「ソフトウェア」アーカイブ(デジタルサイネージ総研ブログ)


米配信ソフト大手の Stratacache が SaaS 型に転向

2008-12-01 :, , , , , , : DSI :

米デジタルサイネージソフトウェア大手の Stratacache 社は、同社の配信ソフトウェア ActiVia for Media を2009年1月1日から SaaS(Service as a Service)型で提供します。
ソフトウェアをインストールすることなく、サーバー側に用意されたソフトウェアを月額料金で利用する SaaS 型のデジタルサイネージソフトウェアは近年増えており、以前にもご紹介したように様々なメリットがあると言われています。
Stratacache 社では来年3月まで乗り換えキャンペーンを展開しますが、すでに大手ネットワークに導入されている non-SaaS 型の提供も引き続き行うということです。

ActiVia for Media
Stratacache is the latest digital-signage technology supplier to turn to the software-as-a-service (SaaS) model.
From 1 January it will offer its ActiVia for Media system as SaaS, with users paying a monthly fee per connected media player. A special deal will be offered during the first quarter for users switching from other digital-signage technologies.
Stratacache to launch SaaS version of ActiVia より、一部引用)

コメントする

パナソニックがデジタルサイネージを外部システムと簡単に接続できるソフトを発売

2008-11-20 :, , , : DSI :

デジタルサイネージ・ソフトウェア NMstage を提供するパナソニックから、RSS や外部データベースからの取り込み、ファイルの定期自動更新などに対応するアドインソフトウェア「NMデータゲートウェイソフトウェア」が発売されました(NMstage NMデータゲートウェイソフトウェアを発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic)。
これまでは案件毎に個別に作り込んでいた機能が、ソフトウェアパッケージとして簡単に導入できるようになったということでしょうか。タイムリーな情報提供が容易になりますね。コスト管理がシビアなデジタルサイネージの運用面で求められる基本的な機能がまとめられているので需要がありそうです。

「NMデータゲートウェイソフトウェア」では、専用操作端末を介さずプレーヤ端末に制御コマンドを発行できる“イベントドリブン機能”を備えており、表示装置に対する割り込み表示/解除や電源オン/オフ、入力切替といった制御コマンドを、専用操作端末以外からも発行することができる。これより、固定IPアドレスを持たない表示装置に対し、外部システムから緊急時の連携割り込み表示を実行することができる。また、外部WebサイトのRSS文字情報をHTMLコンテンツ/テロップに置換して表示でき、RSS文字情報にしたがってHTMLコンテンツ/テロップの情報を自動更新できるため、RSS形式のニュースや天気予報といった情報をそのまま自動表示/更新することができる。
“コンテンツ自動更新機能”により、外部システムの指定データファイルを一定周期で参照し、更新があれば自動で表示装置側の表示ファイルを差し替え、更新表示することができる。更新にあたり専用操作端末や専任の運用担当者などは不要で、運用担当者の負荷を軽減することができる。また、“データベース連携機能”により、外部DB情報を取り込み、データの更新とともにリアルタイムで表示コンテンツを自動更新でき、店舗の売上データ情報をもとに、商品の売れ筋ランキングを自動更新表示するといったことが可能となる。
パナソニック、電子看板と外部システムを接続できるソフトを発売/キーマンズネット より、一部引用)

コメントする

Zoom Digital がアジア向けに視聴者測定ソリューションを提供

2008-11-20 :, , , , , , , , , : DSI :

米デジタルサイネージソリューション大手の EnQii 社は、アジア地域の顧客向けに Zoom Digital 社の視聴者測定ソリューションを提供します。
顔認識技術と位置計測技術を組み合わせたもので、視聴率、視聴時間、移動経路などの測定ができるようです。
また、OVAB の視聴率基準にも準拠しているそうです。


EnQii LogoZoom Digital Logo
Zoom Digital is to provide metrics and analysis services for users of the EnQii digital-signage platform across Asia.
EnQii enlists Zoom for Asian metrics より、一部引用)

コメントする

デジタルサイネージソフトウェアの選び方:The Screen Forum イベントレポート

2008-11-19 :, , , , : DSI :

イギリスの The Screen Forum の定例イベントのレポートをご紹介します。テーマは『デジタルサイネージソフトウェアの選び方』です。
デジタルサイネージのソフトウェアは SaaS型と Enterprise(非 SaaS)型に大別されますが、どちらの場合も長期のスケーラビリティがカギになると考えられるため、ポイントは拡張性とカスタマイズ性だろうという結論です。
ソフトウェア選びの具体的なチェックポイントは以下の2点になります。

  1. プログラムの拡張が可能な API を備えているか
  2. プログラムのカスタマイズをやってくれる業者を紹介してくれるか

So, the key decision making criteria in selecting digital signage software ? From what we can see they are probably –
(A) check your supplier’s list of API’s to make sure the add-on ability is there,
(B) make sure they can recommend someone to work with in developing around them.
Selecting Software For Digital Signage – The Screen Forum Event Review より、一部引用)

