「自動生成」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


かっこいい動画を自動で生成してくれる、あのサービスがパワーアップ

2008-11-13 :, , , , , , , : DSI :

YouTube の隆盛を引き合いに出すまでもなく、世の中はすでに動画の大量消費の時代に突入していると言えそうですが、今後デジタルサイネージが世界的に普及してくるとクオリティの高い動画コンテンツを大量かつ安価に制作・供給する需要が生まれるでしょう。
その際の方向性のひとつとして動画の自動生成が考えられるわけですが、その一翼を担うことになりそうなのが以前にもご紹介した animoto.com です。
写真や音楽のファイルをアップロードすると自動的にかっこいいビデオに編集してくれるオンラインサービスですが、最近さらにパワーアップしてテキストの挿入や一部の画像の強調も指定できるようになりました。画像のエフェクトも新たにかっこいいものが多数追加されている模様です。
Animoto の新しい操作画面
さっそく試しにつくってみたのがこちら(音楽ファイルは animoto 側で用意されている数百曲の中から選びました)。無料では短いクリップしかつくれませんが、商業利用が可能なオプションも用意されています。
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=6UI4ZM3SeX0]
完全自動でここまでできるとは驚きですね。こういうビジネスモデルもありかなという気がしてきました。

コメントする

平凡な動画をかっこいい作品にしてくれるサービス!

2008-07-24 :, , , , , : DSI :

BeFunky
これまでにも ANIMOTOJIBJAB など、デジタルサイネージにも使えそうな動画コンテンツを自動生成してくれるサービスをいくつか紹介してきましたが、まだまだアイディアは尽きないようです。
今回は平凡な動画をかっこいい作品に変身させてくれるサービス。その名も『BeFunky』です。
[vimeo:http://www.vimeo.com/1095533]
素人っぽい出来映えのホームビデオも、2006年公開のアメリカ映画『スキャナー・ダークリー』みたいにクールな映像に変わりますね。Video Cartoonizer というそうです。

コメントする

自分が主役のおもしろ映像をどんどん作れるサービス:JIBJAB

2008-07-14 :, , , , , , , : DSI :

デジタルサイネージのコンテンツは自動生成が向いているのではないか?という視点から、デジタルサイネージに使えそうな動画コンテンツを半自動的に作成してくれるサービスを紹介してみようと思います。
エンターテインメント性を重視したクオリティの高い動画コンテンツを自動生成するサービスのひとつとして、JIBJAB というとても面白いサービスがあります。
以前にご紹介した ANIMOTO はかっこいい映像をつくってくれるサービスでしたが、こちらはお笑い系のコンテンツに特化しています。
しかも顔写真をアップロードすることで、自分や友人が登場するムービーが簡単に作れてしまうというすごいサービスです。数多くのストーリーがテンプレートの形であらかじめ用意されており、登場人物の顔の部分が入れ替え可能になっています。そこに任意の顔写真をはめ込むことが可能になっているのですが、台詞に合わせて口パクまでするという凝りよう。また一度アップロードした顔写真は自分のヘッド(頭)コレクションに保存されて使い回しができるようになっています。
残念ながら作成した映像を自分以外の人に見せるのは有料なのですが、かなりクセになりそうな面白さです。
こういう要素をデジタルサイネージに取り入れて行くと面白いことになりそうな気がします。広告も埋め込んだりできそうですよね。
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=44RGOcQvtic]

コメントする

かっこいい動画コンテンツを自動生成するサービス:ANIMOTO

2008-07-14 :, , , , , , : DSI :

デジタルサイネージが普及するにつれて、安価な映像コンテンツが大量に必要となることが予想されます。また今後は、時と場合(場所)によって内容が随時変化し続けるようなコンテンツが求められるようになるのではないでしょうか。
そのようなニーズに応えるための可能性のひとつとして、動画コンテンツの自動生成というアイディアが有効だと思います。
そこで、すでに存在するサービスの中から具体例をお見せしましょう。
アメリカの animoto.com というサイトでは、ユーザーがアップロードした数枚の写真と音楽データから動画を自動的に作成してくれます。しかも、はじめに音のビートを抽出し、音楽に合わせて凝ったエフェクトを次々とかけていくため、VJ がつくったようなかっこいい映像ができ上がるという仕掛けになっています。
Animoto Window 01
Animoto Window 02
30秒間までの映像(写真15枚程度まで)であれば無料で作成することができ、完成したムービーを1クリックで YouTube にアップできるようにもなっています。音楽ファイルは自分でアップロードする以外にも、あらかじめジャンル別に用意されている百数十曲の中から選択することもできます。
実際に作成した動画はこんな感じです。かっこいいコンテンツが簡単にできてしまいます。
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=joRQVH17CAg]
最近はビジネスユーザー向けの Animoto for Business も展開しています。
デジタルサイネージは今やコンテンツが焦点になりつつあるので、今後はこの手のサービスが注目されるようになるかも知れません。

コメントする