Page 1 of 212»

「media-architecture」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


Nike Store 吉祥寺で3Dプロジェクションマッピング→T601インタビュー

2010-12-24 :, , , , : DSI : 8,074 views

最近何かと話題の3Dプロジェクションマッピングですが、12/23-25期間中Nike Store 吉祥寺の10周年記念のイベントとして「NIKE KICHIJOJI 3D ILLUMINATION」行われました。テーマは「好きに走れ」だそうです。下記がバイラルムービーですが、なにやらかっこいい雰囲気が満載です。

制作を担当された制作チームT601さんのリリースを引用させて頂きます

私達はT601という映像制作、デザインチームです。

東京と大阪で活動しています。
今回NIKEの事例でも使用した”3Dプロジェクションマッピング”を使った演出は、
広告としては日本初(電通調べ)で大阪道頓堀でNTT docomo様をクライアント
として弊社で企画制作、映像クリエイティブからマッピング技術までを駆使し実施しました。
去年の12月のことです。
http://vimeo.com/10578604 (見やすく編集してるバージョン)
http://www.youtube.com/watch?v=FXdSPWc85r4&feature=related

下記は他の事例。私達が数年前よりアート活動の一環としてやっていました。
http://vimeo.com/10579488
http://vimeo.com/10578994

今回のナイキの事例も全く同じ表現をしております。
A
私たちは”世界中をキャンバスにしよう”というテーマでアートデザイン活動をしておりまして、
3Dプロジェクションマッピングはその活動の一例です。
弊社のプロジェクトはLANP(Lighting Art Makes New Presence)という名前です。
新しい映像の可能性を追求しております。
B

広告活動でないアート活動のプロジェクションマッピングも近いうちに東京でやる予定にしておりますので、
また皆様に連絡させていただきます、

http://www.lanp.jp/

■制作を担当されたT601のディレクター松本さんとグループ会社スイッチのプロデューサー福本さんにちょっぴりお話を聞いてきました!

DSI T601はどんな制作チームになりますか?

関西を中心に活動していた映像デザインチームです。企画、演出、デザインなど様々なメンバーが集まり、一貫して映像を作り上げるのを得意としています。最近東京にも拠点を持ち首都圏にも活動地域を広げています。仕事ではCM、映画、PVなどのモニターで流れるハイクオリティーな映像制作もしますし、今回のような3Dプロジェクションマッピングなどを含めた新しいジャンルの表現は”LANP”というプロジェクト名で活動しています。LANPでは様々な新しい映像表現の可能性を追求、”世界中をキャンバスに”をテーマに活動してます。
T601
左からスイッチ福本さん、T601松本さん

DSI 今回のNIKEさんの案件のきっかけや、制作にあたって大変だったことはどんな事でしょうか?

仕事のきっかけはNIKE様が僕らのことを気に入ってくれたことですかね。クライアントが僕らのデザインを信頼してくれて、ほぼ内容はお任せだったので楽しく制作できました。周囲環境も重要な要素になってくる部分の多い表現なのですが、音楽を頼んだミュージシャンも、その辺りを考えてくれた曲で映像と環境と音楽が上手くシンクロできたと考えています。
takahashisan
音楽を担当された高橋琢哉さん

DSI 3Dプロジェクションマッピングは海外での事例が多いと思いますが、注目している他の制作チームや作品はありますか?

アメリカ関係の会社は資本も巨大で、イベントとしても大きいことをやってるので、楽しそうだなと注目してます。

DSI 今後の活動の予定を教えてください

仕事の企画はお話できませんが、私たちのアート活動として企画してることがあります。3Dプロジェクションマッピングは、関西では街中でアート活動として巨大な建物に投映し実施したこともありますし、広告として日本初で3Dプロジェクションマッピングを使った道頓堀での事例でもたくさんの人が見に来てくださいました。東京でも一度見たいという声を多く聞きますので、東京で建物にマッピングする企画を考えている所です。その時は皆様をご招待できたらと考えています。

DSI ありがとうございました!

