これから繋がるWEB企業インタビュー:株式会社サイバーエージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はアメーバピグやAmebaなうといった新サービスを矢継ぎ早にリリースされているサイバーエージェントの新規開発局 デベロップメントグループの渡辺さんと浦野さんにお話を聞いてみました。国内ネット系ベンチャーのトップ企業として数々のサービスやメディアを開発してきたサイバーエージェントさんはデジタルサイネージをどのように考えているのでしょうか?
DSI 簡単に新規開発局が取り組んでいるお仕事を教えてください。
渡辺さん:弊社のアメーバ事業にコミットしているのが新規開発局になります。自社メディアに関しては基本的に社内で開発するスタンスで取り組んでいます。代表的な取り組みとしてはアメーバピグがあります。最近はtwitter的なサービスといわれる(笑)Amebaなうをリリースしました。
DSI 最近の開発はどんなことに力を入れていますか?
渡辺さん;はい。モバイルへの対応ですね。現在はピグに関して進めており、その中でゲームの開発にも取り組んでいます。PCのサービスを順次使えるようにしています。Amebaなうに関してもまずはモバイルから先行してスタートしましたように、モバイルは大きなテーマですね。
浦野さん:今まではブログの広告がメインだったんですけど、ユーザー課金を盛り上げていこうということでピグやプーシュカのアイテム課金などに力を入れています。
DSI 課金型のモデルで一番うまくいっているのは何になりますでしょうか? どれぐらいの規模感がありますか?
今はピグですね。アバターが着せ替えをするバーチャルアイテムが比較的好調です。どこまで言っていいか今思い出しているのですが(笑)ユーザー数が2010年1月時点で200万人を突破しました。月額でPCピグとモバイルピグをあわせて1億円くらいの売り上げになっています。他の会社さんに比べるとまだまだなんですが。

株式会社サイバーエージェント 新規開発局 浦野さん 渡辺さん
DSI ピグに関してはいつぐらいから開発してどのくらいの期間がかかったんですか?
浦野さん:サービスの企画が立ち上がったのが2008年の7月ごろに「何かアバターサービスをやろう!」というのが弊社社長の藤田からあってスタートしました。そこからプロジェクトチームが作られてリリースしたのが2009年の2月になるので、開発期間は6ヶ月くらいになります。そこから今は新規サービスの開発や運用を続けています。
DSI 最初からサービスの全体像がはっきりしていたのでしょうか?
浦野さん:藤田からのオーダーは「Amebaで使えるアバターサービスを作ってくれ」ということで、今みたいにメタバース的に街中をあるくことは想定してませんでした。
DSI 開発で一番苦労したことは何ですか?
浦野さん:うちのAmebaユーザーさんはF1層が多くて、主婦の方などITリテラシーが高くない方もいるので、そういった人に受け入れてもらえるシンプルさなどを追求しました。一番大変だったのがアバターのテイストですね。似顔絵アバターというテーマがあって、似顔絵なんだけどみんなが適当に作ってもかわいくなるとか、「何か、似てるよね」と言ってもらえるテイストには気を使いました。
渡辺さん:テイストに関しては全サービスでチェックを厳しくしていて、1サービスだけテイストがかけ離れるといったことがないようにしています。どのサービスを見ても違和感のないようにつくっています。
DSI どういうテイストが求められているんですか?
渡辺さん:ブログとかが立ち上がった時期はそこまで意識がなかったんですが、先ほどもあったようにF1層の女性が多いので、女性受けするやさしいイメージや、かわいいイメージを大切にしています。
DSI ピグの開発の段階で「これはいけるな!」と思ったタイミングはありますか?
浦野さん:12月くらいですね。今までもプーぺガールのようにアバターのサービスはあったのですが、「動く」ということが一番の違いです。デザイン的にはアニメーションがあるので詰められなかった部分もあるんですが、実際にプログラミングとつながって実際のアニメーションになったときにめちゃめちゃかわいくて、これはいけるなと感じましたね。そのピグのかわいい世界観が認められて、今のユーザー数に反映しているんだと思います。
DSI 開発側が想定していないことなどはありますか?
渡辺さん:ユーザーがプログラミング上のバグを楽しんでいるというのはありますね。
浦野さん:昔のファミコン的な楽しみ方が出てきているんですけど、例えば、部屋を模様替えできるのですが、変な場所に家具を置くと、そのまま部屋を飛び出しちゃうといったものがあります。通称「セコム」とユーザーでは言われています(笑)、知らない人も部屋にくるので、知らない人を追い出すといった意味で使われています。その裏技を知っている人と知らない人の間で不平等が起こったりする場合はバグを修正するのですが、「これ面白いよね!」という時はそのままにしますね。こちらが用意したものだけでは限界があるので、ユーザーが自由に楽しんでもらえる余地を常に意識していますね。
DSI 今後の展開に関してはいかがでしょうか?
渡辺さん 先ほどもお伝えしたようにモバイルでの展開に力を入れていますが、ピグが他のサービスに登場したりといったことも進めています。なうやブログ上でもピグのアイコンが出るといった展開がありますね。
浦野さん 後は世界への展開ですね。Amebaは日本国内でのサービスですが、ピグに関しては海外の展開を準備しています。ピグの前にサンフランシスコにある支社で開発した「NinjaTrick(ニンジャトリック)」というオンラインゲームはアメリカで先行してリリースされていますし、「meromero park(メロメロパーク)」は台湾でも展開中です。
DSI 海外での展開も積極的に行うなど開発チームにプレッシャーはないですか?
渡辺さん 一般的なWebサービスと比べるとユーザーの反応が顕著に現れるので、それはうれしいですね。
浦野さん ピグの場合はチャットでリアルタイムに意見が言えるので、中には厳しい意見もあったり、本当に作っていただいてありがとうございますという言葉をもらったりできるのが面白いですね。
DSIサイバーエージェントさんの開発チームのカラーやスタイルを教えてください。
渡辺さん 開発のスタート時は、プロデューサーやディレクターやデザイナーでブレストをしていきます。チームで意識が共有できた上で、みんなが専門性を発揮して製作していくことになります。トップダウンの組織に比べると早いスピードで成果が出ていると思います。私達のチームの特徴としては「いいものを作っていこう」という気持ちを持った人が多いですね。またそうした気持ちがモチベーションに繋がっています。最終の着地がぶれなければ良いので、みんなが各自でブラッシュアップしたり、ちょっとぶれそうになったらチームのスタッフに相談をしたりといった形でトップダウンではない組織が特徴ですね。即戦力の中途採用のものが多かったので「新しいものをどんどん作っていこう!」という傾向があります。
浦野さん: 新規開発局で150名くらいの製作者がいるので、結構大きいほうだと思うんですが、組織的にはフラットで風通しも良いですね。社長とクリエイターが直に意見交換するといったこともありますね。
DSI 藤田さんのブログで事業プランコンテスト「じぎょつく」のお話のなかでデジタルサイネージというキーワードが出てきたりしていますが、御社がデジタルサイネージに関わる可能性についてはいかがでしょうか?
渡辺さん: 現在Amebaは芸能人のユーザーが多いので、ピグでも芸能人が登場したりといった形でリアルとの連携という事がちょっとづつ進んでいます。
浦野さん: 今はデジタルサイネージに関して具体的な事例はないですが、Amebaとしてはプラットフォームは選ばずに進めていくという目標があります。PCや携帯だけでなく、アクトビラなどにも対応しています。そうした方向性を持っていますので、エンジニア個人的に関心のあるものを作ったりしていますね。
DSI デジタルサイネージとWEBの技術は共有するのものが、多いので、開発力のある御社には是非参入してもらいたいところですね。特にAmebaは芸能人の方がユーザーに多いというのはひとつアドバンテージですよね。たとえばAmebaユーザーの芸能人がデジタルサイネージでランキングを紹介するといった形もありかもしれませんよね。
浦野さん: マイクロソフトのSurfaceのようなマルチタッチデバイスがもっと普及してきたら面白いですね。後はネット家電がデジタルサイネージに繋がってくる事もあるかもしれませんね。
DSI そうですね。最近、デジタルサイネージ業界ではデジタルフォトフレームの可能性が語られているんですね。御社のように非常にたくさんのユーザーを持つ企業が、ユーザーにデジタルフォトフレームを配布するといったことになると、新しいコミュニケーションが生まれてくるかもしれませんね。今日はありがとうございました。
簡単にまとめ
サーバーエージェントさんとデジタルサイネージ。正直、現在は全く結びつきはありません。ただ、ユーザーを沢山抱えるWEBサービスを持っている企業がデジタルサイネージに参入してくることになると、「ちょっと新しい展開が生まれるのでは!」とお話しながら感じました。特にサイバーエージェントさんは芸能人の方の利用なども多いので、Ameba meetsデジタルサイネージという展開があったら面白いかもしれませんね。エニグモさんがデジタルサイネージのサービスを始めているように、WEB系の事業者さんが今年どのようにデジタルサイネージに参入してくるのか、注目していきたいところですね。
おまけ
浦野さんと渡辺さんとはおばかアプリコンテストでお会いしたのですが、おばかアプリの活動がサイバーエージェントさんのリクルートサイトにも掲載されいて、やっぱりWEB系の会社さんが持つカジュアルな感じは素敵!って思ってしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. if one makes the plunge to eating regimen, It’s really not a whole lot fitter to your account, yet around it will help uou stay all the excess of white sugar.

  2. another option ought to be on the lookout themselves when utilizing the internet.

コメントを残す

*

CAPTCHA