フィラデルフィア

アメリカの最新事例は 1,000万ピクセルの巨大デジタルサイネージ:Comcast Center, Philadelphia

米フィラデルフィアにとんでもないデジタルサイネージが登場です。
先月初めフィラデルフィアのダウンタウンにグランドオープンした Comcast Center ビルのロビーには 25.38m x 7.74m の巨大 LED ビデオウォールが設置されています。4.6mm ピッチの LED モジュールを 6,771個パネリングしたもので、1,000万ピクセルの解像度(FullHD の約5倍)を誇ります。
この超巨大デジタルサイネージは、米国最大手のケーブルTV会社である Comcast と不動産大手の Liberty Property Trust が建設したスカイスクレイパーのロビーにあり、7層吹抜けになったガラスのアトリウムで一般市民に公開されています。
コンテンツはニューヨークの Niles Creative Group が手がけたもので、建築そのものと一体化して見えるようにつくり込まれているため、ほんとうにそこにモノが存在しているようなリアリティを幻出しています。
前置きはこれくらいにして、とにかくビデオをご覧ください。
[youtube:http://youtube.com/watch?v=BO6ty5RfnrA&ap=%2526fmt%3D18]
LED パネルが隅から隅まで隙間なく設置されているうえ、周囲の(リアルな)壁面を構成する木製パネルが画面上でも精密に再現されているため、本物と映像との見分けがつかなくなり、壁の手前にモノが表れたり、本当に人がいるかのように見えてしまいます。
コンテンツは人工知能を応用したシステムにより曜日や時間帯、ホールの利用内容などに応じて自動調整され、現実とイリュージョンの境界を行き来するような見事な体験を1日18時間にわたって市民や観光客に提供します。この Comcast Experience プログラムは、Comcast 社のメッセージを鮮明に焼き付けるだけでなく、ビルのオーナーにとっても建物の不動産価値を引き上げる意味があります。また、単なるデジタルサイネージとしてではなく、公共の空間にアーティスティックな焦点となるようなスペクタクルを提供する全く新しいメディアとして取り組んだ結果、このような素晴らしいものが生まれたそうです。
バックエンドを支えるのはグローバル企業である Barco 社の LED システムで、4,000:1 のコントラスト比を持つブラック LED が使われています。
ある情報によれば、このデジタルサイネージには 2,200万ドル(約 22.5 億円)もの費用がかかっているそうですが、フィラデルフィアの新たなエンターテインメントとして観光の目玉になることは間違いないでしょう。
ところで、アメリカのデジタルサイネージ EXPO は毎回注目すべき事例のある都市で開催されてきていますが、今年秋の開催地にフィラデルフィアが選ばれた背景はこれでしょう。ちなみに昨年のシカゴの時はハイアット・リージェンシーホテル、今年のラスベガスは数多くのカジノに導入されたデジタルサイネージの事例が理由だったものと思われます。
最後に Comcast Experience の写真をあと何枚か載せておきます。やっぱりアメリカはスゴいですね。
The Comcast Experience 1
The Comcast Experience 2
The Comcast Experience 3

フィラデルフィア EXPO「CONTENTS DAY」のセミナー詳細(取材依頼も受付中)

いま世界の流れはコンテンツに向かっています。
9月16〜18日まで開催されるフィラデルフィア EXPO(Digital Signage EXPO / East 2008)の初日は、コンテンツに関するセミナーだけに充てられています。
今回はそのセミナー内容の詳細をお伝えします。
なお、取材依頼も受け付けていますので、デジタルサイネージ総研に取材してきてほしいというご要望があれば7月20日までにご連絡ください(info@digitalsignage.co.jp まで)。
タイムテーブル:
08h – 09h|Continental Breakfast and Networking
09h – 10h|Live Response Session: Creating and Interpreting a Digital Signage Creative Brief
10h – 11h|Managing the Content Mayhem
11h – 12h|Stretching the Dollar: How to Keep Content Fresh on a Budget
12h – 13h|Lunch and Networking
13h – 14h|Managing the Content Development Process: Inception to Delivery
14h – 15h|Changing the Landscape of Content Development: A Hollywood Perspective
15h – 16h|Transcoding: Multi-channel Content Requirements
セミナー内容の詳細は以下の通りです(翻訳)。

09h – 10h:効果的なデジタルサイネージコンテンツの制作についてのパネルセッション
効果的なデジタルサイネージコンテンツのクリエイティブとはどんなものでしょうか?業界のトップクリエイティブが語ります。トップクリエイターたちによるライブプレゼンテーションで学ぶことができます。
10h – 11h:コンテンツ騒動を管理する
デジタルサイネージには大いに期待が持てるとはいえ、コンテンツ管理は複雑です。大規模コンテンツの管理について、知っておくべきこと、なすべきことをお話しします。
11h – 12h:節約術〜予算内でコンテンツをフレッシュに保つ方法
問題です:あなたはうまいコンテンツ戦略を考えなくてはなりません、が、予算はありません。さて、どうしますか?あなたのメディアの寿命を延ばすための、ダイナミックで創造的な方法を探ってみましょう。
13h – 14h:コンテンツ制作のプロセス〜配信開始まで
コンテンツのプロセス管理は困難なものです。Tips やテクニック、ツールなど、制作プロセスを単純化するためにすぐに使えるノウハウをお伝えします。
14h – 15h:コンテンツ制作革命〜ハリウッドの展望
コミュニケーション技術によって世界中のクリエイティブな才能や人材にアクセスすることが可能になりました。こうした「バーチャルな」制作コミュニティがハリウッドの様相をいかに変えつつあるか、そしてそのトレンドをデジタルサイネージの分野に活かす方法についてお話しします。
15h – 16h:変換技術〜マルチチャンネルコンテンツの要件
一度制作したコンテンツが放送、インターネット、モバイル、デジタルサイネージなどの様々な解像度できちんと再生されるようにするためには、動画変換とワークフローへの配慮が欠かせません。コンテンツ制作の効率を上げるためのコツと技術についてお話しします。
原文はこちら(Event Schedule)です。

デジタルサイネージ Expo / East 2008 in Philadelphia:テーマはコンテンツ

9月16〜18日まで、アメリカ東部のペンシルバニア州フィラデルフィアでデジタルサイネージ EXPO が開催されます。今回も早期割引があるようです(8月1日まで)。
前回のラスベガス EXPO から半年ですが、東部での開催ということで、Digital Signage Expo / East 2008 という名称になっています。それにしても、年2回開催とはすごい勢いです。昨年のシカゴ EXPO のときには想像もしませんでした。
今回は初日にセミナーだけの日が設けられています。その名もずばり「Contents Day」。5月のドイツ EXPO でも会場の中心にコンテンツセンターが配置されていましたが、今や話題の中心はテクノロジーからコンテンツへと移ってきています。
セミナー内容の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。
フィラデルフィア EXPO「CONTENTS DAY」のセミナー詳細(取材依頼も受付中)