DSI
3Dプロジェクションマッピングは屋外の公共空間を使うので許認可関連が大変だとお話されていましたが、企業のコマーシャル以外であれば許される場所もあるそうで、T601さんはクライアント案件ではなく自身の作品としてなんばHatchに投影を行ったことがあるそうです。NPOやソーシャルなプロジェクトでプロジェクションマッピングを行うのも面白いかもしれませんね。「お寺でやってみたい!」とも仰ってましたが、大学の敷地内なども可能性がありそうです。ともかくクリエイティブ力と実施力のあるチームですので、興味のある方は連絡してみてくださいね、

コメントを表示する(5)
コメントする

コンテンツが建築を表現する!! 第3回

2009-07-30 :, , , , , , : DSI : 353 views

前回は、2つの事例を紹介しました。

Blinken Lightsのコンテンツは、多方面からの相互アクセスを武器に建築ファサードをみんなで楽しめる遊び場にかえています。ソフトウェアがあり、それにアクセスする誰かと、その誰かと対戦する、またはメッセージを受け取るそのまた誰か。人の流れがサークル状になっています。場の活性化には大いに役立つと思いますが、この効果はやはりイベント、テンポラリーであるがゆえではないでしょうか。面白い仕掛けも毎日当たり前にそこにあれば、飽きられてくるでしょう。

そして、バイエル製薬のプロジェクト。
まだ完成していませんが、すでに一部から個人の意識への刷り込みにつながるのではないかと危惧されています。
そもそも広告は、それを意図してみる人、意図してみない人へ潜在的に商材をアピールするためにあるものでしょう。しかしテレビやインターネットではなく、スイッチをつけなくても目に入る公共空間において、このようなコンテンツが印象的な建築と一体化していくとどのような影響を及ぼすのでしょう。

この2点は『コンテンツに問われる役割』を考えるうえで、頭を悩ますところではないでしょうか?

2008年のメディアファサードフェスティバル@ベルリンでもこの点に関しては、活発な意見の交換がおこなわれていました。
それぞれの立ち位置によって意見は異なりますが、CMAというMedia とArchitectureをインテグレートする建築プロジェクトをさらに推し進めていくには、相互の理解を深めていかなければいけないでしょう。そういう意味で、さまざまな分野の人たちが参加した今回のフェステイバルは非常に有益であったと思います。

また、2008年は、新規高層建築の開発が盛んなベルリンに場所を移したことで、2007年にスピーカーたちが取り上げたプロジェクトをより具体的に分析し、それらを実現可能にした実機の展示も可能とし、より総合的に紹介する大きな場となりました。

ちなみに会場は、ベルリン・ドイツ建築センター。かつて黒川紀章氏の『Metabolism and Symbiosis』の展覧会が行われた場所です。


もちろん、コンテンツに寄りすぎることなく、より多様化・複雑化する建築にどのように技術が応えていくのかも引き続き大きなテーマでしょう。この場で初のお披露目となる新製品はありませんでしたが、印象としては、より収まりの美しいものや、高額案件になりがちなものをスペック、価格ともに納得できるものに落とせる製品が提示されていました。

最終回では、その中の一つをとりあげてみたいと思います。
それではまた次回。

コメント(0)
コメントする

コンテンツが建築を表現する!  第2回目

2009-07-03 :, , , , , , : paul : 558 views

照明によって照らし出されるだけだった建築ファサードは、ファサード自身が発光し(ディスプレイ)、頭脳を持つ(データー送出)ようになりました。映像と構造体の建築的関係の様変わりは、単に完成した建築の視覚的外観だけではなく、プランニングや建築工事過程においても非常に重要な密接関係にあります。

日本の各都市では、まだまだ箱物的な大型LEDビジョンが主流です。そこに流れるコンテンツは情報や広告が多く、建築と結びつきのある内容や建築の所有者である企業のあり方を示唆するようなものではありません。それゆえ、情報の垂れ流しとなり、知的な遊びの感じられないものになっているのも事実です。

2007年のMedia Architecture Conferenceの参加者やパネラーは欧州出身者が多く、欧州の土壌は日本よりもずっとアートや公共性に理解や重きをおいていると思います。

そこで、今回はCMA(Creative Media Architecture) の2つの実例をご紹介したいと思います。一つ目は、会議でもパネリストとして参加されていたBlinken Lightsの2001年、2002年の実例です。少し古いので、さまざまな媒体ですでに目にされている方々も多いかと思います。建物のある場とその街にくらす人たちをつなぐ楽しいコンテンツです。
常設ではなく、期間限定のコンテンツということで成り立つものですが・・・・

【Blinkenlights】 期間:2001年9月~2002年2月 / 2003年12月~2004年1月
アレキサンダー広場前/ベルリン

14×8個の窓を使いそのビルの壁面が、ピクセル数144のスクリーンとなる。一般ユーザーは、ブリンケンペイントのソフトをダウンロードし、誰でも簡単にアニメーションが作れるようにした。各窓の後ろに、光源として、スダンド型のスポットライトが仕込んである。また、窓は内側より白くペイントされている。