コメントする

米Helius から Mac ベースのデジタルサイネージシステム登場

2008-11-14 :, , , , , , : DSI :

以前から、アップルがデジタルサイネージに参入するのではないかという噂がありますね。その理由は主に、Apple TV を使えばすぐにでもデジタルサイネージのフルサービスが可能なのではないか?というもので、Apple TV は価格も¥36,800 と手頃なことから現実的な話と言えるかも知れません。
Helius 社が発売した新しいシステムは Mac ベースのメディアプレイヤーを使用します。Apple TV ではなく Mac Mini ベースですが、市販されたものとしてはおそらく初めての Mac ベース製品ではないでしょうか。
Helius 社 はソフトウェア会社で PowerPoint を使ってデジタルサイネージのコンテンツを制作しマルチネットワーク配信ができるソフトウェア MediaAuthor を発売しています。今回はこの MediaAuthorソフトウェアのバージョンアップと共に Mac Mini ベースのシステムが発売されました。

MediaAuthor
The company has also released the complementary SST-Mi Media Player system, which runs on an Apple Mac Mini computer and sells for just $1500.
Helius soups up software, adds Mac-based player より、一部引用)

コメントする

月額 $10 未満の顔認識ソフトウェア:米 TruMedia がリリース

2008-11-09 :, , , , , , , : DSI :

デジタルサイネージ用の顔認識ソフトウェアに、月々 $9.95 という格安のソリューションが登場しました。
この分野の最大手である TruMedia 社は、定評のある iCapture システムの廉価版として iTRI をリリース。PC に一般の USB カメラを接続したもので動作するようになっており、視聴者の年齢・性別を判別するだけでなくメディアプレイヤーへのフィードバックによりコンテンツを切り替えることが可能となっています(同社では「プロアクティブ」広告と呼んでいる)。
解析の精度は多少落ちるようですが、この価格はなかなか魅力的なのではないでしょうか?

TruMedia Technologies, the provider of audience measurement solutions for the digital signage industry, has released a new ‘budget’ measurement product to stimulate demand.
TruMedia Release Budget Version Of Audience Measurement Tool より、一部引用)

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=HdDB_HzJAKg]
以前の記事に書きましたが、すでに渋谷の大型ビジョンでも TruMedia 社の顔認識技術を使って視聴者属性の分析が開始されています

コメントする

デジタルサイネージのオンラインマーケットプレイス:SeeSaw Networks

2008-10-31 :, , , , , , , , , : DSI :

SeeSaw Networks は、40のデジタルサイネージ・ネットワークをアグリゲートし、週あたり 5,000万インプレッションを誇る巨大な OOH メディアを構築するだけでなく、広告メディアの比較から広告枠の購入、リアルタイムでの効果測定までを一貫してオンライン提供しています。
広告主や広告代理店は、これらのツールを自由に使って、求めるターゲット層にリーチできる広告キャンペーンを計画し、すぐさま実行に移すことが可能です。全国規模からローカル広告までスケールも自在です。
カテゴリーは、バー&レストラン、書店、ホテル&カジノ、コーヒーショップ、コンビニ、医院、空港、ガソリンスタンド、食料雑貨店、ヘルスクラブ、ショッピングモール、スポーツバー、大学など 30以上に及び、これらのカテゴリーを横断してライフパターン・マーケティングと呼ばれる新しい広告手法を実践することもできるようになっています。
アメリカにはデジタルサイネージのネットワークが数百も存在すると言われており、これらのネットワークを個別に組み合わせて広告戦略を展開するのは非常に大変ですが、SeeSaw Networks ではそうした複雑な作業を簡単にこなせるような枠組みを提供しているわけです。
SeeSaw Networks では最近新たに4つのスポーツ系ネットワークを加え、月間 6,000万インプレッションを追加しましたが、今後もまだまだ拡大しそうな勢いです。
自らメディアを持つ以外にも、こうしたネットワーク・アグゲーションも有望なビジネスモデルになりそうですね。

With the addition of OnSite Network, ONTrack, The Bar Network and a national sports event network, SeeSaw has extended its network of places where people go to deliver nearly 60 million impressions a month to sports fans at bars, restaurants, sports bars, casinos, horse racing tracks, health clubs, college campuses or at large sporting events.
SeeSaw Reaches Sports Fans With Four New Networks : SeeSaw Networks より、一部引用)

コメントする

サーフェス・コンピューティングとデジタルサイネージ

2008-08-27 :, , , , , , , , , , , : DSI :

