Page 1 of 512345»

「次世代」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


Panasonic Lifewall を見てきました

2008-12-13 :, , , , , , , , , , , , : DSI : 1,428 views

ある意味、究極のデジタルサイネージといえそうな Panasonic Lifewall を見てきました。CEATEC 2008 でも発表され、海外での評価も非常に高かったものですが、お台場のパナソニックセンターで見られるようになりました。

Lifewall デモ @ パナソニックセンター

壁が一面ディスプレイになっていて、身振りで操作できるインターフェイスを備えています。壁の模様替えをしたり、デジカメから写真を選んで飾ったりというデモのほか、ビデオ会議風に遠隔地からバイオリンのレッスンを行うなどの活用シーンを見せてくれます。

リアプロジェクションなので壁の裏に隠し部屋が必要になってしまいますが、将来的には家庭でも使われる日が来るのかも知れません。In-Home っぽい製品ですが、名古屋のミッドランドスクエアに導入されているらしいです。

以下は CEATEC 2008 でのデモンストレーションの様子です。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=c60-wV7fu04]

コメント(0)
コメントする

レストラン向けセルフチェックアウト・デジタルサイネージ・システム

2008-12-10 :, , , , , , , , , , : DSI : 580 views

日本でも居酒屋チェーンなどでタッチパネル式のオーダー端末を導入しているところがありますが、欧米ではさらに支払い機能まで付いたものが主流になるかも知れません。

クレジットカードやデビッドカードでの支払いには、スキミング(不正コピー)や不正請求などの不安があるという人もいるでしょう。テーブルに設置された端末で自分で支払いができればそうした心配はなくなります。また支払いのために店員を呼んだり、待たされる必要もありません。

タッチパネル式のオーダー用端末には広告や販促用のコンテンツを流すことも可能なので(デジタルサイネージですね)、顧客体験の向上とレストランの売上向上を同時に狙えるということで、導入が進んでいるようです。

デジタルサイネージとセルフサービステクノロジーは親和性が高く、組み合わせが有効だと思われます。

Ziosk

While some quick-service chains such as Jack in the Box are testing self-service kiosks located near the service counter, the trend among most fast casual chains leans toward pay-at-the-table options. Boston-based Legal Seafoods has pay-at-the-table devices at more than a dozen of its restaurants, with plans to introduce the devices in all locations by the end of the year.

Pay-at-the-table becomes more like pay-on-demand より、一部引用)

コメント(0)
コメントする

ポータブルTVなどの液晶パネルを高効率で製造する新技術

2008-12-07 :, , , , , , , : DSI : 316 views

ガラス基板の代わりにプラスチックフィルム・ロール素材の貼り合わせで液晶パネルを製造する技術を独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が開発したそうです。

これってすごい技術ですよね。もちろん世界初だそうです。最近は韓国・台湾メーカーの追い上げが激しく特許の出願件数でも日本が負けていると聞きますし、液晶分野での有望な新技術として期待したいです。

NEDO の新技術
新たに世界初の技術として実現したのは、厚さ0.1mm/幅300mmのカラーフィルタと厚さ0.25mmのTFT基板を貼り合せて、3.5型カラーTFT液晶パネルを連続作成する工程。シール材描画→液晶滴下→貼り合わせまでの過程で、ガラス基板に比べ熱やテンションに弱いプラスチック材でも高精度での位置合わせを可能にした。

この製造技術を実用化することで、工程数は現在の25から9へ、投入から貼り合わせまでの総時間は150分から90分(将来的には20分)へ、設備数は17から3へそれぞれ削減可能と予測。組み立てコストと、加工エネルギーを大幅に抑えられる

ポータブルTVなどの液晶パネルを高効率で製造する技術 より、一部引用)

コメントを表示する(1)
コメントする

日本製のロボットキオスクが海外で話題に

2008-12-02 :, , , : DSI : 687 views

アメリカの有名ブロガーが NEC 製のロボット型キオスクについて書いています。

こんなのは格好だけだと揶揄していますが、コメント欄にはこれははじめの一歩に過ぎず、これからすごいことになるんじゃないか、といった意見も多いですね。日本はロボット先進国として認識されているようです。