予想外の反響で、ピンポンゲームとブリンケンラブレターというあらたな企画を立ち上げる。ピンポンゲームは携帯を使って、コンピューターもしくは、自分の友人を相手にスクリーン上でゲームを楽しめる。また、ラブレターは、事前にアクセスコードをもらい、それにより、時間指定で自分のメッセージ付アニメーションを流すことができる。簡単なソフトで分かりやすい絵がつくれるということで、非常に注目を浴びるスポットと化した。

【Arcade】
期間:2002年9月~10月
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=Fagx-Gj6nKg]
セーヌ川ほとり、フランス図書館の1棟のファサードを使用。ベルリンのバージョンアップで、20×26個の窓を使ったピクセル数520、スクリーン面積33720㎡ このスクリーンに変身したビルの大壁面で、携帯を使ってリアルタイムにテトリスゲームが楽しめる。また、このアーケドペイントというオリジナルソフトを使うと、一般ユーザーは絵やアニメーションを作成でき、それをE-mailで送ることで、大スクリーンに反映され、他者と共有し楽しむことができる。           

二つ目の実例は、現在進行形のプロジェクトです。
ドイツ/バイエル製薬の旧本社を取り壊さずに、新たなシンボルとしてLED彫刻にリノベーションするという豪快なもの。
表面積17500㎡は、LEDをマウントしたステンレス素材で覆いつくされ、そのLED数は350万個を越える。バイエル製薬の、革新的で日々研鑽を積む姿勢と常に変わるメディアファサード上の映像がリンクするようです。ただ、これに関しては、いつでもどこでもバイエル社のイメージを目にすることとなり、自分の意思とは無関係に「バイエル製薬」が刷り込まれるではないかと反対意見もあがっているそうです。
工事状況がこちらのyoutubeから見られます。
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=FMYgiLeqItM]

メディアが建築さらにはパーソナルスペースにまで、今よりもずっと深くインテグレートするようになれば、流れるコンテンツにも新たに規制などが課せられるかもしれませんね。消費者の購買意欲に入り込み、刺激するデジタルサイネージのコンテンツは今後どのように変容していくのでしょうね。

それではまた次回。

コメント(0)
コメントする

コンテンツが建築を表現する

2009-06-23 :, , , , , , : paul : 734 views

このブログでも何度か取りあげられているMedia ArchitectureやMedia Façade.緩やかな枠組みで、この新たなシーン:CMA (Creative Media Architecture)をさらなるMediaとArchitectureのインテグレートにつなげようとする団体がMAGことMedia Architecture Groupです。

主にヨーロッパで活躍するリサーチャーや、大学教授、メディアアーティストが中心となり、ここ10年間で、時代の潮流に乗るようになったメデイア建築やインスタレーションを世界に発信しています。

2007年に世界でも初めて”Media Architecture Conference”と銘うったシンポジウムをロンドンで開催しました。この”Media Architecture” @ London, 2008年のMedia Façade Festival @ Berlinの様子などを数回にわたり、ご紹介していきたいと思います。

2007年の”Media Architecture”は、開催時期をPLASA(プロ照明・音響・映像の展示会)とあわせ、ハードウェアメーカーやコンテンツ製作会社、建築家や構造設計事務所など欧州を中心に80名程度が参加しました。アジアからの参加者は私だけでしたが・・・。

カンフェレンスの主旨は、『単なる大型LED ビジョンとは一線を画し、新たな分野・メディアアーキテクチャという建築と一体化したものに関して相互理解を深め、今後の更なる展開を見出す場とする』というもので、最新の実績や現実的なアプローチが紹介されました。

スピーカー及び参加者は、大型LED ビジョンを箱ものから情報をただ垂れ流すものとして捉え、メディアアーキテクチャはメディアが建築の素材として融合され、建築そのものとして存在し、そこで描き出されるコンテンツも建築となりうるものと捉えています。

つまり、映像は建築的要素の一つとなり、今後ますます建築環境におけるメディアの存在が増していくだろうという見解です。

ここで一つ、カンファレンスでも紹介されていた実績を。Uniqa タワー
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=BGNwjO2beFM]

昨今、巷を賑わせているデジタルサイネージとは少し趣きが違うかとは思いますが、新たな切り口の発見と次世代のCMA (Creative Media Architecture)につながればいいですね。
それではまた次回。

コメント(0)
コメントする

メディア・ファサード:デジタルサイネージが景観をつくる

2008-12-29 :, , , , , , , , : DSI : 4,161 views

巨大なデジタルサイネージを用いて、ビルの壁面が巨大な映像装置になったような建物が世界各地にでき始めています。すでにタイムズスクエアだけの話ではなくなっているのですね。

