Page 1 of 3123»

「配信」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


米配信ソフト大手の Stratacache が SaaS 型に転向

2008-12-01 :, , , , , , : DSI : 766 views

米デジタルサイネージソフトウェア大手の Stratacache 社は、同社の配信ソフトウェア ActiVia for Media を2009年1月1日から SaaS(Service as a Service)型で提供します。

ソフトウェアをインストールすることなく、サーバー側に用意されたソフトウェアを月額料金で利用する SaaS 型のデジタルサイネージソフトウェアは近年増えており、以前にもご紹介したように様々なメリットがあると言われています。

Stratacache 社では来年3月まで乗り換えキャンペーンを展開しますが、すでに大手ネットワークに導入されている non-SaaS 型の提供も引き続き行うということです。

ActiVia for Media

Stratacache is the latest digital-signage technology supplier to turn to the software-as-a-service (SaaS) model.

From 1 January it will offer its ActiVia for Media system as SaaS, with users paying a monthly fee per connected media player. A special deal will be offered during the first quarter for users switching from other digital-signage technologies.

Stratacache to launch SaaS version of ActiVia より、一部引用)

コメントを表示する(2)
コメントする

デジタルサイネージソフトウェアの選び方:The Screen Forum イベントレポート

2008-11-19 :, , , , : DSI : 293 views

イギリスの The Screen Forum の定例イベントのレポートをご紹介します。テーマは『デジタルサイネージソフトウェアの選び方』です。

デジタルサイネージのソフトウェアは SaaS型と Enterprise(非 SaaS)型に大別されますが、どちらの場合も長期のスケーラビリティがカギになると考えられるため、ポイントは拡張性とカスタマイズ性だろうという結論です。

ソフトウェア選びの具体的なチェックポイントは以下の2点になります。

  1. プログラムの拡張が可能な API を備えているか
  2. プログラムのカスタマイズをやってくれる業者を紹介してくれるか

So, the key decision making criteria in selecting digital signage software ? From what we can see they are probably -

(A) check your supplier’s list of API’s to make sure the add-on ability is there,
(B) make sure they can recommend someone to work with in developing around them.

Selecting Software For Digital Signage - The Screen Forum Event Review より、一部引用)

コメント(0)
コメントする

米Helius から Mac ベースのデジタルサイネージシステム登場

2008-11-14 :, , , , , , : DSI : 1,179 views

以前から、アップルがデジタルサイネージに参入するのではないかという噂がありますね。その理由は主に、Apple TV を使えばすぐにでもデジタルサイネージのフルサービスが可能なのではないか?というもので、Apple TV は価格も¥36,800 と手頃なことから現実的な話と言えるかも知れません。

Helius 社が発売した新しいシステムは Mac ベースのメディアプレイヤーを使用します。Apple TV ではなく Mac Mini ベースですが、市販されたものとしてはおそらく初めての Mac ベース製品ではないでしょうか。

Helius 社 はソフトウェア会社で PowerPoint を使ってデジタルサイネージのコンテンツを制作しマルチネットワーク配信ができるソフトウェア MediaAuthor を発売しています。今回はこの MediaAuthorソフトウェアのバージョンアップと共に Mac Mini ベースのシステムが発売されました。

MediaAuthor

The company has also released the complementary SST-Mi Media Player system, which runs on an Apple Mac Mini computer and sells for just $1500.

Helius soups up software, adds Mac-based player より、一部引用)

コメント(0)
コメントする

ほかにもあった無料のデジタルサイネージ・ソフトウェアと、それぞれのビジネスモデル

2008-08-14 :, , , , , , , , : DSI : 5,537 views

無料のデジタルサイネージ・ソフトウェアをご紹介しましたが、探してみるとほかにもありました。

今回はそれらの無料ソフトウェアと、それぞれのビジネスモデルについてご紹介します。

まずはこちら、インドの Pune に拠点を置く InfoSignz Technologies 社 です。ウェブベースのソフトウェアになっており、ダウンロードやインストールが一切不要というのが特徴です。世界中どこからでもブラウザーで管理画面にアクセスできる、いわゆる SaaS 型のソフトウェアです