マイクロソフトが提唱する新技術 サーフェス ですが、近い将来にはこうしたテクノロジーがデジタルサイネージにも使われるのではないでしょうか。
こちらのデモビデオでは、店頭で顧客が商品をカスタマイズして注文したり、無数のワインの中から好みのワインを選んで注文するための、非常に洗練されたインストア・アプリケーションが登場します。
マウスやキーボードではなく手で直接操作できるだけでも体験の質が大きく変わりそうです。映画『マイノリティ・リポート』 の世界に一歩近づきますね。
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=Zxk_WywMTzc]

コメントする

SaaS 型デジタルサイネージ・ソフトウェアのメリット

2008-08-14 :, , , , , , : DSI :

SaaS(Software as a Service)という言葉をご存知だと思います。パッケージソフトウェアを買って自社のコンピューターにインストールするのではなく、ベンダー側のサーバーにあるソフトウェアをネットワーク越しに利用するような形態のものを指します。
日本国内ではほとんどありませんが、欧米ではこの SaaS 型のデジタルサイネージ・ソフトウェアが徐々に増えているようです。日経マイクロデバイス誌の8月号(p.58)にも書きましたが、この方式にはサーバー設置費用やサーバー管理者を社内におかなくてよいなどのメリットがあります。またデジタルサイネージネットワークの拡大に伴い、運用や制作の一部を外部に委託するようなケースが増えれば、ウェブ上のどこからでもアクセスして管理できるというメリットがさらに大きくなる可能性もあります。
米国で SaaS 型のデジタルサイネージ・ソフトウェアを提供する BroadSign 社 によると、SaaS 型には以下のようなメリットがあるそうです。

  • ネットワーク運用側で追加のインフラ投資が不要(ソフトウェア提供側が受け持つ)
  • サーバー、コンテンツ配信、データベースなどの管理に必要なハードウェアや人的リソース、帯域を節約できる
  • ソフトウェアのインストールやアップデートなどに要する費用と時間をかなり節約できる
  • ネットワークの技術面の心配から解放され、本来のビジネスに集中できる
  • ソフトウェアは随時更新されるため、常に最新の技術が自動的に適用される
  • ソフトウェア・ライセンス料にかかる高額の先行投資が、安価な月額費用に分割される

Let’s see how a SaaS solution can resolve the typical challenges of digital signage networks:

  • Networks don’t have to invest in additional IT infrastructure; the software company has already done that for them.
  • Networks do not need to manage a server, content distribution, or a database, which incur high hardware, personnel and bandwidth costs.
  • The Software as a Service approach significantly reduces deployment costs, maintenance overhead and time to market.
  • Operators can focus on their core business and not worry about technical aspects of a network.
  • Networks are always using the latest technology and business methods, as software upgrades are included in the contract at no extra charge.
  • The SaaS model breaks up the upfront software licensing cost into low monthly fees.

Technology News: SaaS: Riding the Digital Signage Wave the SaaS Way より、一部引用)

コメントする

世界初、無料のデジタルサイネージ・ソフトウェア:そのビジネスモデルとは

2008-08-13 :, , , , , , , : DSI :

オーストラリアから、ついに無料のデジタルサイネージ・ソフトウェアがリリースされました。世界初だそうですが、石油メジャーのひとつである英 BP Oil p.l.c. も採用を決めたそうです。
そこで気になるのは、やはりビジネスモデルですね。
開発元の Digital Recall 社 では、広告制作も格安で請け負っているほか、様々な有料オプションを設けています。例えば、デフォルトでは Digital Recall 社 の広告が挿入されますが、これを消すには $30、ウェブページを読み込んで表示させる機能を追加するには $60、.mov, .swf, .avi に加えて .mpg, .wmv, .divx などのフォーマットの動画も再生させたい場合は $30 といった具合です。インターネット上のフリーウェアやシェアウェアなどによくあるやり方ですが、必要な機能にだけお金を払えばいいという点はユーザーにとっても嬉しいでしょう。
Digital Recall 社 のモットーは “We make it easy!(もっと簡単に!)” であり、デジタルサイネージは顧客にメッセージを伝えるのに効果的な手段なのだから、大企業のみならずあらゆる企業が使えるようにするべきだとの考えから、その障害となっているコストと複雑さ(Cost & Complexity)を取り除こうとしています。
ちょっとした発想の転換ですが、非常に面白いアプローチだと思います。日本のソフトウェア開発会社にとっても参考になるのではないでしょうか。

In addition to their many users around the world, BP Oil Plc is now a user of Digital Recalls Free Digital Signage Software.
Digital Recall is a world-first provider of free digital signage software for the centralised online control (over LAN or Internet) of a network of one or more monitors at one or more locations.
Simply download the software from their website www.digitalrecall.com.au. Complete User manuals are provided, and users can use their own equipment and their existing internet service.
BP Oil Plc Uses Digital Recall – Worlds First Free Digital Signage Software より、一部引用)

コメントする