以前、サイネージ建築(Media Architecture)の可能性という記事でメディア・アーキテクチャー(Mediaarchitecture)についてご紹介しましたが、ヨーロッパではこうした建築物の表面を使ったビデオ映像による表現が「メディア・ファサード」いうひとつのジャンルを形成しており、アートフェスティバルも開催されているという状況です。

> Mediaarchitecture » Media Facades Festival 2008

今後は、建築の一部としてデジタルサイネージが組み込まれ都市の景観を形作っていくというのが当たり前になるのかも知れません。

これはオーストリアの Graz という街の美術館に設置されたもので、蛍光灯のサークル管を使ってうねうねとした建物の壁に沿って取り付けられています。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=Uq1lkrtAJ_0]

こちらも蛍光灯を使ったシステムで、ドイツのものです。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=jsupzIjagR4]

次は東京の銀座にあるシャネル・ビルの壁面です。雨に合わせたコンテンツが表示されています。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=7pA5RESEaOQ]

最後はマカオのカジノのビルです。ラスベガス以上に派手ですね。上の事例に比べると「電飾」的な色合いが濃くなります。メディア・ファサードというよりは看板建築という感じでしょうか。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=yKrpA7Z3KeY]

コメントを表示する(1)
コメントする

太陽電池駆動の巨大 LED スクリーン:デジタルサイネージ大国、中国の先進事例

2008-11-12 :, , , , , , , , , , , , , , : DSI : 2,086 views

世界でもデジタルサイネージの成功事例が最も多いと思われる中国ですが、北京には名実共に世界最先端の事例があります。

この Xicui エンタテイメント・コンプレックス・ビルでは、道路に面した壁面が丸ごと LED パネルとなっています。その面積は 2,200平方メートル。「Greenpix Zero Energy Media(グリーンピクス・ゼロエナジー・メディア)」と名付けられたこの巨大なデジタルサイネージは、その名の通り消費電力ゼロで動作するメディアウォールとなっています。

Flash Player 9 以上をインストールしてください。

驚くべきことに、このシステムはすべてソーラーパワーで動いており、パネルのガラス自体に組み込まれた太陽電池が昼間の太陽光を電力として蓄え、そのエネルギーを使って夜間に映像を映し出す仕組みを実現しています。

Zero Energy Media Wall
ガラスに埋め込まれた太陽電池パネル

世界トップクラスの建築とエンジニアリングの専門家が集まって設計したこの建物は、デジタルサイネージの事例としてだけでなく、建築業界や太陽電池業界など多方面からの注目を集めています。

こうした最先端のプロジェクトを進める場合、ニューヨークでは「この技術にはすでに実績があるのか?」と聞かれるのに対し、中国では逆に「間違いなく世界で初めての試みか?」と確認されるそうで、この国には新しいものに挑戦したいというメンタリティが顕著なのだそうです。

オリンピックのおかげもありますが、中国の勢いには圧倒されますね。

コメントを表示する(1)
コメントする

ドイツのハッカーがフランス国立図書館を1棟丸ごとデジタルサイネージ化

2008-10-23 :, , , , , , : DSI : 1,597 views

パリのフランス国立図書館(Bibliothèque nationale de France)の壁面をドイツのハッカー集団 CCC がデジタルサイネージ化したプロジェクトがあります。2002年にアートプロジェクトとして行われました。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=2pjPapxUrx0]

元々はハッカーたちのユーモアがきっかけで、ベルリン市内のビルの窓を巨大なモニター画面に変えてしまった Blinkenlights というプロジェクト(2001年)が始まりです。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=VYEBB-0CSiw]

その後ミュージックビデオにフィーチャーされるなどアートシーンにも多大な影響を与えたこのプロジェクトは、メディア・アーキテクチャーと呼ばれる一連の建築物や、メディア・ファサードと呼ばれるアート作品へと受け継がれて行きます。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=vWL1QOXAcgM]

そして2008年10月にはカナダのトロント市で行われたオールナイト・アートイベント Nuit Blanche Tronto への招待を受け、市庁舎のツインタワーを使った Blinkenlights Stereoscope が実現しています。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=jTZosieGhIQ&ap=%2526fmt%3D18]

デジタルサイネージが普及するつれて、一昔前にはビデオアートと呼ばれていたようなものが日常の空間に次々と出現している現実を考えれば、現時点ではアート作品と呼ばれているこれらのメディア・アーキテクチャーも数年先には広告や看板のように一般的な存在になっているのかも知れません。

デジタルメディアによって都市の空間にアプローチを試みるメディア・ファサードについては、またあらためて取り上げたいと思います。

コメント(0)
コメントする