気になる収益モデルは以下の2つです。

  1. 無料サービスでは提供していない機能を有償で提供する
  2. 利用者のデジタルサイネージネットワークを繋ぐことが出来るので、そこに広告を流す

現在は1. のビジネスモデルとして、月額 $9.99 の Pro バージョンを提供していますが、無料版でも動画、FLASH、RSS、テロップなどに対応しているほか、タッチスクリーンにも対応しており、インタラクティブなデジタルサイネージにも使用できます。すでに 1,100 社以上が利用を開始しているそうです。

InfoSignz free version is loaded with advanced features; it can play video, flash files, image show, RSS feeds, and tickers. InfoSignz can be customized to deliver targeted content, product and sales promotions, weather and news updates, RSS feeds and other high impact content to different audience at different time. This free application can also be used with touch screens and kiosks to enable interactivity and to engage customers.

During the beta launch, InfoSignz, free version has received more than 1100 client signups from USA, Europe and Asia.

InfoSignz Technologies launches free digital signage platform より、一部引用)

続いてご紹介するのは、アメリカの RMS Networks 社 が提供する rVue という無料ソフトウェアです。こちらのソフトもウェブベースになっていますが、より広告配信を意識したつくりになっています。

rVue では広告のクリックスルー・レートや収入実績を含むパフォーマンスレポートを作成する機能を備えるほか、広告の空き枠をキーワードマッチングによる広告で自動的に埋める機能もあるそうです。また、ロケーションオーナーがプレイリストの中に挿入する広告を選択し、それによって広告収入の一部を得られるような仕組みが組み込まれているそうです。

ビジネスモデルとしては、上記の2番目のモデルに該当しそうです。

RMS Networks launched a free digital signage software offering on Wednesday that helps operators sell advertising faster and fill unsold slots on their networks.

rVue, which RMS said has already been field tested by many businesses, is designed to streamline how ads are placed on digital signage networks and generate performance reports detailing how successful those ads are in playback, including click through-rates by the outlets and revenue paid by the advertisers for those clicks.

RMS NETWORKS LAUNCHES rVue より、一部引用)

コメントを表示する(2)
コメントする

SaaS 型デジタルサイネージ・ソフトウェアのメリット

2008-08-14 :, , , , , , : DSI : 1,477 views

SaaS(Software as a Service)という言葉をご存知だと思います。パッケージソフトウェアを買って自社のコンピューターにインストールするのではなく、ベンダー側のサーバーにあるソフトウェアをネットワーク越しに利用するような形態のものを指します。

日本国内ではほとんどありませんが、欧米ではこの SaaS 型のデジタルサイネージ・ソフトウェアが徐々に増えているようです。日経マイクロデバイス誌の8月号(p.58)にも書きましたが、この方式にはサーバー設置費用やサーバー管理者を社内におかなくてよいなどのメリットがあります。またデジタルサイネージネットワークの拡大に伴い、運用や制作の一部を外部に委託するようなケースが増えれば、ウェブ上のどこからでもアクセスして管理できるというメリットがさらに大きくなる可能性もあります。

米国で SaaS 型のデジタルサイネージ・ソフトウェアを提供する BroadSign 社 によると、SaaS 型には以下のようなメリットがあるそうです。

  • ネットワーク運用側で追加のインフラ投資が不要(ソフトウェア提供側が受け持つ)
  • サーバー、コンテンツ配信、データベースなどの管理に必要なハードウェアや人的リソース、帯域を節約できる
  • ソフトウェアのインストールやアップデートなどに要する費用と時間をかなり節約できる
  • ネットワークの技術面の心配から解放され、本来のビジネスに集中できる
  • ソフトウェアは随時更新されるため、常に最新の技術が自動的に適用される
  • ソフトウェア・ライセンス料にかかる高額の先行投資が、安価な月額費用に分割される

Let’s see how a SaaS solution can resolve the typical challenges of digital signage networks:

  • Networks don’t have to invest in additional IT infrastructure; the software company has already done that for them.
  • Networks do not need to manage a server, content distribution, or a database, which incur high hardware, personnel and bandwidth costs.
  • The Software as a Service approach significantly reduces deployment costs, maintenance overhead and time to market.
  • Operators can focus on their core business and not worry about technical aspects of a network.
  • Networks are always using the latest technology and business methods, as software upgrades are included in the contract at no extra charge.
  • The SaaS model breaks up the upfront software licensing cost into low monthly fees.

