ポータブルTVなどの液晶パネルを高効率で製造する新技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガラス基板の代わりにプラスチックフィルム・ロール素材の貼り合わせで液晶パネルを製造する技術を独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が開発したそうです。
これってすごい技術ですよね。もちろん世界初だそうです。最近は韓国・台湾メーカーの追い上げが激しく特許の出願件数でも日本が負けていると聞きますし、液晶分野での有望な新技術として期待したいです。

NEDO の新技術
新たに世界初の技術として実現したのは、厚さ0.1mm/幅300mmのカラーフィルタと厚さ0.25mmのTFT基板を貼り合せて、3.5型カラーTFT液晶パネルを連続作成する工程。シール材描画→液晶滴下→貼り合わせまでの過程で、ガラス基板に比べ熱やテンションに弱いプラスチック材でも高精度での位置合わせを可能にした。
この製造技術を実用化することで、工程数は現在の25から9へ、投入から貼り合わせまでの総時間は150分から90分(将来的には20分)へ、設備数は17から3へそれぞれ削減可能と予測。組み立てコストと、加工エネルギーを大幅に抑えられる
ポータブルTVなどの液晶パネルを高効率で製造する技術 より、一部引用)

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. (Govenment oganization)ファン数(2013年度、2014年度合算値) : 498人 (うち 男性 : 約406人 女性 : 約92人 ※)「佐賀県職員採用」ライバルモンブラン数 : いいね!

コメントを残す

*

CAPTCHA