日本製のロボットキオスク

Look, Japan, I know you have a thing for robots. It’s awesome, really. Robots are very cool. But sometimes it seems like you’re just trying too hard.
DVICE: Japan stretches the definition of ‘robot’ with a ticket kiosk より、一部引用)

コメント(0)
コメントする

台湾メーカーからも手のひらサイズの超小型プロジェクターが発売

2008-11-30 :, , , , , : DSI : 1,227 views

先週、3M 社の手のひらサイズプロジェクターを紹介したばかりですが、クリスマス商戦に向けて台湾のメーカー Optoma からも超小型プロジェクター PK101 が発売されます。

Optoma PK101

コントラスト比は1000対1、投影できる映像のサイズは 6インチ〜66インチ相当で、iPodや携帯電話機,PDAなどのコンポジット信号を出力できる機器が接続可能とのこと。

面白いガジェットですね。携帯電話や PDA に搭載される日も近いかも知れません。

外形寸法は105mm×51mm×17mmとポケットに入るほど小さく,2次電池を含む重さは120gとiPodシリーズの「iPod touch」並み。光源のLEDの寿命は2万時間とする。動作モードには,「通常」と「省電力」の二つがある。通常モードでは明るさが10lmで,省電力モードでは同5lmほど。消費電力はそれぞれ4.8Wと3.5Wとする。省電力モードの場合,内蔵するLiイオン2次電池だけで連続2時間動作する。フル充電にかかる時間は4時間ほどだという。充電はACアダプター,あるいはmini USBを介して充電する。

「DLP Pico」を採用した超小型プロジェクターの国内販売がいよいよ開始 より、一部引用)

コメント(0)
コメントする

3M から手のひらサイズのプロジェクター登場

2008-11-23 :, , , , , , : DSI : 925 views

プロジェクターもここまで小さくなるといろいろな用途が思いつきますね。

MPro110

3M からマイクロ プロフェッショナル プロジェクター MPro110 が登場しました。

重量わずか 160g で 投影サイズは 8〜48インチ。Amazon で 53,800円です。

プロモーションビデオが素敵です。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=SgZV2ZCEyYE&ap=%2526fmt%3D18]

コメント(0)
コメントする

広告効果も脳波で測る時代へ:米ニールセンがニューロ・マーケティングを開始

2008-11-14 :, , , , , , , : DSI : 1,596 views

デジタルサイネージにとって効果測定は非常に重要なポイントですが、広告を見たかどうかだけでは不十分で、それを見てどう感じたか、ほしいと思ったのかどうかが本当は知りたいわけです。

脳波を使った効果測定技術によって、まさにそれが可能になるかも知れません。米ニールセン・カンパニーが、ニューロフォーカス社との提携によってニューロ・マーケティング事業に乗り出しました(同社プレスリリース)。ニューロフォーカス社は脳波の研究成果を広告や番組、メッセージングに応用するマーケティング企業です。

同社では、被験者のかぶったヘッドギアから毎秒 2,000回のリアルタイムな脳波情報を計測し、視線追跡や皮膚伝導反応などのデータと組み合わせて解析することで、注意、感情、記憶(Attention, Emotional Engagement, Memory Retention)を数値化。そこから説得性、意識性、新規性(Persuasion, Awareness, Novelty)の評価を導き出します。

このサービス自体はマーケティングにおけるグループインタビュー的な過程を科学的な手法で置き換えるものでしょうが、いずれはデジタルサイネージなどを含めたあらゆる広告媒体の効果測定にも応用されるのではないでしょうか。

研究室レベルではすでに、室内にいる集団の脳波や心拍数などを同時に計測する研究も行われているそうです。なんだか心の中を覗かれるような感じもしますが、こうした研究によっていわゆるウザい広告が減るのであればいいことなのかも知れません。

世の中にあふれる広告の多くが実際に効果をあげているのかどうか、というのは興味深いところですね。

コメントを表示する(1)
コメントする