係がないように見えますが、行き着く世界は案外近いようにも思います。

というわけで、「空間知能化」に興味のある方々へのお知らせです。

慶応義塾大学田中浩也研究室 × 彼岸寺
Nature, and Beyond -アニミズムとサイエンスが出会うデザイン展- 開催のお知らせ

生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っている=アニミズム。自然を科学的に分析の対象として捉えてみる=サイエンス。

田中浩也研究室では、先端科学の動向を参照しつつ、またそれと同時に個々人の自由な発想と感性によって自然を捉え、常に「自然を参照する」ことによって、昨今の「ユビキタス」と呼ばれる新興技術群を用いたデザインの試みを行って来ました。
当研究室の目的はこれらの技術を「機能」の問題ではなく「表現」の問題として捉え、新たな“見える価値”を提示することです。

本展覧会は、寺院というまさに森羅万象と人間との深淵な対峙によって築かれた精神文化を担う場において、アニミズムとサイエンスはいかなる相補性を持ち、いかなる相乗効果を生み出すかを世に問う試みです。

展示予定作品:
Plantio (日本グッドデザイン賞2007新領域部門受賞等)
Oto-Shigure (WISS2007最優秀デモ発表賞受賞等)
Ene-Geomatrix (学生CGコンテスト2007インタラクティブ部門最優秀賞等)
石のイシ (CHI2007発表、日本科学未来館「予感研究所」出展等)
SKYLIGHT (JWDA日本ウェブデザインアワード・ニューフェイス賞等)
Bogs (SIGGRAPH2007アートギャラリー出展等)
および新作

日程:2008年3月7日〜8日 17時〜22時
*法要等が入った場合は、展覧会が中止となる可能性があります。
中止の場合は当日朝までにWEBページにてお知らせします。

会場:梅上山 光明寺
営団日比谷線 神谷町駅から徒歩1分
※車でのご来場はご遠慮ください
入場無料

お問い合わせ:田中浩也研究室
TEL:090-7224-5231

主催:田中浩也研究室×彼岸寺

トークシンポジウム出演予定者:
渡邊淳司(NTT/さきがけ)
石若裕子(SoftBank)
福原志保+Bradley Fraser (バイオメディア)
松本圭介×松下弓月(彼岸寺:http://www.higan.net)

詳しい日程・内容・アクセス方法はウェブサイトをご参照ください
http://mountain.sfc.keio.ac.jp/NatureAndBeyond/

コメント(0)
コメントする