Technology News: SaaS: Riding the Digital Signage Wave the SaaS Way より、一部引用)

コメント(0)
コメントする

世界初、無料のデジタルサイネージ・ソフトウェア:そのビジネスモデルとは

2008-08-13 :, , , , , , , : DSI : 2,878 views

オーストラリアから、ついに無料のデジタルサイネージ・ソフトウェアがリリースされました。世界初だそうですが、石油メジャーのひとつである英 BP Oil p.l.c. も採用を決めたそうです。

そこで気になるのは、やはりビジネスモデルですね。

開発元の Digital Recall 社 では、広告制作も格安で請け負っているほか、様々な有料オプションを設けています。例えば、デフォルトでは Digital Recall 社 の広告が挿入されますが、これを消すには $30、ウェブページを読み込んで表示させる機能を追加するには $60、.mov, .swf, .avi に加えて .mpg, .wmv, .divx などのフォーマットの動画も再生させたい場合は $30 といった具合です。インターネット上のフリーウェアやシェアウェアなどによくあるやり方ですが、必要な機能にだけお金を払えばいいという点はユーザーにとっても嬉しいでしょう。

Digital Recall 社 のモットーは “We make it easy!(もっと簡単に!)” であり、デジタルサイネージは顧客にメッセージを伝えるのに効果的な手段なのだから、大企業のみならずあらゆる企業が使えるようにするべきだとの考えから、その障害となっているコストと複雑さ(Cost & Complexity)を取り除こうとしています。

ちょっとした発想の転換ですが、非常に面白いアプローチだと思います。日本のソフトウェア開発会社にとっても参考になるのではないでしょうか。

In addition to their many users around the world, BP Oil Plc is now a user of Digital Recalls Free Digital Signage Software.

Digital Recall is a world-first provider of free digital signage software for the centralised online control (over LAN or Internet) of a network of one or more monitors at one or more locations.

Simply download the software from their website www.digitalrecall.com.au. Complete User manuals are provided, and users can use their own equipment and their existing internet service.

BP Oil Plc Uses Digital Recall - Worlds First Free Digital Signage Software より、一部引用)

コメントを表示する(4)
コメントする

画面のないデジタルサイネージ?:ワンセグを利用した配信システムとは

2008-08-11 :, , , , , , , , : DSI : 1,043 views

放送波を利用したデジタルサイネージについて以前書いたことがありましたが、ワンセグの微弱電波を使ったコンテンツ配信システムが発売されました。

  • 微弱電波のため放送局としての免許取得が不要
  • 映像とデータ放送を同時に配信することによりWEBサイトへの誘導も可能
  • 送信機をネットワークにつなぐことでネットワーク経由でのコンテンツ管理・運用が可能

など、かなり面白い内容になっています。

デジタルサイネージでは必ず必要となるディスプレイモニターについては、お客さん一人ひとりのワンセグ携帯の画面がその役割を果たします。

博物館などでは音声ガイド端末が売り切れ状態で利用できないことがありますが、自分の携帯で音声ガイドが見れるようになれば、そうした問題は解消しそうです。店頭で買い物中にワンセグ携帯を取り出して映像を眺める人がどのくらいいるのかについては想像がつかないので、実証実験などが必要かも知れません。

店頭や店舗内のショーケース、展示品などの前にいるお客様に対し、商品説明やクーポン発行サイト情報などのコンテンツを、微弱電波を利用し、携帯電話などのワンセグ対応端末に配信するシステム「スポットキャスト」を、本日より発売します。

「スポットキャスト」のイメージ

微弱電波によるワンセグコンテンツ配信システム「スポットキャスト」を発売: 富士通 より、一部引用)

コメント(0)
コメントする