「海外事例」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


動画コンテンツの視聴率~適度な動画と更新頻度が効果最大化のカギ

2009-04-18 :, , , : tsuge : 814 views

英OOHメディア企画会社のKineticによる調査で、動画のサイネージは、静止画像よりも高い視聴率・視聴時間を得られるという結果が出ました。

この調査では、実在するブランドの、3種類のバージョンのデジタルサイネージがLondon Bridge駅に11日間表示されました。ひとつは静止画像、二つ目はテキストとイラストの動画、三つ目はすべて動画で構成されたアートワークです。

注目すべきは、「動画を入れることで視聴時間が30%アップするが、さらに凝った動画にすることが必ずしも更なる視聴率アップに繋がっていない。」というKinetic社のコメントです。

また、頻繁に広告を変えるほうが、同じコンテンツを表示し続けるより効果的、という調査結果が出ており、
「いろんな広告をループさせるスタイルが、ベストの視聴率・視聴時間を得る、つまり、定期的にコンテンツや広告スタイルを変えることで、人々の関心を集めることができる」とKintetic社は分析しています。

つまり、ひとつのコンテンツに投資しすぎるのではなく、費用対効果のバランスを考え、程よく動画を入れて注目を集め、さらにコンテンツをテンポ良く更新していく、ということが、広告効果最大化へのキーポイントといえそうです。

なお、原点回帰的な視点ですが、デジタルサイネージは、印刷されたポスターに比べ、2倍の視聴率を得られ、視聴時間は60%長い、という調査結果も出ています。

(Research: animation holds attention longer から一部引用)

コメント(0)
コメントする

霧の中からデジタルサイネージ

2009-01-09 :, , : nishizawa : 531 views

フィンランドのFogScreen社が初めての小売業の顧客(ファッション・モール)を獲得しました。この企業の革新的なディスプレイは極小の水滴で作られたスクリーンにイメージを投影するタイプのものです。

フィンランドのショッピングセンターIdeaparkのファッションエリアに3mの長さのスクリーンが設置されました。FogScreenのスクリーンは半透明で、非常に小さな水滴で構成されているため触っても乾いた感じだそうです。

マーケティングに5年以上費やしてきた同社は今後、店舗やモール向けに、更なる商品開発を考えています。
写真だけでは分かりずらいので動画でご覧下さい。子供が楽しそうに遊んでいます。

[youtube:http://jp.youtube.com/watch?v=gZK5Y_J-UCY&feature=PlayList&p=C2BAFB0F1D35FA67&playnext=1&index=6]

デジタルサイネージには続々と新しいテクノロジーが活用されるようになってきていますが、その多くはインタラクティブ・アートやメディアアートに源泉があるように思います。今後はデジタルサイネージとアートの境界線上にあるクリエイティブが新たな潮流として増えていくのではないでしょうか。

Finland’s FogScreen has won the first retail customer for its innovative display which projects images onto a see-through fog of minuscule droplets.

(Fashion mall projects promotions onto fogより、 一部引用)

コメント(0)
コメントする