「博多通りもん」の秀逸なサイネージ事例を初めて現場で見た

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本における今までのデジタルサイネージのクリエイティブの中でも、最も秀逸なものの一つとして挙げられるものが、2017年の明月堂の「博多通りもん」の福岡空港での事例である。あれから4年が経過しているのだが、今回はじめて現場でそれを現場で見る機会があったので、報告をさせていただこうと思う。

これは福岡空港の国内線ターミナルの、保安検査場入り口に設置されているLCD16面のマルチディスプレイの媒体で掲出される。この媒体は広告媒体なので様々な広告主の広告素材が掲出されている。下の動画では1面しか見えていないが、実際には中央のフライトインフォメーションを挟んで左右に同じものが設置されている。

細かいことだが、素材の前後に黒味が入っている。これは狙ったものなのか、システムのデジタルファイルの読み込み処理が甘いのかはわからない。わからないのだが、個人的には悪くないと感じた。次の素材への転換のメリハリをはっきり感じられるからである。以前はここを詰める技術がないシステム会社が「デジタル動画はこういうものです」と言い張っていものが多かったが、狙いで考えてもいいのではないかという気もした。

話がそれたが、博多通りもんは福岡土産の定番中の定番で、とても美味しいお菓子である。筆者も福岡にでかけたときはほぼ必ずと言っていいほど買っている。この商品の広告コミュニケーションを福岡空港という場所で行うというのは、非常に理にかなっている。ターミナルビル内や検査場の先の制限エリアの売店では、博多通りもんを買える店舗がたくさんある。そこで買い場の直前でワンプッシュというわけだ。そして言うまでもなく、このクリエイティブがこのロケーションに完璧にマッチしている。というよりもこの場所以外では成立しないくらいにマッチしている。この事例は、2017年のデジタルサイネージアワードのグランプリと、第56回福岡広告協会賞の銅賞を受賞している。

デジタルサイネージアワードのグランプリを受賞したときの資料映像を下に貼っておく。これはアワード審査のためのプレゼン用に制作されたものだ。今回感じたことは、実際に現場で見たものと印象がだいぶ違う。現場では音は何もないのだ。また現場で実際に見ると、この広大な空間に対して16面マルチは想像していたほどインパクトを感じない。また2017年なので仕方がないのだが、LCDマルチの「ベゼル」が気になる。

だからといってこの事例の価値が下がるわけでは全くなく、秀逸であることには変わりない。デジタルサイネージは現場が大事ということだけである。

デジタルサイネージ総研 江口 靖二

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA