C-narioのマルチメディアシステムによるイスラエル古代都市の復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルサイネージのソフト会社C-narioは、博物館や博覧会のメディアプロジェクトを手掛けるイスラエルのDisk-In Pro との300万ドルプロジェクトを完了しました。これは、イスラエル北部の都市ベイト・シェアン(Beit Sh’an)の古代遺跡に、マルチセンサーメディアシステムを設置するというものです。ベイト・シェアンは、紀元後749年の大地震により破壊された古代ローマ都市スキソポリスの遺跡に、毎年40万人前後が訪れる観光都市です。
観光客は今後、ローマ時代の人々の姿や当時の風物が声、映像音声とともに遺跡に映し出され、当時の情景や日常を再現するのを観ることができます。
このマルチメディアプログラムはC-nario社のEntertainerによるもので、プロジェクター、スピーカなど遺跡上の全てのメディアソースを統括して制御しています。
サイネージというと商業的なものをついイメージしがちで、このプロジェクトも集客目的に他ならないのですが、スケールは壮大で文化的意義も大きく、国境を越えてサイネージが人々に感動や影響を与えることができるという意味で、これからのサイネージが担う役割の大きさを感じる案件ですね。デジタルサイネージは博物学で言うところのWunderkammer(驚異の部屋)に繋がる技術かもしれませんね。

(C-nario Entertainer Brings Ancient City Alive から一部引用)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA